フロントエンド サーバーのプロパティ : [電話会議]

このタブを使用して、電話会議プロバイダ (ACP) 統合のリッスン アドレスとリッスン ポートを構成します。

注: ただし、同一通話内でのボイス オーバー IP (VoIP) と公衆交換電話網 (PSTN) のミックスはサポートされていません。

[設定]

フロントエンド サーバーがテレフォニー会議に関連するメッセージを受信する IP アドレスおよびポートです。

[IP アドレス]

フロントエンド サーバーのテレフォニー会議コンポーネントに関連付けられた IP アドレスです。既定値は [すべて] です。この値の使用は、環境内の IP アドレスが動的に割り当てられる場合や、IP アドレスの代わりに完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用してサーバーが参照される場合に推奨されます。特定の 1 つの IP アドレスを使用してサーバーを参照するには、[IP アドレス] をクリックして、使用する IP アドレスをクリックします。

[SIP リッスン ポート]

フロントエンド サーバーのテレフォニー会議コンポーネントがセッション開始プロトコル (SIP) シグナリング メッセージを受信するポートです。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

フロントエンド サーバーのテレフォニー会議コンポーネントを使用すると、PSTN の電話ユーザーが音声用のサードパーティ電話会議プロバイダを使用するマルチパーティ会議を管理できます。インストール時に、フロントエンド サーバーはテレフォニー会議コンポーネントの既定の設定で構成されます。設定を変更する場合は、選択する設定が、同じコンピュータで実行されている他の Office Communications Server コンポーネントの設定と競合しないようにしてください。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×