フォーム データを送信および保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

送信データ接続を追加すると、ユーザーは、フォームに入力した情報を作業終了後に指定のデータ ソースに送信することができます。 これにより、同僚に今度のパーティでどのようなランチを希望するかをたずね、その結果を電子メールで受け取る社内投票のような簡単なフォームや、ローン申請のための情報を集め、そのデータを SharePoint サーバーに送信するような複雑なフォームをデザインすることができます。

この記事の内容

[バージョン情報の送信データ接続

データ接続の種類を送信します。

外部データを送信する接続を追加します。

電子メール

SharePoint ライブラリ

Web サービス (SOAP)

ホスティング環境では、ASP.NET ページなど、ホスト アプリケーション

SharePoint 接続ライブラリ

作成してデータを SharePoint データ接続ライブラリで定義されている接続を送信します。

送信オプションを構成します。

送信データ接続について

ユーザーは、フォームへの入力を終了すると、フォームを送信します。 その時点で、データは送信データ接続を通して送信され、SharePoint フォーム ライブラリなどの外部データ ソースに保存されます。 このことは、フォームの保存操作とは異なります。 たとえば、フォーム作成者がフォームを保存すると、Word 文書を保存するときのように、そのフォームの開発進捗が保存され、後で作業を続行できます。 同様に、ユーザーがフォームに入力する場合も、後でフォームでの作業を再開できるように、入力進捗が保存された状態でフォームを保存できます。 入力作業が終了したときにフォームを保存した場合でも、そのフォームの送信は必要です。

Web サービスまたは SharePoint リストに基づいて新しいフォームをデザインする場合、その初期データ接続がフォームの既定のプライマリ送信データ接続になります。 InfoPath ではプライマリ データ接続のデータ フィールドの構造がミラーリングされるため、フォームの送信時にそれらのフィールドに格納される値を設定できます。 また、フォームを最初から作成し、データ接続に基づかないフォーム テンプレートに送信データ接続を追加したり、既に送信データ接続が存在する場合にさらに別のデータ接続を追加したりすることもできます。

ほとんどのフォームは 1 つの送信データ接続を使用し、フォーム内のすべてのデータをその接続に送信するように構成されますが、複数の送信データ接続を使用して、ルールやカスタム コードによってどのフィールドをどのデータ ソースに送信するかを制御することもできます。 たとえば、入力済みのフォームを Web サービスに送信するだけでなく、電子メール メッセージでも送信できるようにフォームを構成できます。

データ接続の概要については、データ接続の概要を参照してください。

フォームは、指定したルールに基づいて送信されます。 ボタンに送信ルールを追加して、ユーザーが [送信] をクリックしたときにフォームが送信されるようにすることができます。また、ユーザーがフォームに入力しているときに発生する他のイベントを基準にしたルールを作成することもできます。

[仕分けルールのアクションとデータを送信アクションの詳細については、その他の操作を実行するためのルールの追加を参照してください。

ページの先頭へ

送信データ接続の種類

作成できる送信データ接続の種類は、次のとおりです。

注: リモートのデータ ソースへのデータを送信する送信のデータ接続を追加するには、データ ソースとアクセス権限を管理者からの位置する必要があります。

  • Web サービス (SOAP)   Web サービスでは、SOAP (簡易オブジェクト アクセス プロトコル) web サービスに送信するデータ接続を送信します。SOAP とは、Web サービスとの通信に使われる XML メッセージを定義する通信プロトコルです。Web サービスの接続を使用してデータを送信すると、InfoPath を調べ、どのようなデータが Web サービスに必要なその情報に基づいてでフィールドを指定することが、フォームは、Web サービスにデータを送信する必要があります。

  • SharePoint ライブラリの接続   このオプションは、SharePoint ドキュメント ライブラリにドキュメントとしてデータを送信する InfoPath フォームを使用します。

  • メール メッセージ   これにより、InfoPath 電子メール メッセージ内のフォームの応答を送信できます。サイズの大きな応答が、フォームの回答を受信するための担当するユーザー対応できないが、小規模なフォームの展開に便利です。

  • ホスティング環境では、ASP.NET ページなどのホスト アプリケーション   これは、実際にデータを送信しないが、アプリケーションまたはフォームをホストしている ASP.NET のページのイベントが発生する高度な送信オプションです。これは、ホスト、フォーム、 FormControlクラスを使用している Visual Studio で Windows アプリケーションを作成するとき、またはXMLFormViewクラスを使用してフォームをホストしている ASP .NET ページの作成に使用されます。この送信の種類は SharePoint Workspace のフォーム ツールを作成するときにも使われます。

  • Web サーバー (HTTP)   Web サーバー (HTTP)] オプションは、 [送信オプション] をクリックして [データ] タブの [フォームの送信] で、アクセスできます。これにより、指定された URL に HTTP ポストの本文として全体のフォームを送信するデータ接続を作成することができます。ASP.NET アプリケーション、CGI スクリプト、ISAPI を使用するアプリケーションなど、Web サーバー上のアプリケーションは、リンク先 URL できます。

    注: フォームには、Web サーバー上のアプリケーションにデータを送信するデータ接続を 1 つだけ設定できます。

ページの先頭へ

外部データを送信するための接続を追加する

送信データ接続は、次の 2 とおりの方法で追加できます。

  • [データ] タブの [フォームの送信] で、追加するデータ ソースの種類に対応するボタンをクリックします。

  • [データ] タブの [外部データの取り込み] グループで [データ接続] をクリックし、次の操作を行います。

  • [追加] をクリックします。

  • [データの送信] をクリックします。

  • [次へ] をクリックします。

  • 目的のデータ ソースをクリックし、もう一度 [次へ] をクリックします。

どの方法で送信データ接続を追加するかに関係なく、その後、次に示す適切なオプションに進みます。

送信データ接続を設定する場合は、関数や数式を使用することができます多くの場合。関数と InfoPath で数式の詳細については、数式の追加と InfoPath 2010 の関数を参照してください。

電子メール

  1. フォームの送信先にする 1 つ以上の電子メール アドレスを [宛先] ボックスに入力します。

フォーム データを送信および保存する

  1. フォームを他の人に CC または BCC で送信する場合は、対象の電子メール アドレスを [CC] ボックスおよび [BCC] ボックスに入力します。

  2. フォームの返信の件名を [件名] ボックスに入力します。

  3. フォームの受信者に向けた説明を [序文] ボックスに入力します。

  4. [次へ] をクリックします。

  5. ユーザーがフォームへの入力を終了した後にフォームをどのように送信するかを選択します。

    • 電子メールの本文でフォームの現在のビューのスナップショットのみを送信する場合は、[フォームの作業中のビューのみを送信し、添付ファイルを送信しない] をクリックします。

      注: フォームの記入またはで受信者と対話できないの送信時に現在のフォーム ビューのスナップショットだけです。

    • フォーム全体を添付ファイルとして送信する場合は、受信者は、フォームに入力できるように、現在のビューと、その他のビューの両方を含むフォームを添付ファイルとして送信] を選択し、[添付ファイル名] ボックスに、添付ファイルの名前を入力します。

      フォーム データを送信および保存する

  6. [次へ] をクリックします。

  7. データ接続の名前を入力し、この接続を既定の送信用接続にするかどうかを指定します。

フォーム データを送信および保存する

SharePoint ライブラリ

注: 既存のフォームに SharePoint リストにデータを送信する接続を追加することはできません。このような接続を作成するには、する必要がある SharePoint リストをカスタマイズすることにより、または SharePoint リスト テンプレートを使用して新しいフォームを作成して、SharePoint 内から開始します。 については、SharePoint のカスタマイズに関するフォームの一覧で、 SharePoint リスト フォームをカスタマイズするを参照してください。

  1. SharePoint サーバーの場所を [ドキュメント ライブラリ] ボックスに入力します。

フォーム データを送信および保存する

  1. フォームの名前を [ファイル名] ボックスに入力し、同名のフォームが既に存在する場合に上書きするかどうかを指定し、[次へ] をクリックします。

関数と、フォーム名に数式を使用する方法の詳細については、数式の追加と InfoPath 2010 の関数を参照してください。

  1. データ接続の名前をボックスに入力し、この接続を既定の送信データ接続にする場合は [既定の送信用接続として設定する] チェック ボックスをオンにします。

フォーム データを送信および保存する

Web サービス (SOAP)

  1. SOAP 接続をホストする Web サーバーの URL を入力するか、[UDDI の検索] をクリックしてサーバー接続を検索し、[次へ] をクリックします。

フォーム データを送信および保存する

  1. データの送信先 Web サービスを選択します。

フォーム データを送信および保存する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. 各パラメーターについて、[フィールドまたはグループ]、[変更] の順にクリックして、それぞれに関連付けるフィールドまたはグループを選択するか、[フォーム全体] をクリックしてフォーム内のすべてのデータを含めます。

フォーム データを送信および保存する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. データ接続の名前をボックスに入力し、この接続を既定の送信データ接続にする場合は [既定の送信用接続として設定する] チェック ボックスをオンにします。

フォーム データを送信および保存する

ホスティング環境 (ASP.NET ページ、ホストするアプリケーションなど)

これは高度なプログラミング オプション (カスタム コードが必要) であるため、ここでは説明を省略しています。 関連する一部のクラスおよびコマンドの詳細については、次のリンクを参照してください。

SharePoint 接続ライブラリ

SharePoint データ接続ライブラリは、外部データ ソースに接続するときに使用される設定を格納したデータ接続ファイルを含めることができるライブラリです。 SharePoint 接続ライブラリ内のデータ接続ファイルには、Web サービス接続または SharePoint ライブラリ接続を指定できます。これらのファイルは、Filler フォーム テンプレートとブラウザー互換フォーム テンプレートの両方で使用できます。 SharePoint データ接続ライブラリを使用すると、次のようなメリットがあります。

  • 複数のフォームで同じデータ接続ファイルを使用できるので、フォームごとに同じデータ接続を最初から作成する必要がありません。

  • 外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合、各フォームではなくデータ接続ファイルを更新するだけで済みます。

  • データ接続ファイルには、ユーザーがブラウザを使用してフォームに入力するときにサーバーで使用できる代替認証情報を設定できます。

  • 完全信頼セキュリティ レベルなしにブラウザで入力されたフォームは、フォームのすべてのデータ接続でデータ接続ファイルを使用している場合、別のドメインのコンピュータに接続できます。

    ユニバーサル データ接続の詳細については、データ接続をどこからでもバージョン 2.0 の参照とスキーマを参照してください。

データを作成し、SharePoint データ接続ライブラリに定義されている接続に送信する

サーバー上にデータ接続ファイルがまだ存在しない場合に、データ接続ファイルを作成するには、次の操作を行います。

注: InfoPath では、電子メールまたはホスティング環境接続用のデータ接続ファイルを作成することはできません。

  1. 外部データを受信への接続を追加するためにデータ接続ファイルを作成するデータ接続の種類を追加するで説明する手順に従います。

  2. [データ] タブの [外部データの取り込み] グループで [データ接続] をクリックします。

  3. 目的のデータ接続を選択し、[接続ファイルに変換] をクリックします。

  4. テキスト ボックスにデータ接続ライブラリの URL を入力し、その末尾にファイル名を追加するか、[参照] をクリックして目的の場所を参照し、ファイル名を入力して、[保存] をクリックします。

注: データ接続ライブラリにファイルを完全な URL を入力する必要があります。たとえば、 http://department/site/dataconnectionlibrary/file.udcxhttp://department/site/dataconnectionlibraryは、データ接続ライブラリの URL、file.udcx は、ファイル名を作成するのには、新しいデータ接続ファイルの場所。作成し、サーバー上でこのファイルが既に存在する場合と同じ名前の別のサーバー上のコピーが上書きされます。

  1. [OK] をクリックします。

  2. [閉じる] をクリックします。

  3. SharePoint データ接続ライブラリを参照し、作成された UDC ファイルを必要に応じてチェックインおよび承認します。

SharePoint データ接続ファイルを使用してデータ接続を追加するには、次の操作を行います。

  1. [データ] タブの [フォームの送信] グループで [その他の場所] をクリックし、[SharePoint Server 接続] をクリックします。

  2. [サイト] ドロップダウンから目的のサーバーを選択します。

フォーム データを送信および保存する

  1. 目的のデータ接続ファイルを選択します。

  2. [次へ] をクリックします。

  3. 外部データを受信への接続の追加で示すように、選択したオプションの手順に従います。

目的の SharePoint サイトが一覧にない場合に、一覧にサイトを追加するには、次の操作を行います。

  1. [サイトの管理] をクリックします。

  2. [追加] をクリックします。

フォーム データを送信および保存する

  1. SharePoint サイトの URL を [URL] ボックスに入力し、名前を [表示名] ボックスに入力します。

フォーム データを送信および保存する

ページの先頭へ

送信オプションを構成する

送信データ接続を追加すると、既定のデータ接続を使用してフォームを送信するように自動的に構成されます。 これらのオプションは、[送信オプション] ダイアログ ボックスで構成できます。 [送信オプション] ダイアログ ボックスを開くには、[データ] タブの [フォームの送信] グループで [送信オプション] をクリックします。

フォーム データを送信および保存する

[送信オプション] 画面では、次のようにフォームの送信オプションを構成できます。

  • ユーザーによるフォームの送信機能を有効または無効にします。

  • フォームの送信方法 (単一の宛先に送信するか、ルールに基づいて送信するか、またはカスタム コードを使用して送信するか) を選択します。

ルールまたはユーザー設定コードを使用すると、ユーザーに送信] をクリックすると、複数のデータ接続を使用してデータを送信するフォームを設定できます。たとえば、経費報告書フォームをデザインする場合か、$1,000 では、[フォームの金額が $1,000 以上である場合より大きい調査を必要とするさまざまな SharePoint ドキュメント ライブラリに送信して、1 つの SharePoint ドキュメント ライブラリにフォームを送信し、によって、ユーザーの管理者に電子メールで送信するフラグを設定する可能性があります。

  • InfoPath Filler のリボンと [情報] タブに対して [送信] ボタンを追加または削除します。

  • ユーザーがフォームを送信したときに表示される、ユーザー設定のメッセージを作成します。

  • フォームが送信された後、フォームを開いたままにしておくか、フォームを閉じるか、または新しい空のフォームを開くかを指定します。

必要に応じて、次の操作を行って送信オプションを構成できます。

  • ユーザーにフォームの送信を許可するには、[ユーザーによるこのフォームの送信を許可する] ボックスがオンになっていることを確認します。

  • フォームの送信方法を指定するには、次の操作を行います。

    • フォームのデータを送信するときに 1 つの送信データ接続しか使用せず、高度な機能は不要な場合は、[フォームのデータを単一の宛先に送信する] をクリックし、次のように構成します。

      1. 一番上のドロップダウン リストから、使用する接続の種類を選択します。

      2. [送信用のデータ接続を選択する] ボックスの一覧から、個々のデータ接続を選択します。

        データ接続が存在しない場合は、追加] をクリックし、接続をセットアップする方法については、外部データを受信への接続を追加] を参照してください。

    • 複数送信データ接続、または、送信アクションを制御するルールを追加する場合は、ルールを使用するカスタム アクションを実行する] をクリックします。アクションのルールをセットアップする方法の詳細については、その他の操作を実行するためのルールの追加を参照してください。

    • 複雑なコード、複数のデータ接続、またはルールで実行できない部分的な送信が必要な場合は、[コードを使用してユーザー設定操作を実行する] をクリックします。

  • リボン上の [送信] ボタンに表示されるラベルを変更するには、[ラベル] ボックスに目的のテキストを入力します。 または、[送信] ボタンを完全に無効にするには、前にあるチェック ボックスをオフにします。

  • 送信エラー メッセージを設定するには、[詳細設定] をクリックして、フォームの送信が失敗した場合は、このメッセージを表示する] ボックスをオンおよびし、次のテキスト ボックスに目的のメッセージを入力します。

  • 送信成功メッセージを設定するには、[詳細設定] をクリックし、[フォームが正しく送信された場合にこのメッセージを表示する] ボックスをオンにし、その後のテキスト ボックスに目的のメッセージを入力します。

  • フォームの送信後に実行されるアクションを制御するには、[送信後] ボックスの一覧から目的のアクションを選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×