フォーム ユーザーを作成する Word で入力またはプリント for Mac

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word でフォームを作成するには、テンプレートまたは新しい空白の文書から始め、チェック ボックス、テキスト ボックス、コンボ ボックスなどのコンテンツ コントロールを追加します。 他のユーザーは、Word を使用してフォームに入力し、必要に応じてプリントすることができます。

テキスト ボックスでは、ユーザーは文字列を入力できます。 コンボ ボックスでは、指定された選択肢の一覧から選ぶか、独自の情報を入力することができます。

手順 1: [開発] タブを表示する

  1. [Word] メニューの [環境設定] を選びます。

  2. [作成および校正ツール] で [表示] をクリックします。

  3. [リボン] の [[開発] タブの表示] チェック ボックスをオンにします。

手順 2: テンプレートを開くか、空白の文書を使用します。

空白の文書から始め、独自のフォームを作成できます。 または、時間を短縮するために、フォーム テンプレートから始めることができます。

  1. [ファイル] メニューの [テンプレートから新規作成] をクリックします。

  2. [検索] ボックスに「フォーム」と入力します。

  3. 使用するテンプレートをダブルクリックします。

手順 3: フォームにコンテンツを追加する

  1. 文書内で、コンテンツ コントロールを追加する位置をクリックします。

  2. [開発] タブで、[テキスト ボックス]、[チェック ボックス]、[コンボ ボックス] のいずれかをクリックします。

  3. コントロールの特定のプロパティを設定するには、[オプション] をクリックし、目的のプロパティを構成します。

    注: コンボ ボックス内のドロップダウン アイテムの一覧を作成するには、コンボ ボックス プレースホルダーを選び、[オプション] をクリックします。次に、ドロップダウン リストに表示するアイテムを追加します。

  4. 追加するコントロールごとに、手順 1~3 を繰り返します。

手順 4: テキスト ボックス (省略可能) 操作方法のテキストを追加します。

テキスト ボックスに操作を指示する文字列 ("名を入力" など) を含めると、フォームが使いやすいものになります。 既定では、テキスト ボックスには文字列が表示されませんが、追加することができます。

  1. 操作を指示する文字列を追加するテキスト ボックス コントロールをクリックします。

  2. [開発] タブで、[オプション] をクリックします。

  3. [既定の文字列] ボックスに、操作を指示する文字列を入力します。

  4. [書き込み可能にする] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

手順 5: フォームを保護します。

  1. [開発] タブで、[フォームの保護] をクリックします。

    注: フォームの保護を解除し、編集を続けるには、[フォームの保護] をもう一度クリックします。

  2. フォームを保存して閉じます。

手順 6: フォームをテストする (オプション)

必要に応じて、配布する前にフォームをテストすることができます。

  1. フォームを保護します。

  2. フォームをもう一度開き、ユーザーと同じように入力し、コピーを保存します。

手順 1: [開発] タブを表示する

  1. リボンの右側にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[リボンの環境設定] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] の [開発] チェック ボックスをオンにします。

手順 2: フォームの基になるテンプレートまたは文書を開く

空白の文書から始め、独自のフォームを作成できます。 または、時間を短縮するために、フォーム テンプレートから始めることができます。

  1. [ファイル] メニューの [テンプレートから新規作成] をクリックします。

  2. 左ウィンドウ枠で、[オンライン テンプレート] を展開し、[フォーム] をクリックします。

  3. 使用するフォーム テンプレートをダブルクリックします。

手順 3: フォームにコンテンツ コントロールを追加する

  1. 文書内で、コントロールを追加する位置をクリックします。

  2. [開発] タブの [フォーム コントロール] で、[テキスト ボックス]、[チェック ボックス]、または [コンボ ボックス] をクリックします。

  3. コントロールの特定のプロパティを設定するには、[オプション] をクリックし、目的のプロパティを構成します。

    注: コンボ ボックス内のドロップダウン アイテムの一覧を作成するには、コンボ ボックス プレースホルダーを選び、[オプション] をクリックします。次に、ドロップダウン リストに表示するアイテムを追加します。

  4. 追加するコントロールごとに、手順 1~3 を繰り返します。

手順 4: (省略可能) 操作方法のテキストを追加します。

テキスト ボックスに操作を指示する文字列 ("名を入力" など) を含めると、フォームが使いやすいものになります。 既定では、テキスト ボックスには文字列が表示されませんが、追加することができます。

  1. 操作を指示する文字列を追加するテキスト ボックス コントロールをクリックします。

  2. [開発] タブの [フォーム コントロール] で [オプション] をクリックします。

  3. [既定の文字列] ボックスに、操作を指示する文字列を入力します。

  4. [書き込み可能にする] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリックします。

手順 5: フォームを保護します。

  1. [開発] タブの [フォーム コントロール] で [フォームの保護] をクリックします。

    注: フォームの保護を解除し、編集を続けるには、[フォームの保護] をもう一度クリックします。

  2. フォームを保存して閉じます。

手順 6: フォームをテストする (オプション)

必要に応じて、配布する前にフォームをテストすることができます。

  1. フォームを保護します。

  2. フォームをもう一度開き、ユーザーと同じように入力し、コピーを保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×