ブラウザーでブックのパラメーターを変更する

Workbook パラメーターは、ワークシート内の1つのセルを表す特殊な変数です。 ブックの作成者は、新しい計算を必要とするたびに、ユーザーがそのセルに新しい値を入力できるようにパラメーターを定義できます。 これは、シンプルな "what-if" シナリオを計算する場合や、状況に応じて変更される可能性のある値にブックの計算が依存している場合に便利です。

たとえば、ブックを使って、住宅ローンの返済額を計算するとします。 この場合、支払額は、金利やローン金額など、変更される可能性がある要因によって異なります。 そのため、作成者はパラメーターを指定して、ユーザーが値を入力できるようにすることができます。 ユーザーがパラメーターの新しい情報を入力するたびに、ブックは新しい毎月の支払い金額を自動的に計算できます。

ブラウザーでパラメーターを含むブックを開くと、Web ベースのビューアーには、ブックのすべてのパラメーターが [特別なパラメーター ] ウィンドウに表示されます。 次の図は、[パラメーター ] ウィンドウを示しています。 このツールには、住宅ローン計算用のInterest_RateLength_of_LoanLoan_Amountのパラメーターが含まれています。

[パラメーター] ウィンドウの使用

  1. [パラメーター ] ウィンドウには、各パラメーターのラベル付きテキストボックスが含まれています。 ユーザーは、関連付けられたテキストボックスの各パラメーターの値を入力できます。 この例では、作成者は、 Interest_Rateテキストボックスの要件を説明するためのヒントも作成しました。

  2. ユーザーは各パラメーターの値を入力し、[適用] をクリックします。

  3. この値は、この値を使用して計算されます (この例では、毎月の支払額)。

この記事の内容

ブックでパラメーターを使用する

作成パラメーターの詳細については、こちらを参照してください

パラメーターの名前付きセルについて、詳細はこちらをご覧ください

ブックでパラメーターを使用する

Excel Web パーツのパラメーターを含むブックを開くと、Web ベースのビューアーに [パラメーター] ウィンドウが表示されます。 [パラメーター] ウィンドウには、Excel でブックの作成者が定義したパラメーターが含まれます。

パラメーターとして入力した値を表示できる唯一のユーザーであり、これらの値によって発生した計算の変更を表示できるのは1人だけです。 変更は、他のユーザーには表示されません。 さらに、パラメーターの値と結果の変更は一時的なものです。 Web ベースのビューアーでは、パラメーター値はブックと共に保存されません。

  1. 使用する各パラメーターについて、テキストボックスに値を入力します。 パラメーター値の最大長は1024文字です。

  2. 結果を表示するには、[パラメーター ] ウィンドウの下部にある [適用] をクリックします。

  3. [パラメーター ] ウィンドウの値を削除するには、[パラメーター ] ウィンドウの下部にある [クリア] をクリックします。

[パラメーター] ウィンドウが表示されない場合はどうすればよいですか?

パラメータウィンドウが表示されない場合は、いくつかの理由が考えられます。

  • ブックにパラメーターが含まれていない。

  • ブック内のすべてのパラメーターは、1つ以上のピボットテーブルのレポートフィールドフィルターに含まれています。

  • ブックが、パラメーターウィンドウを表示できない Excel Web Access Web パーツの一部である。

  • ブックがブックの対話機能を有効にしていないか、またはパラメーターの変更を有効にしていない Excel Web Access Web パーツの一部です。

ページの先頭へ

作成パラメーターの詳細については、こちらを参照してください

ブックの作成者がブックを SharePoint ドキュメントライブラリに保存または発行する場合、作成者は、発行されたブックで使用するパラメーターを指定できます。 ブックが Excel Servicesの場合は、パラメーターを使用して、Web パーツ接続を使用して、さまざまな Web パーツ間で情報を渡すことができます。 たとえば、パラメーターを使用して、ダッシュボードのさまざまな Web パーツを同期することができます。

ブックのパラメーターを使用して、さまざまな状況で入力を行うことができます。 たとえば、"what-if" シナリオをいくつか試してみることをお勧めします。 異なる入力値を使用して、投資 (ROI) に対するさまざまな返品を比較したり、計算モデルに変数入力を入力したりすることができます (毎月の支払いの抵当計算など)。

ブックのパラメーターは、ワークシートの1つの名前付きセル (名前付き範囲またはテーブルではない) を表す必要があります。 セルの名前がパラメーター名になります。

ページの先頭へ

パラメーターの名前付きセルについて、詳細はこちらをご覧ください

ブックのパラメーターは、ブック内の特定の名前付きセルを表します。 Excel 2010でブックのパラメーターを定義する場合は、次のルールについて考慮してください。

  • 名前付きセルは、1つのセルまたは結合されたセルにすることができます。 各パラメーターに1つのセルがあります。2つ以上のセルを含む範囲をパラメーターで表すことはできません。

  • 名前付きセルは、ブック内のセルである必要があります。 テーブルまたはピボットテーブルにセルを配置することはできません。また、外部セル参照を使用することはできません。

  • 名前付きセルには、ピボットテーブルレポートのレポートフィルターフィールドを含めることができます。 ただし、[レポートフィルター] フィールドは [パラメーター] ウィンドウには表示されません。 範囲フィルターフィールドを変更するには、フィルター Web パーツを使用できます。

名前付きセルは、1つのセルへの絶対参照である必要があります。 相対参照は使用できません。

  • 名前付きセルでは、別の名前付きセルを参照することはできません。

  • セルには、データの入力規則を定義することはできません。ロックすることはできません。保護されたワークシートに含めることはできません。

ページの先頭へ

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×