ブックを開いたときにマクロを自動的に実行する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

特定のブックを開いたときに自動的に実行する記録したマクロをする可能性があります。次の手順では、作業をする方法を表示するのに例を使用します。Excel の起動時に自動的にマクロを実行することもできます。

作業を開始する前に、リボンに[開発] タブが表示されることを確認します。詳細については、 [開発] タブを表示するを参照してください。

次の例を使用するのには、新しいブックを開きます。

重要: VBA コードできない完了できないため、ことを空白のブックでは、または既存のブックのコピーを上のコードをテストしてください。コード行わない場合すると、変更を保存せずブックを閉じることができます。

  1. [開発]、[Visual Basic] の順にクリックします。

    [開発] タブの [コード] グループ

  2. 左側にある [ VBA プロジェクト エクスプ ローラー ] で、ブックのVBA プロジェクトフォルダーを展開し、 ThisWorkbookモジュールをダブルクリックします。プロジェクト エクスプ ローラー] が表示されない場合は、ビューに移動できる >プロジェクト エクスプ ローラーまたはctrl キーを押しながら Rキーを押します。

    ThisWorkbook モジュールで Visual Basic Editor (VBE)
  3. モジュール ウィンドウで、右側に表示される、次のコードを挿入します。

    Private Sub Workbook_Open()
    ' Put your code here
    End Sub
  4. Sub "から" End Sub行間隔の Sub プロシージャで、[記録されたコードを貼り付けます。

    Visual Basic Editor (何も保存する必要はありません) を閉じます。

  5. としてブックを保存するexcel マクロ有効ブック (* xlsm)、して閉じます。

次に、ブックを開いたときWorkbook_Openプロシージャに追加したコードが自動的に実行されます。

作業を開始する前に、リボンに[開発] タブが表示されることを確認します。操作を行います。

  1. メニューの [ Excel ] をクリックして > [環境設定] >リボンとツールバー

  2. リボンのユーザー設定] カテゴリの [メイン タブ] ボックスの一覧で、[開発] チェック ボックスを選択します。

  3. [保存] をクリックします。

次の例を使用するのには、新しいブックを開きます。

重要: VBA コードできない完了できないため、ことを空白のブックでは、または既存のブックのコピーを上のコードをテストしてください。コード行わない場合すると、変更を保存せずブックを閉じることができます。

  1. [開発]、[Visual Basic] の順にクリックします。

  2. 左側にある [ VBA プロジェクト エクスプ ローラー ] で、ブックのVBA プロジェクトフォルダーを展開し、 ThisWorkbookモジュールをダブルクリックします。

  3. モジュール ウィンドウで、右側に表示される、次のコードを挿入します。

    Private Sub Workbook_Open()
    ' Put your code here
    End Sub
  4. Sub "から" End Sub行間隔の Sub プロシージャで、[記録されたコードを貼り付けます。

    Visual Basic Editor (何も保存する必要はありません) を閉じます。

  5. としてブックを保存するexcel マクロ有効ブック (* xlsm)、して閉じます。

次に、ブックを開いたときWorkbook_Openプロシージャに追加したコードが自動的に実行されます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×