ブックでクエリを表示、管理する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query クエリは Excel の [ブック クエリ] ウィンドウで管理できます。

作業の開始

Excel ブックに非常に多くのクエリがあり、必要なクエリを見つけるためにブックのシートを何枚も操作することが煩わしい場合に特に役に立ちます。[ブック クエリ] ウィンドウでは、クエリの編集、複製、参照、マージ、追加、共有、削除など、ブック クエリに関する他の操作を実行することもできます。

ブックでクエリを表示して管理するには:

  1. クエリが含まれている Excel ブックを開きます。

  2. ブックのクエリを共有する場合は、Power BI にサインインします。 クエリを共有しない場合は、このステップをスキップして、次のステップに進んでください。 Power BI にサインインするには、[POWER QUERY] タブで [サインイン] をクリックします。 [サインイン] ダイアログ ボックスで、[サインイン] をクリックし、Power BI のサインアップに使用した組織のアカウント情報を入力します。

  3. [POWER QUERY] タブの [クエリの管理] セクションで、[ブック] を選びます。

  4. [ブック クエリ] ウィンドウにブック内のすべてのクエリが表示されます。 最新のクエリが一覧の一番上に表示される形で、クエリは共有された日時または最後に変更された日時で並べ替えられます。

  5. クエリ名をクリックすると、ブック内の各クエリによって参照されるデータが表示されます。

  6. [ブック クエリ] ウィンドウでは、次の 2 つのどちらかの方法でクエリに対するさまざまな操作を実行できます。

    1. [ブック クエリ] ウィンドウでクエリを右クリックして、コンテキスト メニューから適切なオプションを選びます。コンテキスト メニューで、次のことができます。

      [ブック クエリ] のコンテキスト メニュー
    2. [ブック クエリ] ウィンドウでクエリ名をマウスでポイントして、プレビューのフライアウト画面で適切なオプションを選びます。[複製]、[参照]、[マージ]、[追加]、[プロパティ] オプションは、プレビュー フライアウト画面の [データ カタログに送信] オプションの横にある省略記号 ([]) をクリックすると表示されるポップアップ メニューで使用できます。

      ブック クエリを管理する

  7. ブック クエリに関しては、次の操作を実行できます。

    • [編集]: [クエリ エディター] で クエリを編集します。

    • [複製]: クエリの特定時点のコピーを作成します。 既定では、新しいクエリの名前は、元のクエリの名前にかっこで囲まれた整数が追加されます。この値は元のクエリを複製するたびに自動的に 1 ずつ増えます。 たとえば、[Query1] を複製した場合、同じクエリ ステップで作成した新しいクエリには、[Query1 (2)] という名前が付けられます。 新しいクエリの名前は、簡単に区別できるように変更できます。 その後、元のクエリを変更しても、新しいクエリは影響を受けません。

    • [参照]: 元のクエリの出力を参照する新しいクエリを作成します。 新しいクエリは、クエリの複製と同様の規則に従って名前が付けられます。 新しいクエリの名前は、簡単に区別できるように変更できます。 その後、元のクエリを変更した場合、出力が変化すると、新しいクエリも影響を受けます。

    • [削除]: クエリを削除します。

    • [マージ] と [追加]: ブック内の他のクエリと列が一致するクエリで、列のマージと追加を行います。Power Query でのクエリのマージと追加の詳細については、「複数のクエリを結合する」を参照してください。

    • [データ カタログに送信]: クエリを共有します。 詳細については、「クエリを共有する」を参照してください。 このオプションは、Power BI にサインインした場合にのみ使用できます。

    • [グループに移動]: 新しいグループを作成するか、クエリをグループに移動します。

    • [プロパティ]: 名前と説明を編集します。

関連トピック

Power BI for Office 365 でのデータ管理の操作環境のヘルプ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×