フラッシュ フィルを有効にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フラッシュ フィルは、パターンを検知したときに自動的にデータを入力する機能で、既定で有効になっています。しかし、期待どおりに機能しない場合に、フラッシュ フィルが有効になっているかどうかを確認する方法を紹介します。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックし、[自動的にフラッシュ フィルを行う] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    フラッシュ フィルがオフになっている場合に有効にするオプション

  3. [OK] をクリックし、ブックを再起動します。

フラッシュ フィルを手動で起動する

フラッシュ フィルが有効になっていても、パターンに一致するデータを入力するときに自動的に起動しない場合、[データ]、[フラッシュ フィル] の順にクリックするか、Ctrl キーを押しながら E キーを押して手動で起動してみることができます。

リボンのフラッシュ フィル オプション

フラッシュ フィルの使用方法の詳細については、このトレーニング コースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×