スキップしてメイン コンテンツへ

ブラウザーと Excel でのブックの使用の相違点

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Excel 2010 のブックをブラウザーで開くとき、ブックは Web ベースのビューアーで開かれます。また、Excel Online を使用している場合、ブックは Web ベースのエディターで開かれます。 このビューアーおよびエディターは、Excel ブックのほとんどの機能をサポートしていますが、すべての機能をサポートしているわけではありません。また、Excel とは異なる方法でサポートしている機能もあります (デスクトップ プログラム)。Web ベースのビューアーまたはエディターでサポートされていない機能が含まれているブックを開くには、そのブックを Excel で開きます。

以下のセクションでは、Excel とブラウザーでの、Excel 2010 の機能の相違について概説します。

この記事の内容

サポートされるファイル形式

完全にサポートされる機能と、ブックを開く

ブックが開かれていることを防ぐための機能

ワークシート関数の相違点

ブラウザー内のブックで異なる方法で表示される可能性がある機能

ブラウザー内のブックで動作が異なる場合があります機能

サポートされない対話機能

サポートされるファイル形式

ブラウザーでは、次のファイル形式のブックを開くことができます。

  • Office Excel 2007 マクロ有効ブック (.xlsm)

  • Excel 2010 ブック (.xlsx)

  • Excel 2010 バイナリ ブック (.xlsb) ファイル形式

Excel Web App を使用して、Office Excel 2007 97-2003 形式でブックを開くことができます。ただし、Excel Services を使用してこのブックを開くことはできません。

ブックを開くときに完全にサポートされる機能

次の表は、ブラウザーでブックを開くときに完全にサポートされる機能を示しています。

機能

説明

関数

いくつかの例外を除く、ほぼすべての Excel ブック関数。詳細については、この記事の「ワークシート関数の相違点」を参照してください。

日付

Windows と Macintosh の日付システム。

Excel のテーブル

Excel のテーブルのデータ、列見出し、計算列、集計行、構造化参照、およびスタイル。

セル

セルの値 (結合セルやセルの内容のオーバーフローを含みます)。

名前

定義された名前と名前付き範囲。

計算

計算および再計算の設定 (ワークシートの一定範囲またはワークシート全体に対する自動計算、テーブル以外の自動計算、手動計算、および反復計算の設定を含みます)。

グラフ

通常、ブラウザーでブックを開くときは、グラフ、グラフ範囲、およびピボットグラフ レポートが完全にサポートされます。ただし、グラフがグラフのグループの一部である場合、ブラウザー内のブックでそのグラフを開くことはできません。さらに、グラフに外部参照が含まれている場合も、ブラウザー内のブックでそのグラフを開くことはできません。

書式設定

ブック内のセルとセルの範囲の書式、および表示形式。また、条件付き書式がサポートされます。

接続

外部データ ソースへの接続 (OLAP ピボットテーブルを含みます)。

What-If 分析ツール

ゴール シーク、データ テーブル、ソルバー、および系列分析ツールの結果。

統合

範囲内から統合されたデータ。

データ ソース

SQL Server、OLAP プロバイダー、OLEDB プロバイダー、および ODBC ドライバー。外部ソースからのすべてのデータがサーバー上で更新できるとは限りません。

外部参照

Excel Services は、外部参照 (リンク) を更新しません。その代わりに、その参照の最後に認識された値を表示します。

スライサー

Excel 2010 ブックで作成されたスライサーを表示できます。ただし、ブラウザーのブックに、グループの一部であるスライサーが 1 つ以上含まれている場合、そのブックを開くことはできません。

スパークライン

Excel 2010 ブックで作成されたスパークラインを表示できます。

ブックを開くことを妨げる機能

次の表は、ブラウザーでブックを開くことを妨げる機能を示しています。これらの機能のいずれかを使用するブックを開くには、そのブックを Excel で開きます。

機能

説明

以前のマクロ言語

Microsoft Excel 4.0 のマクロ関数と Microsoft 5.0 ダイアログ シート。

コントロール

フォームのツールバー コントロール、ツールボックス コントロール、およびすべての ActiveX コントロール。

XML

XML の対応付け、および埋め込みのスマート タグ。

セキュリティとプライバシー

保護のあるブック、ワークシート、または範囲、および Information Rights Management (IRM) が使用されたブック。

インク

描画、書き込み、注釈など、すべてのインク機能。

OLE と DDE

オブジェクトのリンクと埋め込み (OLE) のオブジェクト、およびダイナミック データ エクスチェンジ (DDE) のリンク。

表示される数式

表示される数式と共に保存されたブック。

データの入力規則

無効なデータ入力の防止とドロップダウン リストの作成。

データ ソース

Microsoft Business Solutions、Windows SharePoint Services リスト、Microsoft SQL Server、外部データ範囲 (クエリ テーブル)、および Windows SharePoint Services リストにリンクされたテーブル用の各データ取得サービス。

クエリ

パラメーター化されたクエリ テーブル。

UDF への外部参照

VBA 内部プロジェクト内のユーザー定義関数 (UDF)、またはアドイン内の UDF への外部参照 (リンク)。

コメント

コメントの表示と修正。

統合

ピボットテーブル レポートから統合されたデータ。

デジタル署名

ブック内のデジタル署名 (表示/非表示の両方)。

添付ツールバー

ブックが Excel 2007 に変換される前に、Office Excel 2003 を使用してブックに添付されたユーザー設定のツールバー。

ピボットテーブル

シナリオ分析ツールに基づくピボット テーブル。ADO レコードセットに基づくピボット テーブルや、サーバーベースのページ フィールドが含まれているピボット テーブルを開くことはできません。

シナリオの登録と管理

シナリオの登録と管理機能を使用して定義されたシナリオが含まれているブック。

セル ウォッチ

ウォッチ ウィンドウを使用してセルの内容をモニタリングおよび報告するブック。

特定のカスタム ドキュメント プロパティ

セルの変更に同期するドキュメント プロパティを含むブック。

コミットされていない書き戻しのあるピボットテーブル。

コミットされていない書き戻し操作のあるピボットテーブルを含むブック。

ページの先頭へ

ワークシート関数の相違点

次の表は、ブラウザーでのサポートが制限されている関数の戻り値の相違を示しています。

関数

Excel での戻り値

R ブラウザーで eturn 値

HYPERLINK

クリックして移動できるアクティブなリンク。

以下のいずれかになります。

  • "すべてのブックの対話機能" プロパティおよび "ブックのナビゲーション" プロパティが構成されている場合に、クリックして移動できるアクティブなリンク。

  • 別の Web ページまたはドキュメントへのアクティブなリンク。"すべてのブックの対話機能" プロパティは構成されているが、"ブックのナビゲーション" プロパティは構成されていない場合、このリンクをクリックして移動できますが、ブック内の場所には移動できません。

  • "すべてのブックの対話機能" プロパティと "ブックのナビゲーション" プロパティが構成されていない場合に、クリックして移動できない非アクティブなリンク テキスト文字列。

RTD

COM オートメーションをサポートするプログラムからのリアルタイムのデータ。

RTD 関数によって返された値がブックに格納されている場合、それらの値が表示されます。
返された値がブックに格納されていない場合は、エラー値 #N/A が返されます。
再計算によって RTD 関数の開始が試みられた場合は、エラー値 #N/A が返されます。

SQL.Request

外部データ ソースに接続されているクエリの結果。

SQL.Request 関数によって返された値がブックに格納されている場合、それらの値が表示されます。
返された値がブックに格納されていない場合は、エラー値 #N/A が返されます。
再計算によって SQL.Request 関数の開始が試みられた場合は、エラー値 #N/A が返されます。

CHAR

指定した数値に対応する文字、および編集記号に対応するブロック文字。

指定した数値に対応する文字、および編集記号に対応する空白の値が返されます。

CELL

参照の左上隅のセルの書式、位置、または内容についての情報。

参照の左上隅のセルの書式、位置、または内容についての情報。
色、ファイル名、形式、かっこ、プレフィックス、保護、および幅に関するセル情報はサポートされず、#VALUE! エラーが返されます。

INFO

クライアント コンピューターの現在のディレクトリまたはフォルダーのパス。

#VALUE! エラーが返されます。

以下の揮発性関数は、ブラウザー内のブックのサーバー コンピューターで計算したときと、クライアント コンピューターの Excel で計算したときで、戻り値が異なる場合があります。

関数

クライアントでの戻り値

ブラウザーでの戻り値

NOW

クライアント コンピュータの日付と時刻。

サーバー コンピュータの日付と時刻。

TODAY

クライアント コンピュータの日付。

サーバー コンピュータの日付。

RAND、RANDBETWEEN

乱数 (実行のたびに異なる値)。

乱数 (実行のたびに異なる値)。

ページの先頭へ

ブラウザーでは異なる方法で表示される可能性があるブック機能

次の表は、ブラウザー内のブックでは異なる方法で表示される可能性がある機能を示しています。

機能

説明

ハイパーリンク

サポートされますが、"すべてのブックの対話機能" プロパティまたは "ブックのナビゲーション" プロパティの組み合わせを変えて構成することによって制御されます。

フォント

フォントは、サーバー上でも、通常はクライアント上と同じスタイルとサイズになります。サーバー上で使用できないフォントについては、代替のフォントが使用されることがあります。

グラフとピボットグラフ レポート

グラフとピボットグラフ レポートは、静的なイメージとして表示されます。ただし、並べ替え、フィルター処理などでグラフまたはピボットグラフ レポートを操作すると、そのグラフまたはレポートの基になるデータが更新され、新しい静的イメージが表示されます。

罫線

完全にサポートされている罫線は、色はすべての色、線のスタイルは一重線、二重線、線の種類は実線、ひし形、および破線、線の太さは細線、太線、および極太線です。部分的にサポートされている罫線は、線のスタイルは三重線、二重線、点線の境界線の種類は実線、ひし形、点線 (角)、一点鎖線、長破線、および二点鎖線です。

色のグラデーションの方向

水平方向と垂直方向の色のグラデーション。

セルの塗りつぶしの色

ブラウザーの設定によっては、塗りつぶしの色の表示が異なる場合があります。

セルの配置

セルの配置は、縦位置両端揃えと縦位置均等割り付け以外のすべてがサポートされています。縦位置両端揃えと縦位置均等割り付けは、縦位置中央の配置に置き換えられます。

トリミングされたイメージおよびシートの背景イメージ

1 つ以上のトリミングされたイメージが含まれているファイル。Web ベースのビューアーでは、シートの背景イメージが含まれているファイルを読み込むことはできますが、それらのイメージは表示されません。

文字列の回転

文字列の回転は、セルと列見出しの内容のオーバーフローと共にサポートされており、横位置または縦位置の配置は、正の回転 (+) については左揃え、負の回転 (-) については右揃えになります。

双方向テキスト

1 つの言語の文字セットが表示される場合は、完全にサポートされます。

Analysis Services の条件付き書式

Microsoft SQL Server Analysis Services (AS) の条件付き書式は、フォントの色、塗りつぶしの色、フォントのフラグ (太字、斜体、下線、取り消し線など)、および表示形式などの書式指定文字列に限られます。

Office 2010 の 3-D グラフィック効果

Office 2010 の 3-D グラフィック効果 (影、光彩、ワープ、面取り、ぼかし、色変更、および反射) は、削除されるか、または別の効果に変換されます。

3-D 等高線、ワイヤーフレーム 3-D 等高線、等高線、およびワイヤーフレーム等高線はサポートされません。

ブラウザーでは異なる動作をする可能性があるブック機能

次の機能は、ブラウザー内のブックでは異なる動作をする可能性があります。

機能

説明

ピボットテーブル レポート

レポートのフィルター処理、メンバーの選択、データのレベルの展開 (ドリルダウン) と折りたたみ (ドリルアップ)、並べ替え、フィルター処理、および小計の表示と非表示。

ボタンの画像 を検索します。

文字列、数値、および日付に対する、大文字と小文字を区別した検索と、セルの内容への部分一致による検索。

アウトライン

詳細の表示と非表示を含む、アウトライン。

計算

自動計算および手動計算。ただし、循環参照は解決できません。その代わりに、循環参照が存在することを通知するメッセージがブックで表示されます。計算によってサーバーのパフォーマンスが低下することを防ぐため、循環参照が取り消されます。

元に戻すコマンド/やり直しコマンド

ブラウザー内で複数のユーザーが同時にブックを編集しているとき、元に戻すコマンドとやり直しコマンドは使用できません。

VBA

ブックに Visual Basic for Applications (VBA) コードが含まれている場合、ブラウザーでブックを表示することができます。ただし、ブラウザー内でブックを編集したり、VBA コードをブラウザー内のブックで表示または実行したりすることはできません。

保存

ブラウザー内でブックを編集すると、変更内容が自動的に保存されます。

サポートされない対話機能 

次の表は、ブラウザー内のブックではサポートされない対話機能を示しています。

機能

説明

ピボットテーブル レポート

OLAP データに対する [Detail Group] オプションと [詳細データの表示] オプション (ドリルスルーともいう)、メンバの検索、Microsoft SQL Server Analysis Services の操作、またはフィールド リストの使用によるフィールドの追加、再配置、または削除。

ピボットグラフ レポート

ピボットグラフの直接操作 (静的なイメージであるため)。

キューブ関数の非同期の評価

キューブ関数評価時の非同期のデータ取得、およびすべてのデータが取得される前の #GETTINGDATA メッセージの表示。すべてのデータは、ビューが表示または再表示される前に同期的に取得されます。

ボタンの画像 を検索します。

基になるデータによる検索 (書式設定されたデータを対象とした、大文字と小文字を区別した検索以外のもの)。

置換

[検索] ボタンの画像 を使った後でのテキストと値の置換。

高度な選択

隣接したセル範囲、非隣接セル範囲、またはワークシート全体の選択。

計算

読み込み後のブックの計算の設定の変更。

フィルターと並べ替え

色による並べ替えやフィルター処理、Excel Services でのブックのフィルターや並べ替えの保存。

ジャンプ

すべての [ジャンプ] 操作。

作業ウィンドウの管理

作業ウィンドウの分割と固定。

ズーム

実際のサイズに対するパーセントによるワークシートの表示の調整。

グラフ内のハイパーリンク

グラフ内にあるハイパーリンクのクリック、およびリンク先への移動。

テーブルの列見出し

スクロール領域外の見出しをスクロールするときの、Excel テーブルの見出しによるワークシートの列見出しの置き換え。

セルの塗りつぶしのパターン

すべての塗りつぶしのパターン

色のグラデーションの方向

右上対角線、右下対角線、角から角の各グラデーションの方向。

文字列の回転

セルの塗りつぶしやパターンは文字列に合わせて回転されず、斜め罫線の表示は文字列が回転されていない場合と同様な状態になります。横位置または縦位置の配置は、正の回転 (+) については左揃え、負の回転 (-) については右揃えになります。

双方向テキスト

右から左、および左から右の双方向テキスト文字列が混在するとき、左かっこ "(" や右かっこ ")" などのグリフ (文字の形) の向きが異なる文字が含まれている場合、縦書き文字列では、双方向テキストはサポートされません。

印刷されない文字

7 ビット ASCII (ANSI 文字セットのサブセット) の値 0 ~ 32 を使用した文字列、および拡張マークアップ言語 (XML) バージョン 1.0 でサポートされていないすべての文字。

ページ レイアウトのヘッダー

ページ レイアウトのヘッダーとフッター。

SSAS ヒント

Microsoft SQL Server Analysis Services のメンバ プロパティのヒント。

XML

XML 拡張パック。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×