ブラウザーでブックのパラメーターを変更する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ブックのパラメーターは、ブック内の 1 つのセルを表す特別な変数です。ブックの作成者は、新しい計算が必要になったときにユーザーがそのセルの新しい値を入力できるように、パラメーターを定義できます。単純な what-if シナリオを計算する場合や、状況によって変化する可能性のある値に基づいてブックの計算が行われる場合は、この処理が便利です。

たとえば、ブックを使用して、住宅ローンの毎月の返済額を計算するとします。この場合、金利、ローンの額などによって返済額が異なります。そのため、ブックの作成者は、ユーザーが値を入力できるようにパラメーターを指定することがあります。ユーザーがそのパラメーターについて新しい情報を入力するたびに、ブックで毎月の新しい返済額が自動的に計算されます。

パラメーターが定義されているブックをブラウザーで開くと、Web ベースのビューアーでは、そのブックのすべてのパラメーターが [パラメーター] ウィンドウに表示されます。次の図は、ローン計算用のパラメーターである [Interest_Rate]、[Length_of_Loan]、および [Loan_Amount] が含まれている [パラメーター] ウィンドウを示しています。

[パラメーター] ウィンドウの使用

  1. [パラメーター] ウィンドウには各パラメーターのラベル付きテキスト ボックスがあり、ユーザーは、対応するテキスト ボックスに値を入力できます。この例では、[Interest_Rate] テキスト ボックスの要件を説明するツールヒントも設定されています。

  2. ユーザーは各パラメーターの値を入力して、[適用] をクリックします。

  3. ブックでは、これらの値に基づいて計算が行われます (この場合は [毎月の返済額])。

この記事の内容

ブックでパラメーターを使用する

パラメーターの作成について

パラメーター用の名前付きセルについて

ブックでパラメーターを使用する

パラメーターが含まれているブックを Excel Web パーツで開くと、Web ベースのビューアーで [パラメーター] ウィンドウが表示されます。[パラメーター] ウィンドウには、ブックの作成者が Excel で定義したすべてのパラメーターが含まれています。

ブラウザーでブックを開いたユーザーだけが、入力したパラメーター値を表示することができ、それらの値に基づく計算の結果を確認できます。他のユーザーには、変更された計算結果が表示されません。また、このパラメーター値と変更された計算結果は一時的なものです。Web ベースのビューアーでは、ブックにパラメーター値が保存されません。

  1. 使用するパラメーターごとに、値をテキスト ボックスに入力します。パラメーター値の最大長は 1024 文字です。

  2. 計算結果を確認するには、[パラメーター] ウィンドウの下部にある [適用] をクリックします。

  3. [パラメーター] ウィンドウに入力した値を削除するには、[パラメーター] ウィンドウの下部にある [クリア] をクリックします。

[パラメーター] ウィンドウが表示されない場合

いくつかの理由で、[パラメーター] ウィンドウが表示されないことがあります。

  • ブックにパラメーターが含まれていない。

  • ブック内のすべてのパラメーターが、1 つまたは複数のピボットテーブルのレポート フィルター フィールド上にある。

  • ブックが、[パラメーター] ウィンドウの表示が有効にならない Excel Web Access Web パーツの一部である。

  • ブックが、ブックの対話操作機能が有効にならない、またはパラメーターの変更が有効にならない Excel Web Access Web パーツの一部である。

ページの先頭へ

パラメーターの作成について

ブックを作成したブックを SharePoint ドキュメントライブラリに保存または発行する場合、作成者は、公開されたブックで使用するパラメーターを指定できます。ブックがExcel Servicesに含まれている場合は、パラメーターを使用して、web パーツ接続を使用してさまざまな web パート間で情報を渡すことができます。たとえば、パラメーターを使用して、ダッシュボード内のさまざまな Web パーツを同期することができます。

ブックのパラメーターを使用すると、さまざまな状況に応じた情報を提供することが可能になります。たとえば、いくつかの "what-if" シナリオの確認、入力した値に基づく投資収益率 (ROI) の比較、計算モデル (毎月のローン返済額の計算など) への変数の値の入力などを実行できます。

ブックのパラメーターは、ワークシート内の 1 つの名前付きセルを表す必要があります (名前付き範囲やテーブルを表すことはできません)。そのセルの名前が、パラメーターの名前になります。

ページの先頭へ

パラメーター用の名前付きセルについて

ブックパラメーターは、ブック内の特定の名前付きセルを表します。最適な結果を得るには、 Excel 2010でブックのパラメーターを定義するときに、次の規則を考慮してください。

  • 名前付きセルは、1 つのセルである場合も、結合されたセルである場合もあります。パラメーターごとに 1 つのセルを表します。複数のセルを含む範囲をパラメーターで表すことはできません。

  • 名前付きセルは、ブック内のセルである必要があります。セルをテーブルまたはピボットテーブル内に置くことはできず、外部セル参照を使用することもできません。

  • 名前付きセルには、ピボットテーブル レポートのレポート フィルター フィールドを含めることができます。ただし、そのレポート フィルター フィールドは、[パラメーター] ウィンドウには表示されません。範囲フィルター フィールドを変更するには、フィルター Web パーツを使用できます。

名前付きセルは、単一のセルへの絶対参照である必要があります。相対参照は使用できません。

  • 名前付きセルが別の名前付きセルを参照することはできません。

  • セルにデータの入力規則を含めることはできません。また、ロックされたセルや保護されたワークシートにあるセルは使用できません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×