ブックを Web ページとして保存する

ブック全体 (シート間を移動するためのタブを含む)、またはシート、範囲、グラフなど、ブックの一部を Web ページとして保存できます。なお、Web 上では、Excel データを表示することはできますが、修正することはできません。

注: Excel ブックを Web ページとして保存した場合、その Web ページを Excel で開けば、修正して保存することができます。ただしその場合、一部の Excel 機能を利用できません。また、元のブックと同じようには修正できないことがあります。したがって、元のブック (.xlsx) を "マスター" コピーとして使用し、修正作業はブック上で行い、修正完了後に Web ページとして保存することをお勧めします。

  1. 発行するデータを含んでいるブックを開くか、選択します。

    シートのデータの一部だけを Web ページとして保存するには、保存するデータを選択します。

  2. ファイル メニューの Web ページとして保存 をクリックします。

  3. 列ブラウザー を使用して保存先のフォルダーを特定し、フォルダーをダブルクリックします。

  4. 名前 ボックスに、ドキュメントの名前を入力します。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

保存対象

クリックする項目

ブック内の各シート

ブック

選択したシート

シート

シート上の選択したデータ

選択した範囲

  1. Web オプション をクリックし、各タブをクリックして Web ページに関するオプションを選択します。

    Web ページのタイトルの入力、検索キーワードの追加、リンクが更新されたときの制御、図の形式と解像度の設定、他の言語への文字エンコードの変更などを行うことができます。

  2. OK をクリックして、保存 をクリックします。

    注: 自動スケジュールを設定して Web ページにデータを保存するには、自動化 をクリックします。

関連項目

ブックを Web ページとして保存する場合の制限

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×