フラッシュ フィルを有効にする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フラッシュ フィルは、パターンを検知したときに自動的にデータを入力する機能で、既定で有効になっています。しかし、期待どおりに機能しない場合に、フラッシュ フィルが有効になっているかどうかを確認する方法を紹介します。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックし、[自動的にフラッシュ フィルを行う] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    フラッシュ フィルがオフになっている場合に有効にするオプション

  3. [OK] をクリックし、ブックを再起動します。

フラッシュ フィルを手動で起動する

フラッシュ フィルが有効になっていても、パターンに一致するデータを入力するときに自動的に起動しない場合、[データ]、[フラッシュ フィル] の順にクリックするか、Ctrl キーを押しながら E キーを押して手動で起動してみることができます。

リボンのフラッシュ フィル オプション

フラッシュ フィルの使用について詳しく調べたい場合は、このトレーニング コースをご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×