スキップしてメイン コンテンツへ
Office

ブラウザー ウィンドウでの BI ブックの使用

ブラウザー ウィンドウでブックを表示または操作しようとしても、何らかの理由で実行することができません。 次のようなエラー メッセージが表示されます。

  • 「このブックには、サポートされていない外部データ接続または BI 機能が含まれています」

  • 「ブラウザーで編集するために、対話形式のレポート シートなしでファイルのコピーが作成されます」

また、別の種類のメッセージが表示される場合もあります。 いずれの場合も、ブラウザーでは期待どおりにブックを使用できない可能性があります。 問題の理由について、さらに重要なことですが、その対処方法について確認する必要があります。

この問題が発生する理由と対処方法

最も可能性が高い理由は、ブラウザー ウィンドウではサポートされていないビジネス インテリジェンス (BI) 機能が含まれたブックを使用しようとしていることです。 BI 機能には、外部データ接続、ピボットグラフ レポート、ピボットテーブル レポート、データ モデル、Power View シート、タイムライン コントロールなどを含めることができます。 BI 機能を含むブックをブラウザー ウィンドウで使用できるかどうかは、以下の表に示すようないくつかの要因によって決まります。

説明

操作

(オンプレミス) 環境の設定方法

オンプレミス環境でブックを表示しようとする場合、環境の設定方法に問題がある可能性があります。

たとえば、(Office Online Server の一部である) Excel Online を使って、SharePoint Server 2013 の Excel Services の代わりにブラウザー ウィンドウでブックを表示した場合、Excel Online ではサポートされていない機能がブックに含まれている可能性があります。 詳細については、「Excel Online、Excel Services、Excel Web App の比較」を参照してください。

SharePoint の管理者に以下を調べるよう依頼します。

契約している Office 365 のサブスクリプション

Office 365 を使用している場合、契約しているサブスクリプションが、ブラウザー ウィンドウでブックを表示できるかどうかに影響している可能性があります。 詳細については、「Excel と Office 365 のビジネス インテリジェンス機能」を参照してください。

管理者に以下を調べるよう依頼します。

ブックの保存場所

セキュリティで保護されていない場所から、または、他のユーザーの個人用オンライン フォルダーからブックを開いている場合、ブラウザー ウィンドウでは、ブックの BI 機能が使用できないことがあります。 詳細については、「Excel Services を使ってブックを共有する」を参照してください。

ブックの所有者に、ブックが SharePoint ライブラリに保存されていることを確認するよう依頼します。

ブックに含まれている内容

マクロやブック保護など、一部の機能のために、ブラウザー ウィンドウでブックを表示できないことがあります。 詳細については、「ブラウザーと Excel でのブックの使用の相違点」を参照してください。

Excel でファイルを開きます。

管理設定をOffice 365 する

Office 365 でホストされているブックを表示または編集していて、予期したとおりに対話型ではない場合 (たとえば、Power Pivot ブックが対話型ではありません)、管理者がこれらの機能を有効にする必要があります。

SharePoint のプレビュー機能を有効または無効にするかどうかを管理者に確認してください。

何らかの理由により、ブラウザー ウィンドウでブックを使用しようとしても使用できない場合、通常はファイルをデバイスに保存して Excel で開くことができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×