ブックにはユーザー フォームまたはクラス モジュールが含まれています

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

開いているブックには、そのブックに関連付けられた VBA プロジェクトのユーザー フォームまたはクラス モジュールが含まれています。ユーザー フォームおよびクラス モジュールには、安全でない可能性のあるマクロが含まれている場合があるので、セキュリティ上の問題が生じる可能性があります。

マクロのセキュリティ レベルが [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] または [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする] に設定されている場合は、VBA プロジェクトをブックから削除するオプションがあります。ブックの作成元が信頼できる場合のみ、VBA プロジェクトの保持を選択します。VBA プロジェクトをブックから削除するオプションを選択した場合は、VBA プロジェクトは単に無効にされるのではなく、ブックから実際に削除されます。

マクロのセキュリティ レベルが [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] に設定されている場合は、VBA プロジェクトはブックから自動的に削除されます。ブックの作成元が信頼でき、その VBA プロジェクトを保持したい場合は、変更を保存せずにブックを閉じます。次に、マクロのセキュリティ レベルを [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] に設定し、ブックを再び開くと、VBA プロジェクトを保持するか削除するかの確認メッセージが表示されます。

セキュリティ レベルを [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] に設定することは避けてください。

Excel でマクロのセキュリティ設定を変更するには、次の操作を行います。

  1. [開発] タブの [コード] で、[マクロのセキュリティ] をクリックします。

    [開発] タブの [コード] グループ

  2. [マクロの設定] カテゴリの [マクロの設定] で、[すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] をクリックし、[OK] をクリックします。

注: 危険なコードが実行される可能性を低くするため、マクロの使用が完了したら、すべてのマクロを無効にする設定に戻すことをお勧めします。

注: この警告メッセージは、マクロのセキュリティ レベルが、すべてのマクロを無効にするオプションである場合のみ表示されます。セキュリティ レベルが [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] であるか、[VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する] チェック ボックスがオンの場合は、Excel は VBA プロジェクトを保持し、ブックが開くと VBA プロジェクトを読み込みます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×