フォールト ツリー解析図を作成する

通常、フォールト ツリー解析図は、失敗につながる可能性のある事象を図式化し、その失敗を防ぐことを目的としています。フォールト ツリー解析図は、シックス シグマ プロセス、特にシックス シグマによるビジネス改善プロセスの分析段階で広く使用されています。

まず、頂上事象 (失敗) を定義します。次に、事象図形とゲート図形を使用して、失敗につながる可能性があるプロセスを上から下へ順に示します。図が完成したら、その図を基に、失敗の原因を排除する方法を見つけ、それらの失敗を防止するための適切な対処方法を検討します。

Fault tree analysis diagram

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントします。次に、[ビジネス] をポイントし、[フォールト ツリー解析図] をクリックします。

  2. [フォールト ツリー解析図] から [事象] 図形を図面ページの最上部にドラッグします。

  3. [排他的論理和 (XOR) ゲート] などのゲート図形をドラッグし、最初の事象図形のすぐ下に配置します。

  4. さらに、その他の事象図形とゲート図形をページ上にドラッグし、上から下へ順に配置して、最上位の事象図形が表す失敗の潜在的な原因を示します。

  5. 図形を接続します。

    1. ステンシルから図面ページに図形をドラッグして、それを別の図形の近くに配置します。

      別の図形付近に配置した図形

    2. マウス ボタンを押したまま、ポインタをいずれかの青い三角形の上に移動します。三角形が濃い青に変わります。

      青い三角形の 1 つの上にポインターがあり、三角形が濃い青色になります。

    3. マウス ボタンを離します。図形は図面ページに配置され、コネクタが両方の図形に追加されて接着されます。

      The shape is placed on the drawing page, and a connector is added and glued to both shapes.

  6. 図形にテキストを追加するには、図形を選択し、テキストを入力します。入力が終了したら、テキスト ブロックの外側をクリックします。

    注記: 

    1. テキストを編集するには、図形をダブルクリックし、テキストを変更する場所にカーソルを置き、テキストを入力します。

    2. 関連文書や説明文書へのハイパーリンクを図形に追加するには、図形を選択して、[挿入] メニューの [ハイパーリンク] をクリックします。

    3. 複数の図形を左右または上下で整列するには、整列する図形をすべて選択し、[図形] メニューの [図形の整列] をクリックします。

    4. 3 つ以上の図形の間隔を揃えるには、間隔を揃える図形をすべて選択し、[図形] メニューの [図形の間隔揃え] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×