ブックを Excel Web Access Web パーツに表示する

ブックを Excel Web Access Web パーツに接続すると、ダッシュボードや他のサイト ページに Excel ブックを表示できます。 Excel Web Access Web パーツの外観や機能はカスタマイズできます。また、このパーツを他の Web パーツに接続して、フィルタリングや外部データの取得などのデータ分析タスクに使用できます。

Excel Web Access Web パーツにブックを表示するには、Web パーツをページに追加してから、Excel Web Access ツール ウィンドウにブックの URL か UNC を入力して、ブックと Web パーツを接続する必要があります。 最終手順として、Web パーツの Excel Web Access ツール ウィンドウでプロパティを選び、Web パーツをカスタマイズできます。 プロパティを構成すると、Web パーツのサイズやレイアウト、およびブックの操作方法を制御できます。

注: この情報がお探しの情報ではない場合は、サービス アップグレード後の Office 365 をお使いの可能性があります。 Excel Web Access Web パーツを Excel ブックに接続しExcel Services を使ってレポート、スコアカード、ダッシュボードを作成して、自分に適した情報を探してみてください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Excel Web Access Web パーツをページに追加する

ブックを Web パーツに接続する

Excel Web Access Web パーツをページに追加する

重要: Excel Web Access Web パーツにブックを表示するには、ブックを Excel Services に公開するか、サイトのドキュメント ライブラリにアップロードする必要があります。

この手順では、Excel Web Access Web パーツを既存の Web パーツ ページに追加するという特定の手順が必要です。 ページに Web パーツを追加するには、サイトの <サイト名> のメンバーという既定の SharePoint グループに属している必要があります。

該当するページがない場合は、サイト ページを作成する必要があります。

Excel Web Access Web パーツを Web パーツ ページに追加するには、次の手順を実行します。

  1. [サイド リンク バー] ウィンドウの [すべてのサイト コンテンツ] をクリックします。 次に、[すべてのサイト コンテンツ] ページの [作成] をクリックします。

  2. [作成] ページの [ページとサイト] リストで、[Web パーツ ページ] をクリックします。

  3. 次の図は、新しく作成した Web パーツ ページの例を示したものです。 ページにはヘッダー ゾーンと本文ゾーンが含まれます。 ゾーンごとに、[Web パーツの追加] ボックスが含まれます。 Excel Web Access Web パーツを追加するゾーンで、[Web パーツの追加] をクリックして Web パーツ選択を表示します。
    Web パーツ ページに、Web パーツを追加するためのゾーンが含まれる

  4. Web パーツ選択の [カテゴリ] ウィンドウで、[ビジネス データ] をクリックします。 [Web パーツ] ウィンドウの [Excel Web Access] をクリックします。 [追加] をクリックします。

    注:  ご使用のサイトの [Web パーツ] ウィンドウに表示される特定のアイテムは、この図のアイテムとは異なるかもしれません。

Web パーツ ピッカーに Excel Web Access の Web Part が表示される

これで、Web パーツがページに追加され、[ブックを選択してください] ウィンドウが表示されます。

<link xlink:href="6b4ab13a-32a7-427f-8dbc-a076ae2e6132#__top">ページの先頭へ</link>

ブックを Web パーツに接続する

  1. Excel Web Access の [ブックを選択してください] ウィンドウで、[ツール ウィンドウを開くには、ここをクリックしてください] のリンクをクリックします。 ページが編集モードに変わり、Excel Web Access ツール ウィンドウが表示されます。

Excel Web Access Web パーツに [ブックを選択してください] ウィンドウが表示される

  1. ツール ウィンドウで Excel Web Access Web パーツのプロパティを選んで入力します。 [ブック] テキスト ボックスの [ブックの表示] セクションで、ブックの URL か UNC を入力します。 URL がわからない場合は、参照ボタンをクリックし、[メディアの選択] の [-- Web ページ ダイアログ] ウィンドウで使用するブックを選びます。

  2. [名前付きアイテム ] ボックスに、Web パーツに表示したいブックの名前付きアイテム (定義名、グラフ、テーブル、ピボットテーブル、ピボットグラフの名前など) を入力します。

  3. [ツール バーとタイトル バー] セクションと [ナビゲーションと対話機能] セクションで、有効にするプロパティを 1 つ以上選びます。 プロパティを無効にする場合は、関連するチェック ボックスをオフにします。

変更を保存して Web パーツの編集モードを終了するには、Web パーツのツール ウィンドウの下部にある [OK] をクリックします。 または、表示モードでのブックの編集と表示を中止するには、[編集の終了] をクリックします。

これで、関連するブックの使用を構成した Web パーツがページに表示されます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×