フリーフォームと曲線の描画について

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[図形描画] ツールバーの [オートシェイプ] メニューにはいくつかの描画ツールが用意されています。[線] のツールには、[曲線]、[フリーハンド]、および [フリーフォーム] ツールがあり、直線、曲線、直線と曲線を組み合わせた図形などを描くことができます。

フリーハンド

ペンで描画したようなオブジェクトを作成します。画面上でツールをドラッグすると、その軌跡とほぼ同じ図形が作成されます。

[フリーハンド] ツールで描画したオブジェクト

フリーフォーム

ギザギザがない線や、任意の方向に向いた複数の頂点がある図など、より精密な図形を描くことができます。

[フリーフォーム] ツールで描画したオブジェクト

曲線

複雑で精密な曲線を作成します。

曲線ツールで描画されたオブジェクト


注: フリーフォームや曲線は、オートシェイプと同じように色やパターンを追加したり、線のスタイルを変更したり、回転および反転することができます。ただし、テキストを追加したり、オートシェイプに変換することはできません。

追加情報

フリー フォームを追加またはフリーハンド

曲線を追加します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×