ブラウザ互換フォーム テンプレートの InfoPath 専用ビューを作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

InfoPath 専用ビューの概要

使用するシナリオ

手順 1: ブラウザー互換フォーム テンプレートに、InfoPath 専用ビューを追加します。

手順 2: ブラウザー対応フォーム テンプレートを Web ブラウザーで開いたときに、ブラウザー専用ビューを表示します。

手順 3: ブラウザー対応フォーム テンプレートを InfoPath で開いたときに、InfoPath 専用ビューを表示します。

InfoPath 専用ビューの概要

2 種類のユーザーに対応する 1 つのフォーム テンプレートをデザインできます: Microsoft Office InfoPath がインストールされているユーザーといない人。この種類のフォーム テンプレートでは、ブラウザー互換フォーム テンプレートと呼ばれます。ブラウザー互換フォーム テンプレートで、InfoPath 機能、設定、および Web ブラウザーでは動作しませんコントロールが非表示またはデザイン モードで無効になります。これにより、デザインで使用したくないです。

ブラウザー互換フォーム テンプレートをユーザーと共有する準備ができたら、 InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーに発行し、ブラウザー対応していることを [してする必要があります。ユーザーが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath を使用している場合、InfoPath でフォームが開きます。InfoPath がインストールされているないが、Web ブラウザーで、フォームが開きます。いずれかの方法では、フォーム テンプレートが含まれていない InfoPath 機能、設定、またはコントロールは動作しませんが、ブラウザーでします。

多くのユーザーが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath に必要がある場合は、Web ブラウザーでサポートされている機能のサブセット フォーム テンプレートのデザインを制限することがありますされません。この例では、ブラウザー互換フォーム テンプレートの 2 つのビューを作成することができます。1 つのビューは、Web ブラウザーで、フォーム テンプレートを開くユーザー用されます。その他のビューは、InfoPath が自分のコンピューターにインストールしているユーザーでのみ使用されます。Web ブラウザーでは、この InfoPath 専用ビューを表示しないします。したがって、ユーザーの役割やマスター/詳細コントロールなど、使用できないこのビューで InfoPath 機能を使用することができます。

このトピックでは、ブラウザー互換フォーム テンプレートに専用の InfoPath 専用ビューを設計する方法を説明します。さらに、フォーム テンプレートを開いて、ユーザーが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath でかどうかを検出するルールを作成する方法を学習します。InfoPath が検出された場合、ユーザーが、InfoPath 専用ビューに表示されます。InfoPath が検出されない場合、ユーザーは Web ブラウザーでブラウザー固有のビューを代わりに表示されます。

ページの先頭へ

使用するシナリオ

保険会社、作業を行う保険金請求書を処理するためのブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインすることを考えてください。ブラウザー互換フォーム テンプレートには、保険を開き、会社の Web サイトに社内のユーザーを確認し、請求書フォームのデータを承認から請求書フォームに入力したを対応する必要があります。外部ユーザーが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath がないことと、内部ユーザーが InfoPath 必要があると考えられます。実行して、infopath がインストールされているユーザーに合わせて、2 つのフォーム テンプレートをデザインする可能性のある-ブラウザーと互換性のあるとはないです。ただし、簡単かつ時間-効率的ビューは、次を含む 1 つのブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインするのには。

ビュー 1: 外部、請求書の表示   これは、保険が、Web サイトにログインし、請求書フォームを開くときに表示されるビューです。つまりが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath のコピーを持っているかどうかを知るための方法がないため、フォーム テンプレートのブラウザーと互換性のある必要があります。つまり、Web ブラウザーを使ってフォームに入力できることを確認する必要があります。

ビュー 2: 内部クレーム処理ビュー   このビューが、担当者は、送信された請求書フォームを確認して承認用にルーティングします。保険会社のすべての従業員が自分のコンピューターにインストールされている InfoPath があります。このため、それらの専用の InfoPath 専用ビューをデザインできます。保険 Web ブラウザーを使用してアクセスすると、請求書のビューとは異なり、InfoPath 固有を表示することはありませんが表示される任意の場所が、InfoPath では、およびの機能、コントロール、および設定では使用できないを含むことがブラウザー互換フォーム テンプレートです。

ページの先頭へ

手順 1: ブラウザー互換フォーム テンプレートに、InfoPath 専用ビューを追加します。

ブラウザー互換フォーム テンプレートの InfoPath 専用ビューを作成するには、ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスの設定を変更します。この設定により、ビューを表示するユーザーは InfoPath は、Web ブラウザーで表示できません。

  1. ブラウザー互換フォーム テンプレートを開きます。

  2. [表示] メニューで、ビューの管理] をクリックします。

  3. [アクション] で [ビュー ] 作業ウィンドウで、新しいビューの追加をクリックします。

  4. [ビューの追加] ダイアログ ボックスで、ビューの名前を入力し、[し、[ OK] をクリックします。

  5. ビューの選択] ボックスの一覧で、作成したビューをダブルクリックします。

  6. [全般] タブをクリックします。

  7. [フォームの入力時に、[表示] メニューを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    注: このチェック ボックスをオフにするには、InfoPath から InfoPath 専用ビューに切り替えるときに、インストールを持たないユーザーができなくなります。

  8. [許可する InfoPath 専用機能 (ビューは表示されません Web ブラウザーで) ] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックします。

  9. 通常どおり、自分のビューをデザインします。

    これで、InfoPath 専用ビューと思われる場合は、ブラウザー互換フォーム テンプレートで使用できる多くの機能、コントロール、および設定を使用することができます。たとえば、自由に [コントロール] 作業ウィンドウの [ブラウザーで動作するものだけでなく、コントロールのいずれかを使用しています。さらに、ブラウザーの互換性に関するエラーまたはデザイン チェック] 作業ウィンドウでメッセージは表示されなくなります。

    注: InfoPath の機能の大部分は、InfoPath 専用ビュー] で使用できますが、特定の機能と設定に適用されるブラウザー互換フォーム テンプレートを全体引き続き無効または非表示にします。たとえば、フォーム テンプレート全体のデジタル署名を有効にするまたはブラウザー互換フォーム テンプレートのビューのいずれかのためのビューでスクリプトを使用できません。

  10. ブラウザー互換フォーム テンプレートには、その他の InfoPath 専用ビューを追加するには、手順 2 ~ 9 を繰り返します。

ページの先頭へ

手順 2: ブラウザー対応フォーム テンプレートを Web ブラウザーで開いたときに、ブラウザー専用ビューを表示します。

この手順では、ユーザーが最初に開く際ブラウザー互換フォーム テンプレートに基づくフォームを表示するビューを規定するルールを作成する方法を学習します。フォームを最初に開いたときに、特定の条件が満たされた後、ルールが実行されます。条件は、この場合は、ユーザーが Web ブラウザーで、ブラウザー対応フォーム テンプレートを開いているかどうかをします。場合は、[フォーム テンプレートのブラウザーのみのビューが表示されます。このビューでは、ブラウザーでサポートされている機能のセットに制限されています。

  1. InfoPath 専用ビューを含むブラウザー互換フォーム テンプレートを開きます。

  2. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  3. 分類] 一覧で開くまたは保存する] をクリックします。

  4. 開くときの動作] の下の [ルール] をクリックします。

  5. フォームを開くのためのルール] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  6. 次のようなルール] ダイアログ ボックスで、入力、ルールのわかりやすい名前ルール 1: ブラウザー ビューに切り替えるします。

  7. ルールを実行するタイミングを指定するには、条件の設定をクリックします。

  8. 最初のボックスで [次の条件が true のときに、ルールの適用] をクリックします。

  9. 2 番目のボックスでxdEnvironment:IsBrowser()を入力し、[ OK] をクリックします。

  10. ルール] ダイアログ ボックスで、[アクションの追加] をクリックします。

  11. アクションリストで、ビューを切り替える] をクリックします。

  12. ビュー ] リストでブラウザーの表示を切り替えるをクリックし、[ OK] をクリックします。

  13. ルールが (現在のイベント) に対して仕分けルールを適用した後に実行されていることを防止するには、[ルール] ダイアログ ボックスで、[この仕分けルールが完了すると、ルールの処理を中止する] チェック ボックスを選択します。

    フォーム テンプレートが開かれ、指定した条件に作成したルールが実行されます: は、ユーザーの環境には、Web ブラウザー: が満たされています。

ページの先頭へ

手順 3: ブラウザー対応フォーム テンプレートを InfoPath で開いたときに、InfoPath 専用ビューを表示します。

これで、ブラウザー互換フォーム テンプレートに別のルールを追加します。このルールは、フォームを最初に開いたときに、特定の条件が満たされた後に実行します。条件は、この場合は、ブラウザー対応フォーム テンプレートを開いているユーザーが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath にあるかどうかをします。Infopath がインストールされている場合は、[フォーム テンプレートの InfoPath 専用ビューが表示されます。このビューは、InfoPath で表示はのみであるため、完全な範囲の InfoPath 機能を格納できます。

  1. InfoPath 専用ビューを含むブラウザー互換フォーム テンプレートを開きます。

  2. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  3. 分類] 一覧で開くまたは保存する] をクリックします。

  4. 開くときの動作] の下の [ルール] をクリックします。

  5. [追加] をクリックします。

  6. 次のようなルール] ダイアログ ボックスで、入力、ルールのわかりやすい名前ルール 1: InfoPath ビューに切り替える

  7. ルールを実行するタイミングを指定するには、条件の設定をクリックします。

  8. 最初のボックスで [次の条件が true のときに、ルールの適用] をクリックします。

  9. 2 番目のボックスに入力されません (xdEnvironment:IsBrowser())します。

  10. ] をクリックします。

  11. 最初のボックスで、最初の条件の下で、 [式] をクリックします。

  12. 2 番目のボックスに入力されません (xdEnvironment:IsMobile())、[ OK] をクリックします。

  13. ルール] ダイアログ ボックスで、[アクションの追加] をクリックします。

  14. [アクション] ダイアログ ボックスで、アクションのリストビューを切り替える] をクリックします。

  15. ビュー ] リストで InfoPath 専用ビューを切り替えるをクリックし、[ OK] をクリックします。

  16. ルールが (現在のイベント) に対して仕分けルールを適用した後に実行されていることを防止するには、[ルール] ダイアログ ボックスで、[この仕分けルールが完了すると、ルールの処理を中止する] チェック ボックスを選択します。

    フォーム テンプレートが開かれ、指定した条件に作成したルールが実行されます: は、ユーザーの環境でが Web ブラウザーまたはモバイル デバイスではないと InfoPath-が満たされています。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×