ブックを SharePoint サイトに発行する

Microsoft Excel 2010 では、ブックを Microsoft SharePoint Services 2010 サイトに発行することにより、他のユーザーは Excel がインストールされていないコンピューターでも Web ブラウザーを使用してブックのデータを表示できます。また、発行オプションの設定により、ブラウザーでブックの特定の部分を強調することもできます。この機能を活用すると、SharePoint ページに Excel のグラフを表示して、変化にすばやく対応してビジネス上の意思決定を行うために役立てることができます。

このトピックでは、Excel 2010 デスクトップ プログラムからブックを発行する方法について説明します。ブックまたはブックのデータを SharePoint ページ上の Excel Web Access Web パーツに接続する方法については説明しません。

Excel Web Access Web パーツの詳細については、「Excel Web Access Web パーツにブックを表示する」を参照してください。

SharePoint サーバーにブックを発行すると、ブックの内容全体がサーバーに保存されます。そのブックは、Excel デスクトップ プログラムで開いて、表示および編集できます。SharePoint サーバーに Office Web Apps が導入されている場合、Web ブラウザーでデータを表示したり編集したりする作業は、Excel デスクトップ プログラムで行う作業とほとんど変わりません。さらに、Office Web Apps が導入されている場合、ブラウザーのグリッド内でブックを同時に編集することもできます。ブラウザーでブックを表示したときに [ブラウザーで編集] ボタンが表示される場合は、Office Web Apps を使用できます。

[ブラウザーで編集] ボタン

詳細については、「Excel と Excel Services でのブックの使用の相違点」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ブックを準備する

ブックを発行する

ブックを準備する

ブックを発行する場合、[ブラウザーで編集] ボタンをクリックして編集を有効にする前に、([発行オプション] ダイアログ ボックスで) ブラウザーに表示されるワークシートやアイテムを選択することができます。ブラウザーに表示されるワークシートやアイテムを選択することはできますが、その場合でもブックの内容全体が SharePoint サーバーに保存されることに注意してください。

グラフ、ピボットテーブルなどのアイテムのほかに、ワークシート全体を 1 つのアイテムとして含める場合は、ワークシート全体を 1 つの名前付き範囲として定義します。ワークシート全体を選択し、次に名前付き範囲を定義します。これにより、発行の準備が整ったときに、この名前付き範囲が使用可能なアイテムとして [発行オプション] ダイアログ ボックスに表示されます。

ブラウザーでワークシートを表示している他のユーザーに対して、パラメーターを式に指定することを許可する場合は、セルを定義名として設定します。次に、[発行オプション] ダイアログ ボックスの [パラメーター] タブで、その定義名をパラメーターとして追加します。

たとえば、ブラウザー内のワークシートを示す次の図では、セル D2 に "金利" という定義名が設定されています。ブラウザーで、ユーザーが [パラメーター] ウィンドウ内のボックスに値「5.625」を入力して [適用] をクリックしました。これにより、この値がセル D2 に表示され、セル A2 の式でセル D2 の値が使用されます。式の結果が再計算され、セル A2 に "\115,131.00" と表示されます。

ブラウザーでパラメーターを使う

範囲を定義する方法については、Excel のヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

ブックを発行する

  1. [ファイル] タブをクリックし、[保存と送信] をクリックします。

  2. [SharePoint に保存] をクリックします。
    メモ    [SharePoint に保存] コマンドが使用できない場合は、[名前を付けて保存] コマンドを使用してブックを SharePoint サイトに保存できます。この場合、[発行オプション] ダイアログ ボックスは使用できません。また、ブックを SharePoint ライブラリから直接アップロードすることもできます。ユーザーは、ブックが保存されているサイトに直接移動することにより、ブックの内容をブラウザーで表示および編集できます。

    [名前を付けて保存] コマンド

  1. 個別のワークシートまたはアイテムを選択してブックに発行する場合は、[発行オプション] ボタンをクリックします。ブック全体を発行する場合は、手順 4. に進んでください。
    [表示] タブで、次の操作を行います。

    • ブラウザーでブック全体を表示するには、リスト ボックスの一覧の [ブック全体] をクリックします。

    • ブラウザーで特定のワークシートのみを表示するには、リスト ボックスの一覧の [シート] をクリックし、表示しないシートのチェック ボックスをオフにします。
      メモ   既定では、すべてのシートが選択されます。いくつかのチェック ボックスをオフにした後で、すべてのシートが表示されるようにすばやく設定するには、[すべてのシート] チェック ボックスをオンにします。

    • 名前付き範囲、グラフ、表、ピボットテーブルなどの特定のアイテムのみをブラウザーに表示するには、リスト ボックスの一覧の [ブック内のアイテム] をクリックし、表示するアイテムのチェック ボックスをオンにします。
      メモ 同じ名前のアイテム (グラフとその基になるデータ テーブルなど) を選択する場合、ブラウザーで使用できるのは、これらのアイテムのうちの 1 つのみです。すべてのアイテムを表示するには、ブック内のそれぞれの名前を一意にする必要があります。テーブルは [デザイン] タブの [プロパティ] で、ピボットテーブルは [オプション] タブの [ピボットテーブル] で、グラフとピボットグラフは [レイアウト] タブの [プロパティ] で、それぞれ名前を変更できます。名前を付けた範囲など重複したアイテムは、[数式] タブの [定義された名前] で名前を変更できます。
      ワークシートまたは項目の選択

    • [パラメーター] タブで、使用する定義名を追加し、ユーザーがブックをブラウザーで表示したときに編集可能にするセルを指定します。次に、[OK] をクリックし、ダイアログ ボックスを閉じます。
      パラメーターの設定

  2. ブックを発行する場所を選択します。
    [現在の場所]、[最近使用した場所]、または [場所] に保存済みのサーバーの場所が表示される場合は、それらから選択できます。それらの場所が表示されない場合、または新しい場所に保存する場合は、[場所] で [場所の参照] をダブルクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに SharePoint サイトの Web アドレスを入力し、ブックを保存するサイトまたはライブラリを指定します。

  4. 個別のワークシートまたはアイテムをまだ選択していない場合、またはパラメーターをまだ設定していない場合は、[発行オプション] ボタンをクリックします。

  5. [ファイル名] ボックスで、ブックに付けられた名前をそのまま使用するか、または必要に応じて新しい名前を入力します。

  6. 発行操作の完了直後にブックの内容をブラウザー ウィンドウに表示するには、[ブラウザー上の Excel で開く] チェック ボックスをオンにします。

  7. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×