ブログの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ブログは個人または組織がアイデアや情報をすばやく共有できる Web サイトです。ブログでは、投稿が逆発生順、つまり日付の新しい順に表示されます。閲覧者は表示されている投稿についてコメントを書き込んだり、興味のあるサイト、写真、関連するブログへのリンクを追加したりできます。

概要

組織は製品、技術、およびプロセスについてのアイデヤや情報を投稿としてブログに発行することにより、その情報を共有することができます。

ブログ

ブログには一般的に、作成者または作成者グループがおり、コンテンツを定期的に書き込みます。作成者は「ブロガ」とも呼ばれ、個人的、主観的な立場で書き込み、ユニークな視点を提供します。

ブログの閲覧者は、自分のアイデアを投稿したり、投稿に対するコメントを書き込んでフィードバックを送信したりできます。

ブログがさまざまなコメントから個人的な日記に至るまで、目的のインターネット上で使用されているが、企業やその他の組織の関数を使用して、いくつかもそのします。ブログを使用できることをいくつかの方法を紹介します。

  • 従業員および顧客とコミュニケーションをとる    組織は決定事項、方針、およびアイデアについて、従業員や顧客と手軽にコミュニケーションをとることができます。閲覧者にブログの投稿に対するコメントを書き込んでもらうことにより、共同体としての意識を高め、関心事の可能性を評価できます。

  • 考察および視点を共有する    ブログを利用して、ある話題について興味深い視点を持つ人が、それを自身の言葉で論じることができます。たとえば、障害を克服する上での苦労と成功、あるいはユニークなプロジェクトを進める際の経験を共有することができます。

  • 複雑な概念を洞察する    組織によっては、ブログが複雑な概念をより積極的に討論するためのフォーラムとなる場合があります。ブログの投稿で複雑な方針または技術の利益を説明し、有効な例を含めることができます。

  • ニュースおよび視点を中継する    ブログは断片的なニュースや観点を共有するためのフォーラムを提供します。ブログの投稿は簡単に発行でき、一般的に非公式の立場をとるため、多様なニーズを満たし発行サイクルが長い従来の企業 Web サイトほど制約がありません。

  • ビジョンおよびアイデアを共有する    ブログを利用して、目標および将来についての考えを共有し、それに対するコメントを閲覧者に書き込んでもらうことができます。また、組織のリーダーが従業員と手軽に、積極的にコミュニケーションをとるためのフォーラムとして、ブログを活用することもできます。

ブログを作成する場合、コンテンツの作成および閲覧者との対話に役立つように、次のリスト、ライブラリ、および機能を含めます。

投稿   表示して、すべての投稿を管理するには、 [投稿] リストを使用します。投稿、不可欠ブログの読者日付のエントリをやり取りする場所です。[投稿] リストが投稿が公開されますが、ブログのリストを管理する権限がある場合は、その設定を変更する前に承認を必須に設定します。

コメント    コメントをとおして、ブログの投稿に対する閲覧者からのフィードバックを受け取ります。各投稿を表示して閲覧者のコメントを見るか、既定の [コメント] リストを表示してブログ内のすべてのコメントを見ることができます。

カテゴリ   カテゴリを使用すると、リーダーは、最も興味のある投稿を簡単に検索できるように、投稿を整理します。

[その他のブログ] リスト    類似の話題のブログ、友人が作成したブログ、またはそのブログを参照しているブログなど、他のブログへのリンクを格納するには、このリストを使用します。

リンク    関連している Web サイトやバックグラウンド情報など、他の種類のリンクを格納するには、[リンク] リストを使用します。[リンク] リストには [写真] ライブラリやブログ アーカイブへのリンクが既定で含まれています。

写真    [写真] リストは、興味のある写真、およびそれらの写真へのリンクを格納しておくことができる画像ライブラリです。

固定リンク    固定リンクはブログ上の特定の投稿の Web アドレスであり、投稿がアーカイブされている場合でも、固定リンクを使用すれば URL によって投稿に常にアクセスできます。以前のブログの投稿を参照したいとき、または他の作成者の投稿を参照したいときは、その固定リンクを使用してください。

投稿のアーカイブ    投稿は月または日ごとにアーカイブされるため、日付に基づいて投稿を参照することができます。ブログには 2 つの既定の予定表ビューがあります。1 つのビューでは、投稿が標準のリスト ビューで表示され、もう 1 つのビューでは投稿が予定表ビューで表示されます。

RSS フィード    作成者または閲覧者は、RSS フィードを購読することで、ブログを更新することができます。RSS テクノロジは、コンテンツ作成者が情報を標準化された形式で配布および取得できる便利な方法を実現します。

ブログの投稿は簡単に作成することができ、追加のツールは必要ありません。Windows SharePoint Services のブログには、書式設定 (太字やフォントの色など) の適用、ハイパーリンクや画像の挿入、表の作成などの操作を行うための書式設定ツールがあります。これはワード プロセッサの書式設定ツールと類似しています。

使い慣れたツールまたはプログラムで投稿を作成したい場合は、Windows SharePoint Services と互換性のあるブログ作成ツールまたはプログラムを使用することもできます。Microsoft Office Word 2007 など、互換性のあるブログ作成ツールおよびプログラムがコンピュータにインストールされていれば、ブログにはそれらを起動するコマンドが含まれています。

組織によっては、機密情報の発行に関してポリシーを定めている場合があります。したがって、ブログを作成する前に、ブログまたはその他のメディア ソースからの情報の公開に関するポリシーが組織にあるかどうかを確認することをお勧めします。

注: Web ブラウザーで ActiveX コントロールがサポートされていない場合、書式設定ツールバーが使用できないことがあります。 ただし、基本的な HTML のタグを使用して、ブログの投稿内のテキストを書式設定できます。 拡張されたテキスト フィールド内のテキストの書式設定の詳細については、「参照」セクションのリンク先を参照してください。

閲覧者がサイトに興味を持ち続け、サイトを購読したりサイトに戻ったりするように、コンテンツを頻繁に書き込むことが必要です。コメントに返答することで閲覧者の関心を引き付けることもできます。組織外からサイトにアクセスできる場合は、コメントを定期的にチェックして、閲覧者が感情を害するような不適切なコメントがないか確認します。

ブログには、その他のリソースへのリンクが機能して、ブログには、その他の情報がも関連するかどうかを確認するには、定期的に確認することも必要があります。カテゴリは、コンテンツに適用して、カテゴリを使用しない場合は削除を確認することがあります。

また、サイトやリストのアクセス許可などの設定を確認し、ブログへのアクセスが適切に行われるようにします。不適切なコメントを連続して投稿する閲覧者に対しては、アクセス許可を編集して、[コメント] リストに投稿できないようにします。

サイトでは、RSS テクノロジをサポートする場合して、リーダーできます更新を取得するなど、新しい投稿をブログに変更を RSS フィードを購読することによりします。ブログをサブスクライブして、閲覧者がかを確認して、新しいコンテンツが投稿されたかどうかは、ブログする必要はありません。代わりに、読者には、ブログの投稿や新しいコメントへの変更などの追加、変更のブログのコンテンツを定期的な更新プログラムが表示されます。

RSS リーダー、フィード リーダー、フィード集約ソフトなどと呼ばれるプログラムは、定期的に RSS 対象サイトを確認し、更新されたコンテンツを取得することができます。

ブログがある、 RSS フィードボタン ボタン イメージ 更新を参照し、[RSS ビューアーでそれらを購読するときにクリックするか、読者があります。

RSS フィードを表示および購読するには、サイトまたはサイト コレクションで RSS テクノロジの使用が有効になっていなければなりません。帯域幅の制約またはその他の理由により、組織で RSS フィードが制限されたり無効にされたりしていることがあります。詳細については、管理者またはサイト所有者に問い合わせてください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×