ブラウザーの表示オプションを使ってブラウザー ウィンドウでのブックの表示方法を指定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ブックに含まれている重要な情報を組織内の他の人たちと共有したいとします。 SharePoint では、Excel 2013 で指定するブラウザーの表示オプションをサポートしています。 そのため、ブラウザー ウィンドウにブックをどのように表示するのかを指定できます。 以下のことができます。

次のセクションでは、ブラウザーの表示オプションを指定するオプションの概要について説明します。

ギャラリー ビューを使ってブックを表示する

ギャラリー ビューを使って表示するブックを指定すると、ブラウザー ウィンドウは次のようになります。

ギャラリー ビューで表示したブックの例

ギャラリー ビューについて

上の例では、ピボットテーブルというアイテムが画面の中央に表示され、別のアイテムは縮小された画像で画面の右側に表示されています。 この「アイテム」は、上の例にもあるように、円グラフのようなピボットテーブルであることが一般的です。 アイテムはピボットテーブル名前付きアイテムとして定義された一連のセルである場合もあります。

スライサーとタイムライン コントロールは、画面の左側に表示されます。 各フィルターは、サムネイルのグラフやテーブルなど、フィルターに関連付けられているすべてのアイテムに適用されます。

別のアイテムを画面の中央に表示するには、該当のサムネイルをクリック (またはタップ) します。

ギャラリー ビューを使って表示するブックを指定するには

  1. Excel の [ファイル] タブで、[ブラウザーの表示オプション] を選びます。

  2. [表示] タブの一覧を使って [ブック内のアイテム] を選びます。

  3. 発行するアイテムの名前付きアイテムを選び、[パラメーター] タブを選びます。

  4. ブックにスライサーまたはタイムライン コントロールが含まれる場合は、[追加] をクリックし、発行するスライサーを選んで、[OK] をクリックします。

  5. [OK] をクリックして、[ブラウザーの表示オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

  6. ブックを保存して閉じます。

  7. ドキュメント ライブラリなどの SharePoint ライブラリにブックをアップロードします。

ページの先頭へ

ワークシート ビューを使ってブックを表示する

ワークシート ビューを使って表示するブックを指定すると、ブラウザー ウィンドウは次のようになります。

ワークシート ビューで表示したブックの例

ワークシート ビューについて

上の例では、Excel で表示されるのと同じように、ワークシート全体が画面に表示されています。 ワークシート ビューは、画面上のグラフやテーブルをすべて 1 つのビューで表示できるため、Excel で作成するダッシュボードを表示するのに適しています。 スライサーやタイムライン コントロールなどのフィルターを使うと、フィルターに関連付けられたすべてのアイテムを表示できます。

画面の下部にあるタブは、ブック内のその他のワークシートを示しています。 別のワークシートを表示するには、タブをクリックします。

ワークシート ビューを使って表示するブックを指定するには

  1. Excel の [ファイル] タブで、[ブラウザーの表示オプション] を選びます。

  2. [表示] タブの一覧を使って [シート] を選びます。表示するブックを選び、[OK] を選びます。

  3. ブックを保存して閉じます。

  4. ドキュメント ライブラリなどの SharePoint ライブラリにブックをアップロードします。

ページの先頭へ

ブックを Excel Web Access の Web パーツに表示する

ブックを Excel Web Access の Web パーツに表示すると、ブラウザー ウィンドウは次のようになります。

Excel Web Access の Web パーツに表示されたブックの例

上の例の場合、Excel Web Access の Web パーツは、SharePoint サイトに Excel コンテンツを表示するためのコンテナーです。 Web パーツでは、コンテンツがページとして表示されるため、ブックをクリックして開く必要がありません。

Excel Web Access の Web パーツでは、ワークシート全体またはワークシートの 1 つのアイテムだけを表示できます。 上の例ではワークシート全体が表示されていますが、円グラフなどの 1 つのグラフだけを表示することもできます。

詳細については、「Excel コンテンツを Excel Web Access Web パーツに表示する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×