フラグに色を追加する

Outlook では、フラグに関連付けられていない色をデザインします。フラグが設定されたアイテムを関連付ける、色をフラグが設定されたアイテムに、 色分類項目を割り当てる必要があります。重要] など、特定の条件のフラグが設定されているアイテムに色を割り当てるには、アイテムをその条件に対して作成した色分け類項目に関連付けます。たとえば、重要なタスクと呼ばれる色分け類項目を作成し、赤の色を関連付けるできます。重要なタスクとしてフラグが設定されたアイテムに色分け類項目を割り当てることができます。

割り当てられた分類項目の色は、受信トレイ、または他のテーブルビューで [フラグ] 列の横に表示されるので、フラグが設定され、分類されたアイテムをすばやく見つけることができます。

新しい色分類項目を作成する

既存の色分類項目にフラグを関連付ける場合を除き、最初に目的に合った色分類項目を作成し、その色分類項目にわかりやすい名前と色を設定します。次に、フラグの設定されたアイテムに分類項目を割り当てます。

  1. ツール バーで、[分類] ボタンの画像 をクリックします。

  2. すべての分類項目をクリックします。 色分類項目メニュー

    注: すべての分類項目] コマンドが表示されない場合は、展開ボタン ボタンの画像 をクリックします。

  3. [新規作成] をクリックします。

    [新しい分類項目の追加] ダイアログ ボックス

  4. [名前] ボックスに、新しい色分類項目の名前を入力します。

  5. [] の一覧で色を選択し、[OK] をクリックします。

    オプションで、[ショートカット キー] の一覧からキーボード ショートカットを選択できます。

フラグの設定されたアイテムに色分類項目を割り当てる

  1. 任意のメール ビューまたは連絡先ビューで、フラグの設定されたアイテムを選択します。

  2. ツール バーで、[分類] ボタンの画像 をクリックします。

  3. [分類] メニューで、アイテムに関連付ける色分類項目をクリックします。

  4. メニューに色分類項目が表示されない場合は、[すべての分類項目] をクリックします。

    注: すべての分類項目] コマンドが表示されない場合は、展開ボタン ボタンの画像 をクリックします。

  5. アイテムに関連付ける色分類項目の横にあるチェック ボックスをオンにします。

  6. [OK] をクリックします。

色分類項目を割り当てるアイテムごとに色が表示され、受信トレイの列に表示されるので、すばやく検索することができます。既定では、[フラグ] 列の横に [分類項目] が表示されます。

色分類項目を使用してアイテムを識別する

色分類項目は、さまざまな方法でアイテムを表し、それらを結びつけるために強化されました。電子メール メッセージや連絡先だけではなく、Outlook のすべてのアイテムに色分類項目を割り当てることができます。アイテムを分類すると、Outlook 全体にわたってそのアイテムを管理し、整理することができます。クイック クリック分類項目を使用すると、受信トレイまたは他の表形式ビューで 1 回クリックするだけで、既定の色分類項目を割り当てることができます。

1 回のクリックでクイック クリック分類項目が設定されます

色分類項目の色は、より目立つように、[フラグ] 列の横にある [分類項目] 列に表示されます。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×