スキップしてメイン コンテンツへ

ブラウザーと Word での文書の使用の相違点

Microsoft Web 用 Word を使用すると、web ブラウザーで文書の基本的な編集や書式設定の変更を行うことができます。 より高度な機能については、 Web 用 Wordの [ Word で開く] コマンドを使用します。 Word で文書を保存すると、その文書は Web 用 Wordで開いた web サイトに保存されます。

Web 用 Word で開いた文書は、Word デスクトップアプリで開いた文書と同じですが、一部の機能については、2つの環境で動作が異なります。

注: SharePoint 2010 で Web 用 Word を使用している場合は、このバージョンの「ブラウザーと Word での文書の使用の相違点」を参照してください。

この記事の内容

Word Online でサポートされているファイル形式

表示および印刷用にサポートされている機能

ブラウザーとデスクトップで異なる機能

開く操作と保存

編集と書式設定

校正履歴

オブジェクト

Web 用 Wordでサポートされているファイル形式

Web 用 Word は、次の形式でドキュメントを開きます。

  • Word 文書 (.docx)

  • Word テンプレート (.dotx)

  • Word マクロ有効文書 (.docm) または Word マクロ有効テンプレート (normal.dotm)
    文書を開くことはできますが、マクロは実行されません。

  • Word 97-2003 文書 (.doc) または Word 97-2003 テンプレート (.dot)
    Web 用 Word ドキュメントはこれらの形式で表示されますが、ブラウザーでドキュメントを編集するには、文書の新しいコピーを .docx または .dotx 形式で保存 Web 用 Word ます。 ドキュメントを .doc または .dot 形式で保存できないWeb 用 Word 。

  • OpenDocument テキスト (odt)

Web 用 Word 他のファイル形式でドキュメントを開くことはできません。 たとえば、リッチテキスト形式 (RTF)、ハイパーテキストマークアップ言語 (HTML)、Portable Document Format (PDF)、および多目的インターネットメール拡張 HTML (MHTML) の形式はサポートされていません。

ページの先頭へ

表示および印刷用にサポートされている機能

文書を Web 用 Wordで表示または印刷すると、Word デスクトップアプリの印刷レイアウト表示と同じように表示されます。 Web 用 Word は、PDF リーダーを使用して文書を印刷します (サポートされている PDF リーダーの一覧を参照してください)。

文書を表示しているときに、ブラウザーでは、一部の機能の動作が Word デスクトップアプリとは異なります。 Web 用 Wordで利用できない機能を使用するには、[ Word で開く] をクリックします。

この機能

Web 用 Wordでの動作

印刷レイアウト表示

閲覧表示では、印刷レイアウト表示で文書が表示されます。 Web 用 Word ます。 Word デスクトップアプリ ([アウトライン]、[下書き]、[Web レイアウト]、[全画面閲覧]) で利用できるその他のビューは、 Web 用 Wordでは使用できません。 同様に、サイドバイサイド表示と分割ウィンドウは Web 用 Wordでは使用できません。

ルーラーとグリッド線

Web 用 Word では、ルーラーとグリッド線は表示されません。

ページの先頭へ

ブラウザーとデスクトップで異なる機能

Web 用 Wordで文書を編集するときには、テキストの編集や書式設定を行うことができるように、文書は編集表示で表示されます。 [編集表示] では、余白や改ページ、表紙、ヘッダー、フッターなどのページの書式設定は表示されません。 さらに、多くの種類のオブジェクトがプレースホルダーとして表示されます。

次の表では、 Web 用 Word がドキュメントに適用される可能性がある機能をサポートする方法について説明します。 Web 用 Wordで利用できる機能以外の機能を使用するには、[ Word で開く] をクリックします。

開く操作と保存

この機能

Web 用 Wordでの動作

Information Rights Management (IRM)

IRM で保護されている Outlook Online の添付ファイルと SharePoint ライブラリでは、 Web 用 Word 読み取り用にドキュメントが開きますが、編集はできません。 IRM 保護を Web 用 Wordのドキュメントに追加することはできません。

パスワードによる保護

Web 用 Word は、パスワードで暗号化されたドキュメントを開くことはできません。

変更権限

文書を変更するためにパスワードを入力する必要があるドキュメントは、閲覧表示で Web 用 Word 表示されますが、ブラウザーでドキュメントを編集することはできません。 [ Word で開く] をクリックして編集の制限を削除します。

バージョンを管理する

バージョンは Web 用 Wordではなくサーバー上で管理されます。 ドキュメントが OneDriveに保存されている場合は、 OneDriveのバージョン履歴機能を使用します。 ドキュメントが SharePoint ライブラリに保存されている場合は、ライブラリにバージョン履歴機能が構成されているかどうかを確認します。

編集と書式設定

機能

Web 用 Wordでの動作

コピーと貼り付け

テキストのコピーと貼り付け、Web から画像のコピーと貼り付けを行います。 テキストは Web 用 Word内で貼り付けられたテキストと一致するように書式設定されます。

フォントの書式設定

太字、斜体、下線、取り消し線、下付き、上付き、フォント、サイズ、色、強調表示を適用する。 フォントの書式設定をオフにすることもできます。

段落の書式設定

段落を左、右、または中央に配置します。テキストを右から左、または左から右に実行します。インデントを増やしたり減らしたりします。行間を調整する段落を行頭文字または段落番号付きの箇条書きとして書式設定します。 書式設定をクリアすることもできます。

段落番号および箇条書き

組み込みの段落番号または箇条書きのスタイルのいずれかを適用します。

スタイル

組み込みのスタイルのギャラリーの 1 つを適用します。 書式設定をクリアすることもできます。 Web 用 Wordで新しいスタイルを作成したり、スタイルを変更したりすることはできません。

ページ サイズ

[閲覧表示] では、デザインされているサイズでページが表示され Web 用 Word ます。 編集は、レター、リーガル、Executive、A4、A5、カスタムサイズのレイアウトでサポートされています。 表示されていない標準の用紙サイズのサイズがわかっている場合は、[用紙サイズ] ダイアログボックスに入力します。 たとえば、[A3] ページサイズのレイアウトで編集するには、ユーザー設定の用紙サイズを 11.69 16.54 インチ (297 x 420 mm) として設定します。

検索

[検索] は、閲覧表示と編集表示の両方で使用できます。 [検索と置換] は編集表示で使用できます。

ズーム

編集表示と閲覧表示の両方で、いずれかのズームレベルを適用します。

改行と改ページ

閲覧表示では、行とページの区切りが表示されます。 編集表示では、改ページは点線で示されます。

ページレイアウトは保持されますが、 Web 用 Wordでは編集できません。 閲覧表示では、保持されている列を確認できます。

テーマ、ページの色、透かし

テーマとページの背景は文書内で保持されますが、 Web 用 Wordでは編集できません。

共同編集

複数の作成者が Web 用 Wordで同時に作業できます。 共同編集は Web 用 Word 以降、および Word for Mac 2011 で機能します。

校正履歴

この機能

Web 用 Wordでの動作

校正ツール

スペルチェックと文章校正、文書の翻訳、校正言語の設定を行います。 ユーザー辞書を使用していない、またはシソーラスを含まないWeb 用 Word 。

[オートコレクト]

入力時に一般的な誤りを修正するWeb 用 Word 、誤った順序で入力されている文字を切り替える (たとえば、"the" は "the" に変更されます)。 Web 用 Word で不要な修正が行われた場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押して元に戻すか、[オートコレクトのオプション] メニューの設定を変更します。

変更履歴

閲覧表示では、変更履歴が表示されます。 変更履歴の記録をオンまたはオフにするには、[ Word で開く] をクリックします。

オブジェクト

この機能

Web 用 Wordでの動作

ハイパーリンク

ハイパーリンクを挿入、編集、フォローします。 ブックマークと相互参照のリンクは機能し、 Web 用 Wordでは表示テキストは編集できますが、リンク先を編集することはできません。

表を挿入する。 テーブル、列、または行で削除します。行と列を挿入するセルのテキストを左揃え、右揃え、または中央揃えにするセルの結合と分割罫線、背景、表のスタイルを書式設定します。 その他のテーブル機能 (セルのサイズや並べ替え順序など) は文書内で保持されますが、 Web 用 Wordで構成することはできません。

写真

自分のコンピューターや Bing からの画像やクリップ アートを挿入します。 さまざまな図のスタイルを適用したり、代替テキストを書き込んだり、サイズを変更したり、新しい場所へドラッグしたり、トリミングしたり、回転したりすることができます。 スクリーンショットは Web 用 Wordで直接作成することはできませんが、ドキュメント内のスクリーンショットは Web 用 Wordの画像として表示されます。

図形、グラフ、テキストボックス、SmartArt、ワードアート

これは、閲覧表示で期待どおりに文書内に表示されます。 編集表示では、削除できるプレースホルダーとして表示されますが、編集はできません。 Web 用 Wordでは、移動やサイズ変更を行うことはできません。

数式、インク

これは、閲覧表示で期待どおりに文書内に表示されます。 編集表示では、削除できるプレースホルダーとして表示されますが、編集はできません。 Web 用 Wordでは、移動やサイズ変更を行うことはできません。

フィールド、コンテンツコントロール、表紙ページ

これは、閲覧表示で期待どおりに文書内に表示されます。 編集表示では、フィールドとコンテンツコントロールのコンテンツは表示されますが、編集や更新はできません。 表紙は、テキストボックスなどの要素の一連のプレースホルダーとして表示されます。

ヘッダーとフッター、脚注、文末脚注

これは、閲覧表示で期待どおりに文書内に表示されます。 編集表示では、表示と編集はできますが、文書内にインラインでは表示されません。

目次

編集表示では、目次の挿入、変更、削除を行うことができます。 編集表示と閲覧表示の両方で、目次を使用して文書内を移動します。

文献目録、索引

これは、閲覧表示で期待どおりに文書内に表示されます。 編集表示では、削除できるプレースホルダーとして表示されますが、編集したり更新したりすることはできません。

マクロ

マクロを含む文書は、表示、編集、印刷、共有できますが、マクロを実行するには [ Word で開く] をクリックします。

ActiveX コントロール、埋め込まれた OLE オブジェクト、署名欄

これは、閲覧表示で期待どおりに文書内に表示されます。 編集表示では、削除できるプレースホルダーとして表示されますが、編集はできません。 Web 用 Wordでは、移動やサイズ変更を行うことはできません。

リンクされた画像、埋め込みファイル

これらは文書内で保持されますが、 Web 用 Wordにはプレースホルダーとして表示されます。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×