フォーム データを電子メール メッセージで送信する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

セカンダリを追加することにより、ユーザーは電子メール メッセージではフォーム データを送信するのには、フォーム テンプレートへのデータ接続を送信します。静的な値、フォーム、またはフォームに送信される電子メール アドレスを指定するための数式には、電子メール メッセージの件名、およびフォームの名前のデータに基づいて値を使用することができます。または、メッセージに添付ファイルとして電子メール メッセージの本文に表示するフォームを挿入するかどうかも指定できます。

電子メール メッセージに添付ファイルに含まれる、フォームにフォーム テンプレートを構成する場合は、電子メール メッセージにフォーム テンプレートを添付することもできます。フォームおよびフォーム テンプレートを含む電子メール メッセージに添付ファイルとして、自分のコンピューターにキャッシュされているフォーム テンプレートがない場合でも、電子メールの受信者が、Microsoft Office InfoPath でフォームを開くことができることを確認できます。受信者に添付ファイルを開くために、自分のコンピューターにインストールされている InfoPath が必要です。

ユーザーは、電子メール メッセージでフォーム データを送信するときに InfoPath フォームのデータを含む電子メール メッセージを作成し、データ接続を作成するときに、指定した電子メールの受信者にメッセージを送信します。完成したフォームを受け取るユーザーは、 Microsoft Office Outlook 2007を使用して場合、受信トレイのすべての InfoPath フォームを受信し、Outlook で列内のフォームにデータを表示するには、そのフォルダーを設定することを格納するためにフォルダーを追加できます。

データの送信接続を追加した後には、ユーザーがフォーム データを送信できるようにするフォーム テンプレートを構成します。その結果、ユーザーは、フォームを開くときに自動的に追加送信] ボタンには、[標準] ツールバーと[ファイル] メニューの [送信] コマンド。次の方法でフォーム テンプレートの送信オプションをカスタマイズすることもできます。

  • [標準] ツールバーの [送信] ボタンと[ファイル] メニューの [送信] に表示されているテキストを変更します。

  • [標準] ツールバーの [送信] ボタンと[ファイル] メニューの [送信] コマンドのキーボード ショートカットを変更します。

  • そのフォームを送信したときに、ユーザーに表示するユーザー設定のメッセージを作成します。

  • フォームを開いたまま、フォームを閉じるかどうかを指定するか、ユーザーがフォームを送信した後、新しい空白のフォームを開きます。

ページの先頭へ

データの送信接続を追加します。

  1. [ツール] メニューで、 [送信オプション] をクリックします。

  2. 送信オプション] ダイアログ ボックスでは、このフォームを送信するユーザーを許可する]チェック ボックスを選択します。

  3. フォーム データを 1 つの宛先に送信] をクリックし、一覧で、[電子メール] をクリックします。

  4. [追加] をクリックします。

  5. 適切なボックスに、データ接続ウィザードでは、受信者、件名に電子メール メッセージを表示して、必要な概要を説明したテキストの電子メール アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。

    ヒント: フィールドを指定したり、各ボックスの [概要] ボックス以外の値を作成するのには、数式を使用できます。

    方法

    1. 数式を挿入する 数式ボタン をクリックします。

    2. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

      • 数式内のフィールドを使用するには、フィールドの挿入またはグループをクリックし、[フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、使用するフィールドをクリックし、[ OK] をクリックします。

      • 数式で関数を使用するには、関数の挿入] をクリックし、[関数の挿入] ダイアログ ボックスで、使用する関数を選択し、[ OK] をクリックします。

        ヒント: 関数にパラメーターが必要な場合は、関数の挿入] ダイアログ ボックスでは、関数を選択、 [OK] をクリックして数式の挿入] ダイアログ ボックスの [数式] ボックスで、追加した関数をダブルクリックしてフィールドをクリックして、またはグループです。「参照」セクションで、関数に関する詳細情報へリンクを検索します。

      • 値または算術演算子を数式に挿入するには、[] ボックスで算術演算の記号または値を入力します。

    演算

    記号

    追加

    +

    減算します。

    -

    積を求める

    *

    除算します。

    /

    • 注: 数式では、除算 (/) 演算子を使用する場合は、除算演算子の前後にスペースが認識があることを確認します。除算演算子には前に、のスペースがないし、後 InfoPath が内容を理解する場合は、「/」XPath 場所手順の区切り記号としてではなく除算演算子。

    • [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、正しい構文の数式を確認するには、数式の確認をクリックします。

      参照」セクションで、数式に関する詳細情報へリンクを検索します。

  6. ウィザードの次のページで、次のいずれかの操作を行います。

    1. 電子メール メッセージの本文にフォームを表示するには、 [アクティブ] ビューのフォームとなしの添付ファイルのみを送信をクリックします。

    2. フォーム データを電子メール メッセージに添付ファイルとして送信] を [フォームのデータを添付ファイルとして送信] をクリックして、ユーザーがフォームを開くことができないフォーム テンプレートを添付する] チェック ボックスをオンおよび添付ファイルの名前にフォームの名前を入力し、ボックス。フィールドを指定したり、数式を使用して、各フォーム名が一意であることを確認できます。

      方法

      1. 数式を挿入する 数式ボタン をクリックします。

      2. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

        • 数式内のフィールドを使用するには、フィールドの挿入またはグループをクリックし、[フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、使用するフィールドをクリックし、[ OK] をクリックします。

        • 数式で関数を使用するには、関数の挿入] をクリックし、[関数の挿入] ダイアログ ボックスで、使用する関数を選択し、[ OK] をクリックします。

          ヒント: 関数にパラメーターが必要な場合は、関数の挿入] ダイアログ ボックスでは、関数を選択、 [OK] をクリックして数式の挿入] ダイアログ ボックスの [数式] ボックスで、追加した関数をダブルクリックしてフィールドをクリックして、またはグループです。「参照」セクションで、関数に関する詳細情報へリンクを検索します。

        • 値または算術演算子を数式に挿入するには、[] ボックスで算術演算の記号または値を入力します。

      演算

      記号

      追加

      +

      減算します。

      -

      積を求める

      *

      除算します。

      /

      • 注: 数式では、除算 (/) 演算子を使用する場合は、除算演算子の前後にスペースが認識があることを確認します。除算演算子には前に、のスペースがないし、後 InfoPath が内容を理解する場合は、「/」XPath 場所手順の区切り記号としてではなく除算演算子。

      • [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、正しい構文の数式を確認するには、数式の確認をクリックします。

        参照」セクションで、数式に関する詳細情報へリンクを検索します。

      注: フォーム データを受信するメール メッセージの添付ファイルとしてユーザーには、添付ファイルを開くには、自分のコンピューターにインストールされている InfoPath 必要があります。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. このデータ接続の名前を入力] ボックスに、ウィザードの次のページでは、次のわかりやすい名前を入力は、データ接続を送信します。

  9. [概要] セクションで、情報が正しいことを確認し、[完了] をクリックします。

    1. [標準] ツールバーで、ユーザーがフォームに入力するときに、[ファイル] メニューに表示されている [送信] コマンドが表示される [送信] ボタンの名前を変更するには、送信で図表番号] ボックスに新しい名前を入力します。オプション] ダイアログ ボックス。

      ヒント: このボタンおよびコマンドにキーボード ショートカットを割り当てる場合は、入力のアンパサンド (&) は、キーボード ショートカットとして使用する文字の前にします。たとえば、として送信] ボタンとコマンドのキーボード ショートカットは、alt キーを押しながら B を割り当てるSu & 送を入力します。

  10. ユーザーがフォームに入力するときに、[標準] ツールバーに [送信] コマンド、または [送信] ボタンを使用したくない場合、送信メニューおよびツールバーの [送信] ボタンを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    1. 既定では、ユーザーが、フォームを送信した後、InfoPath がフォームを開いたままにして、フォームが正常に送信されたかどうかを示すメッセージが表示されます。この既定の動作を変更するには、するには、[詳細設定] をクリックして、次のいずれかの操作を行います。

      • フォームを閉じるか、ユーザーが完成したフォームを送信した後、新しい空白のフォームを作成するするには、後の送信] ボックスの一覧で必要なオプションをクリックします。

      • 示すフォームが正常に送信されたかどうかのユーザー設定のメッセージを作成するには、[ユーザー設定のメッセージを使用する] チェック ボックスを選択し、成功失敗した場合のボックスに、メッセージを入力します。

        ヒント: [失敗] ボックスにメッセージを使用して、ユーザーに通知がフォームを送信することができない場合。たとえば、ユーザーがそのフォームを保存して、詳しい情報について問い合わせてを提案することができます。

      • ユーザーがフォームを送信した後にメッセージを表示したくない成功メッセージとエラー メッセージを表示する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×