ブログまたは Wiki を使用して情報を共有する

ブログや Wiki を使用すると、高度なツールや経験を必要とせずに、サイト上で簡単に情報を共有できます。ほとんどの場合、ブログや Wiki の更新は正式な文書や従来の Web サイトの更新より簡単です。

ブログの使用

ブログは、単独のユーザーまたはグループからの投稿 (日記のような形式の場合もあります) によって構成されます。投稿には日付が付けられていて、新しいものから順に並んでいます。ユーザーは、投稿に対するコメントを追加でき、関連するサイト、写真、ブログへのリンクを紹介することもできます。

ブログ投稿

ブログを使用すると、従業員、パートナー、または顧客の間で情報を簡単に共有できます。ユーザーは、難しいテーマに関する解説を追加したり、思いついた事柄やガイダンスを示したり、新しいガイドラインや手続きについて説明したりできます。

注: この記事は、架空の自転車、自転車部品、および自転車アクセサリ メーカーである飛騨物産株式会社が作成した SharePoint サイトの例です。

たとえば、飛騨物産株式会社のマーケティング チームでは、ブログを使用して、戦略的なアイデアの公表とそのフィードバックの収集や従業員の業績の把握を行っています。

ブログの読者にコメントの投稿を求めることによって、特定のテーマについて読者がどのような意見を持っているかを知ることもできます。

ブログは、ActiveX コントロールをサポートする Windows Internet Explorer などの Web ブラウザで利用できる簡単な書式設定ツールを使用して、Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイト上に作成できます。また、Microsoft Office Word 2007 のような一般的な作成ツールを使用することもできます。

ブログの読者は RSS フィードを購読することによって、新しい投稿やコメントについて最新の情報を入手できます。

Wiki の使用

Wiki は、チーム内の情報収集、イベントの計画、プロジェクトに関する共同作業などを行うことができる Web サイトです。ユーザーは、新しいコンテンツの追加または既存のコンテンツの編集を簡単に実行できます。

Wiki

1. 既存のページへのリンク

2. 後で作成できるページへのリンク

ユーザーに必要なものは Web ブラウザと Wiki サイトに対する権限のみで、特別なツールやサイト作成に関する知識は不要です。既存のページにすばやく追加でき、新しいページへのリンクを簡単に作成できます。

Wiki 内のリンクは、リンク先のページを実際に作成する前でも作成できます。たとえば、チーム メンバーの 1 人が、ある主題について関連情報を追加する必要があると考えたものの、その時点では新しいページを作成する時間が取れないとします。この場合、実際のページへのリンクに後で変更できるリンクを作成し、リンクに従ってコンテンツを追加し、ページを作成できます。

Wiki ページではバージョンも使用でき、コンテンツがどのように変更されたかを表すバージョン履歴が作成されます。コンテンツを変更したユーザーと変更日時を確認できるだけでなく、誤りがある場合は前のバージョンに戻すこともできます。

ブログと Wiki の相違点

ブログと Wiki は、高度なツールと特別な知識を必要とせず、チームでの共同作業に役立つツールですが、チームでの使用方法が異なります。

ブログ    一般的に、ブログの投稿は情報や解説を提供する特定のユーザーのグループによって記述されます。管理者や技術の専門家、または独自の視点や文章スタイルを持つ人物が執筆します。

一部のブログでは、ブロガーと呼ばれる、ブログを記述するユーザーが大きな役割を果たしています。たとえば、ブログの投稿を使用して、管理者がポリシー変更の理由を説明したり、チーム メンバーが特定のプロジェクトでの経験を語ったり、技術者がベスト プラクティスや製品の機能を自分の言葉で紹介したりできます。

ブログの投稿とコメントは、新しいものから順に表示されます。ユーザーは、日記を読むように投稿をスクロールできます。

Wiki    チームでは、通常、取りまとめのプロセスとして Wiki を作成します。あるメンバーがページを作成した後で、チームの他のメンバーがコンテンツを追加したり、コンテンツを編集したり、参考になるリンクを追加したりします。作成者のコミュニティによって、コンテンツの正確さと関連性が保たれます。

ユーザーが情報を追加および修正することで、Wiki は更新され続けます。バージョン履歴が作成され、履歴は時系列順に並べられますが、Wiki の既定の表示ではバージョンは履歴形式で表示されません。

チームで Wiki を使用して、情報を取りまとめたり、チーム プロジェクト、出版、会議などの計画を円滑に進めたりできます。

たとえば、飛騨物産株式会社のマーケティング チームは、Wiki を使用して、新入社員のスタッフ メンバーがすぐに職場に慣れることができるように支援しています。チーム メンバーは、補足できるリソースに気付いた場合や、追加のアドバイスがある場合に、リンクや情報を追加します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×