ブレーンストーミング会議によって創造力をかき立てる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

シンプルかつ確立されたブレーンストーミング手法を利用して、チームでブレーンストーミング セッションを実施できます。この資料では、ブレーンストーミングを開始するに当たっての概要を簡単に説明します。

このトピックの内容

ブレーンストーミングの 3 つの方法

生産性のセッションに関するガイドライン

ブレーンストーミングの 3 つのアプローチ

チームの目標と性格はチームごとに異なります。たとえば、販売部で対外的な業務に携わるチームにとっては有効なアイデアでも、技術専門家のグループでそのアイデアが生かせるとは限りません。ここに示す最も一般的な 3 つの方法は、どれも特定のチームの種類や状況に活用できます。

自由奔放型ブレーンストーミング    この方法では、共同作業を行うようなブレーンストーミング環境を作り、グループのメンバ間に自由な関係を築きます。グループのメンバは自発的にアイデアを提示し、記録者は提示されるアイデアを 1 つずつ記録していきます。

ラウンドロビン型ブレーンストーミング    発言の機会がメンバ全員に与えられるよう順番を決めてブレーンストーミング セッションを行う場合は、この方法を使用します。メンバは順番に 1 つずつアイデアを提示します。セッションは、最低、メンバ全員が発言できるまで続けます。グループのリーダーまたは記録者は、各メンバのアイデアを記録します。

スリップ型ブレーンストーミング    各自がアイデアを秘密にする場合や、同時に複数の主題についてブレーンストーミングを行う場合は、この方法を使用します。アイデアをメンバの前で発言するのではなく、メモに記録します。アイデアは、回収および整理されてグループに提示されます。

ページの先頭へ

生産的なセッションを実施するためのガイドライン

  1. ブレーンストーミング セッションには、できるだけ多種多様なグループが参加するようにします。さまざまなグループが存在することで、創造性に富む幅広いアイデアが得られます。

  2. リーダーと記録者を選任します (同じ人物が兼任してもかまいません)。リーダーは、セッションに適した環境を作る必要がありますが、管理しすぎないことが大切です。

  3. ブレーンストーミングで取り上げる問題またはアイデアを定義します。問題またはアイデアを簡潔に書き出し、全員が理解できるようにします。

  4. チームのメンバは次のことを念頭に置きます。

    • プロジェクトの目標

    • プロジェクトに影響する要因

    • 使用可能なリソース

    • 制約事項

  5. セッションのルールを決めます。次のことを目標にします。

    • メンバが楽しみながら、できるだけ多くのアイデアを提示できる雰囲気を作る。

    • メンバ全員に発言の機会を与える。

    • リーダーに監督権を与える。

    • 重複した提案でない限りすべての提案を記録する。

    • 他の参加者のアイデアを批判または評価しない。

    • 制限時間を設ける。

  6. ブレーンストーミングを始めます。この段階では次のことを実施します。

    • リーダーは、アイデアを共有するグループのメンバを選ぶ。

    • すべての提案を全員が確認できるように書き出す。

    • ブレーンストーミングが終了するまでアイデアの評価や批判は行わない。

    • メンバに考える時間を与える (人が沈黙しているときは、アイデアを浮かべたり温めているはずです)。

    • アイデアの提示中または提示後に図を作成する。

  7. ブレーンストーミングが終了したら、結果に目を通してアイデアを評価します。適切なアイデアを次のように導きます。

    • 類似したアイデア、重複したアイデアを探して除外する。

    • 同様のコンセプトをグループにまとめる。

    • 残りのアイデアをまとめて検討する。

    • 意味のある階層構造で図を作成し、アイデアが図に適合するかどうかを判断する。

    • 適合しないアイデアを除外する。

  8. ブレーンストーミング セッションの結果を実行に移します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×