ブラウザーベースのブックでデータを計算、再計算する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ブックの数式を、Excel で使用するのと同じようにブラウザーで使用できます。Excel の場合と同じように、数式の作成者が数式の計算方法または再計算方法を決めます。ここでは、ブックの作成者が選択できる、計算のさまざまなオプションについて説明します。

一般的に、数式で使用するセル内の値が変わると、数式が自動的に再計算されます。たとえば、数式を使って列内の個別の値をすべて追加するとします。ブックに行を挿入して、列内のセルの範囲にセルを追加すると、ブックでは新しいセルを含めるように数式が自動的に調整され、合計が再計算されまます。

ただし、ブックの作成者は別のオプションを使用して、数式が自動的に計算されないようにすることができます。ブックの作成者が Excel で数式を作成するときには、さまざまな計算オプションを選択できます。たとえば、ユーザーがコマンドをクリックするときに、すべての数式を手動で再計算することを必須にする場合があります。作成者が計算オプションを選択し、そのブックをサイトに保存した後、公開されたブックでは、作成者が Excel ブックで指定した計算オプションが保持されます。

次の表は、さまざまな計算オプションを簡単に示しています。

計算方法] オプション

説明

自動計算

数式は、数式が変更されるたび、および数式が参照するセルの内容が変更されるたびに、自動的に再計算されます。これが既定のオプションです。

手動計算

数式の再計算は自動的に行われません。数式を再計算するには、ユーザーが [ブックの計算] をクリックする必要があります。

テーブル以外自動

Excel データ テーブルに What-If 分析の一部として含まれている数式および参照先セルは、再計算されません。

その他の数式は、その数式が変更されるたび、および数式の参照先セルが変更されるたびに、自動的に再計算されます。

保存前に再計算

数式は、ブックが保存されるたびに自動的に再計算されます。

重要: Excel Servicesでは、ブックを保存することができないため、このオプションをサポートしていません。

ブックの作成者がブックで手動計算を構成した場合は、次の手順に従って、ブラウザーでブックの数式を計算できます。

  1. ブックを開きます。

  2. ブックのツールバーで、[データ] メニューをクリックし、[ブックの計算] をクリックします。

または、ショートカット キー F9 を使用して、ブック内の数式を計算できます。

注記: ブラウザー内のブックに、解決できない循環参照の数式が含まれている場合、循環参照に関する警告メッセージは表示されません。その代わりに、Excel クライアントで操作を取り消した場合に取得される値が計算されます。つまり、ブックでは、循環参照が自動的に取り消されます。これにより、循環参照を計算しようとして発生するパフォーマンスの低下を防ぐことができます。

  1. Excel Services内のブックで数式を使用するには、ブックの作成者は数式を含む Excel でブックを最初に作成する必要があります。Excel Onlineがサイトで有効な場合に excel と、ブック内で直接数式を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×