ブックを開いたときにマクロを自動的に実行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

特定のブックを開いたときに、記録しておいたマクロを自動的に実行したい場合があります。 次の手順では、例を使って方法を説明します。 Excel の起動時にマクロを自動的に実行したい場合もあります。

作業を開始する前に、リボンに [開発] タブが表示されていることを確認します。表示されていない場合は、次の操作を行います。

  1. [ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

  2. [リボンのユーザー設定] の [メイン タブ] ボックスで、[開発] をチェックします。

  3. [OK] をクリックします。

ご自分のブック内で次の例を使用するには、月の日ごとにシートを作成し、各シート タブに適宜名前を付けてください。たとえば、3 月 1 日、3 月 2 日というように、3 月 31 日まで名前を付けます。ブックを開くと、マクロが自動的に実行され、現在の日付のタブが表示されます。

  1. [開発]、[Visual Basic] の順にクリックします。

[開発] タブの [コード] グループ

  1. [挿入]、[モジュール] の順にクリックします。

  2. モジュールの中に次のコードを挿入します。

    Private Sub Auto_Open()
    Dim vntToday As Variant
    vntToday = WorksheetFunction.Text(Date, "mmmm dd")
    On Error Resume Next
    Sheets(vntToday).Select
    If Err <> 0 Then
    MsgBox "Worksheet doesn't exist."
    Else
    Range("A1").Select
    End If
    End Sub

  3. Visual Basic を閉じます (何も保存する必要はありません)。

  4. Excel マクロ有効ブック (*xlsm) としてブックを保存して閉じます。

次にブックを開くと、現在の日付のタブが選択され、セル A1 にカーソルが配置されます。その日のワークシートが存在しない場合、「ワークシートが存在しない」という内容のメッセージが表示されます。

ヒント: 各月が訪れるごとに新しいブックを作成し、その新しいブック用にマクロを再度作成できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×