ブラウザーでブックのグラフおよびピボットグラフ レポートを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

グラフとピボットグラフ レポートは、Excel ブックのデータ分析に欠かせないツールです。視覚的な情報を得ることで、データの比較、パターン、および傾向を簡単に確認できます。

ブラウザー内のブックで、グラフ、グラフ範囲、およびピボットグラフを表示できます。ただし、これらのツールをブックで最大限活用するには、ブラウザーと Excel 2010 でこれらのツールの機能がどのように異なるかを理解することが役立ちます。

a

a

この記事の内容

グラフとピボットグラフの表示とサイズ

グラフまたはピボットグラフが静的な画像

3-D グラフと 3-D グラフィック効果を使用する

コンピューターごとの画面の色の違い

グラフとピボットグラフの作成: ベスト プラクティス

グラフとピボットグラフの表示とサイズ

ブラウザー ベースのブックでグラフやピボットグラフを表示するには、2 つの方法があります。

  • ワークシートビュー   ワークシートビューでは、Web ビューアーによって、ワークシート内のその場所にグラフまたはピボットグラフが表示されます。

  • 名前付きアイテムビュー   [名前付きアイテム] ビューでは、Web ビューアーがグラフまたはピボットグラフを単独で表示します。ワークシートの他の要素は表示されません。

いずれの場合も、表示できるグラフまたはピボットグラフの最大サイズは 1 MB です。この値は、"信頼できる場所" のオプションを使用して変更できます。

ページの先頭へ

静的なイメージとしてのグラフまたはピボットグラフ

ブラウザー内のブックでグラフやピボットグラフに表示されるのは現在のデータです。これには、データの値と、列内の要素の並べ替え順序や小計があるかどうかなど、そのデータに関する情報が含まれます。

並べ替えやフィルター処理を行ったり、データのレベルを展開および折りたたんだりして、グラフの基になっているデータを操作すると、グラフまたはピボットグラフが再表示されます。ただし、グラフ自体のデータは静的です。グラフやピボットグラフをクリックしてハイパーリンクをたどったり、グラフやピボットグラフの操作、変更、および削除を行うことはできません。

ページの先頭へ

3-D グラフと 3-D グラフィック効果を使用する

ビューアーでは、ほとんどの 3-D グラフのブラウザーでの表示がサポートされますが、2-D の同等のグラフに変換されます。次の 3-D グラフは Excel Services でサポートされません。

  • 3-D 等高線

  • ワイヤーフレーム 3-D 等高線

  • 等高線

  • ワイヤーフレーム等高線

影、光彩、ワープ、面取り、ぼかし、色変更、反射などの 3-D グラフィック効果がグラフに含まれていた場合、これらの効果は削除されるか、または別の効果に変換されます。

3-D グラフおよび 3-D グラフィック効果はブックで保持されるので、Excel でブックを開いたときにも表示することができます。

ページの先頭へ

コンピューターごとの画面の色の違い

クライアント コンピューターおよびサーバー コンピューターごとに画面の色の設定が異なる点は認識しておく必要があります。画面の色を設定するには、コントロール パネルの [画面] をクリックして [画面のプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、[設定] タブをクリックします。画面の色には、次の 3 つの設定があります。

  • 最高 (32 ビット、400 万色)

  • 中 (16 ビット、32,000 色)

  • 低 (8 ビット、256 色)

画面の色の設定によって、グラフの明確さに差が出ることがあります。特に、グラフで使用している色の違いが、ユーザーの現在の画面設定では十分に表現されない場合です。グラフ イメージはサーバー上で作成されるため、クライアント コンピューターの色設定に関係なく、サーバーの設定によって、グラフに表示できる色が制限される場合があります。

ページの先頭へ

グラフとピボットグラフの作成: ベスト プラクティス

ブラウザーで表示するためにExcel 2010でブックを作成する場合は、ブラウザーでグラフまたはピボットグラフをプレビューすることをお勧めします。表示される内容に応じて、グラフのサイズを調整したり、グラフのデザインを変更したりすることができます。

グラフを作成するときには、次の事項を検討します。

  • 対象となるユーザーと、それらのユーザーが使用するコンピューターで最も一般的な画面の色の設定。表示が明確になるように、グラフの色を変更する必要があるかどうか。

  • グラフがトリミングされている場合、グラフ全体が表示されるように、同じワークシート内の別の位置や他のワークシートにグラフを移動できないかどうか。

  • グラフが意図したとおりに表示されているかどうか。グラフのサイズを調整する必要があるかどうか。また、複数のグラフを作成することで、サイズや複雑さを軽減する必要はないか。

  • グラフで 3-D グラフィック効果を使用している場合、ブラウザーでニーズに合った表示が行われるかどうか。または、Excel でそれらの効果の使用を変更する必要はないかどうか。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×