ブックを開いたり変更したりするときにパスワードを要求する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

未承認のユーザーがブック ファイルを開いたり、変更したりすることを禁止できます。ファイルを開く権限がユーザーに与えられている場合でも禁止できます。

注意: ブックのパスワードを作成したら、それを書き留め、安全な場所に保管します。パスワードをなくした場合、パスワードで保護されているブックを開いたり、アクセスしたりできなくなります。

  1. 保護するシートまたはブックを開きます。

  2. [校閲] タブで、[シートの保護] または [ブックの保護] をクリックします。

    パスワード保護のボタン

  3. [パスワード] ボックスにパスワードを入力し、[確認] ボックスにパスワードをもう一度入力します。

  4. 他にも必要な保護オプションがあればそれを選択し、[OK] をクリックします。

  5. [保存] をクリックします。

    ヒント: パスワードを削除するには、[シート保護の解除] または [ブックの保護] をクリックし、パスワードを入力します。

ブックを開くときにパスワードを要求する

  1. 保護するブックを開きます。

  2. [校閲] タブの [保護] にある [パスワード] をクリックします。

    [校閲] タブの [保護] グループ

  3. [読み取りパスワード] ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

  4. [パスワードの確認] ダイアログ ボックスにパスワードをもう一度入力し、[OK] をクリックします。

  5. [保存[保存] ボタン をクリックします。

    ヒント: パスワードを解除するには、[読み取りパスワード] ボックスですべての内容を選んでから Delete キーを押します。

ブックを変更するときにパスワードを要求する

パスワードを追加し、承認されているユーザーのみがブックを変更できるようにすることができます。承認されていないユーザーでもブックを開き、別のファイル名を付けて保存できます。

注: ブック要素の保護 (ブックの構造やウィンドウの変更を禁止する) とは異なり、ブック レベルのパスワード セキュリティの場合、望まない変更からファイル全体を保護します。

  1. 保護するドキュメントを開きます。

  2. [校閲] タブの [保護] にある [パスワード] をクリックします。

  3. [書き込みパスワード] ボックスにパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

  4. [パスワードの確認] ダイアログ ボックスにパスワードをもう一度入力し、[OK] をクリックします。

  5. [保存[保存] ボタン をクリックします。

    ヒント: パスワードを解除するには、[書き込みパスワード] ボックスですべての内容を選んでから Delete キーを押します。

関連項目

シートを保護する

ブックを保護します。

ファイル コンテンツへのアクセスの制限

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×