フォーム データを送信および保存する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

送信データ接続を追加すると、ユーザーは、フォームに入力した情報を作業終了後に指定のデータ ソースに送信することができます。 これにより、同僚に今度のパーティでどのようなランチを希望するかをたずね、その結果を電子メールで受け取る社内投票のような簡単なフォームや、ローン申請のための情報を集め、そのデータを SharePoint サーバーに送信するような複雑なフォームをデザインすることができます。

この記事の内容

送信データ接続について

送信データ接続の種類

外部データを送信するための接続を追加する

メール

SharePoint ライブラリ

Web サービス (SOAP)

ホスティング環境 (ASP.NET ページ、ホストするアプリケーションなど)

SharePoint 接続ライブラリ

データを作成し、SharePoint データ接続ライブラリに定義されている接続に送信する

送信オプションを構成する

送信データ接続について

ユーザーは、フォームへの入力を終了すると、フォームを送信します。 その時点で、データは送信データ接続を通して送信され、SharePoint フォーム ライブラリなどの外部データ ソースに保存されます。 このことは、フォームの保存操作とは異なります。 たとえば、フォーム作成者がフォームを保存すると、Word 文書を保存するときのように、そのフォームの開発進捗が保存され、後で作業を続行できます。 同様に、ユーザーがフォームに入力する場合も、後でフォームでの作業を再開できるように、入力進捗が保存された状態でフォームを保存できます。 入力作業が終了したときにフォームを保存した場合でも、そのフォームの送信は必要です。

Web サービスまたは SharePoint リストに基づいて新しいフォームをデザインする場合、その初期データ接続がフォームの既定のプライマリ送信データ接続になります。 InfoPath ではプライマリ データ接続のデータ フィールドの構造がミラーリングされるため、フォームの送信時にそれらのフィールドに格納される値を設定できます。 また、フォームを最初から作成し、データ接続に基づかないフォーム テンプレートに送信データ接続を追加したり、既に送信データ接続が存在する場合にさらに別のデータ接続を追加したりすることもできます。

ほとんどのフォームは 1 つの送信データ接続を使用し、フォーム内のすべてのデータをその接続に送信するように構成されますが、複数の送信データ接続を使用して、ルールやカスタム コードによってどのフィールドをどのデータ ソースに送信するかを制御することもできます。 たとえば、入力済みのフォームを Web サービスに送信するだけでなく、電子メール メッセージでも送信できるようにフォームを構成できます。

フォームは、指定したルールに基づいて送信されます。 ボタンに送信ルールを追加して、ユーザーが [送信] をクリックしたときにフォームが送信されるようにすることができます。また、ユーザーがフォームに入力しているときに発生する他のイベントを基準にしたルールを作成することもできます。

アクションルールとデータ送信アクションの詳細については、「他のアクションを実行するためのルールを追加する」を参照してください。

ページの先頭へ

送信データ接続の種類

作成できる送信データ接続の種類は、次のとおりです。

注: データをリモート データ ソースに送信する送信データ接続を追加するには、データ ソースの場所を把握し、そのデータ ソースへのアクセス権を管理者から付与してもらう必要があります。

  • Web サービス (SOAP)   web サービス送信データ接続は、SOAP (簡易オブジェクトアクセスプロトコル) web サービスに送信されます。SOAP は、Web サービスとの通信に使用される XML メッセージを定義する通信プロトコルです。web サービス接続を使用してデータを送信すると、web サービスに必要なデータが InfoPath によって決定され、その情報に基づいて、フォーム内のどのフィールドが web サービスにデータを送信する必要があるかを指定できます。

  • SharePoint ライブラリ接続   このオプションを使用すると、InfoPath フォームは、データをドキュメントとして SharePoint ドキュメントライブラリに送信することができます。

  • メールメッセージ   これにより、InfoPath でフォームの応答を電子メールメッセージで送信できるようになります。これは、フォームの応答を受信するユーザーを大きく応答することができない小規模なフォーム展開に役立ちます。

  • ASP.NET page またはホスティングアプリケーションなどのホスティング環境   これは、実際にデータを送信するのではなく、フォームをホストしているアプリケーションまたは ASP .net のページでイベントを発生させる、高度な送信オプションです。これは、Visual Studio でFormControlクラスを使用してフォームをホストする Windows アプリケーションをビルドする場合、またはXMLFormViewクラスを使用してフォームをホストする ASP .net ページを作成する場合に使用されます。この送信の種類は、SharePoint Workspace のフォームツールを作成するときにも使用されます。

  • Web サーバー (HTTP)   [Web サーバー (HTTP)] オプションにアクセスするには、[送信] をクリックして [送信]フォームグループの [データ] タブを使用します。これにより、フォーム全体を HTTP POST の本文として、指定された URL に送信するデータ接続を作成できます。リンク先 URL は、ASP.NET アプリケーション、CGI スクリプト、ISAPI を使うアプリケーションなど、Web サーバー上のアプリケーションにすることができます。

    注: フォームには、Web サーバー上のアプリケーションにデータを送信するデータ接続を 1 つだけ設定できます。

ページの先頭へ

外部データを送信するための接続を追加する

送信データ接続は、次の 2 とおりの方法で追加できます。

  • [データ] タブの [フォームの送信] で、追加するデータ ソースの種類に対応するボタンをクリックします。

  • [データ] タブの [外部データの取り込み] グループで [データ接続] をクリックし、次の操作を行います。

  • [追加] をクリックします。

  • [データの送信] をクリックします。

  • [次へ] をクリックします。

  • 目的のデータ ソースをクリックし、もう一度 [次へ] をクリックします。

どの方法で送信データ接続を追加するかに関係なく、その後、次に示す適切なオプションに進みます。

送信データ接続を構成するときには、多くの場合、関数と数式を使うことができます。infopath の関数と数式の詳細については、「 infopath 2010 で数式と関数を追加する」を参照してください。

電子メール

  1. フォームの送信先にする 1 つ以上の電子メール アドレスを [宛先] ボックスに入力します。

フォーム データを送信および保存する

  1. フォームを他の人に CC または BCC で送信する場合は、対象の電子メール アドレスを [CC] ボックスおよび [BCC] ボックスに入力します。

  2. フォームの返信の件名を [件名] ボックスに入力します。

  3. フォームの受信者に向けた説明を [序文] ボックスに入力します。

  4. [次へ] をクリックします。

  5. ユーザーがフォームへの入力を終了した後にフォームをどのように送信するかを選択します。

    • 電子メールの本文でフォームの現在のビューのスナップショットのみを送信する場合は、[フォームの作業中のビューのみを送信し、添付ファイルを送信しない] をクリックします。

      注: 受信者がフォームに入力したり、フォームを操作したりすることはできません。これは、送信時現在のフォーム ビューの単なるスナップショットです。

    • 現在のビューだけでなく、他のビューも含むフォーム全体を添付ファイルとして送信し、受信者がフォームに入力できるようにする場合は、[フォーム データを添付ファイルとして送信する] を選択し、添付ファイルの名前を [添付ファイル名] ボックスに入力します。

      フォーム データを送信および保存する

  6. [次へ] をクリックします。

  7. データ接続の名前を入力し、この接続を既定の送信用接続にするかどうかを指定します。

フォーム データを送信および保存する

SharePoint ライブラリ

注: 既存のフォームに SharePoint リストにデータを送信するための接続を追加することはできません。このような接続を作成するには、sharepoint リストをカスタマイズするか、sharepoint リストテンプレートを使用して新しいフォームを作成して、sharepoint 内から開始する必要があります。sharepoint リストフォームのカスタマイズの詳細については、「 sharepoint リストフォームをカスタマイズする」を参照してください。

  1. SharePoint サーバーの場所を [ドキュメント ライブラリ] ボックスに入力します。

フォーム データを送信および保存する

  1. フォームの名前を [ファイル名] ボックスに入力し、同名のフォームが既に存在する場合に上書きするかどうかを指定し、[次へ] をクリックします。

フォームの名前に関数と数式を使用する方法の詳細については、「 InfoPath 2010 で数式と関数を追加する」を参照してください。

  1. データ接続の名前をボックスに入力し、この接続を既定の送信データ接続にする場合は [既定の送信用接続として設定する] チェック ボックスをオンにします。

フォーム データを送信および保存する

Web サービス (SOAP)

  1. SOAP 接続をホストする Web サーバーの URL を入力するか、[UDDI の検索] をクリックしてサーバー接続を検索し、[次へ] をクリックします。

フォーム データを送信および保存する

  1. データの送信先 Web サービスを選択します。

フォーム データを送信および保存する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. 各パラメーターについて、[フィールドまたはグループ]、[変更] の順にクリックして、それぞれに関連付けるフィールドまたはグループを選択するか、[フォーム全体] をクリックしてフォーム内のすべてのデータを含めます。

フォーム データを送信および保存する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. データ接続の名前をボックスに入力し、この接続を既定の送信データ接続にする場合は [既定の送信用接続として設定する] チェック ボックスをオンにします。

フォーム データを送信および保存する

ホスティング環境 (ASP.NET ページ、ホストするアプリケーションなど)

これは高度なプログラミング オプション (カスタム コードが必要) であるため、ここでは説明を省略しています。 関連する一部のクラスおよびコマンドの詳細については、次のリンクを参照してください。

SharePoint 接続ライブラリ

SharePoint データ接続ライブラリは、外部データ ソースに接続するときに使用される設定を格納したデータ接続ファイルを含めることができるライブラリです。 SharePoint 接続ライブラリ内のデータ接続ファイルには、Web サービス接続または SharePoint ライブラリ接続を指定できます。これらのファイルは、Filler フォーム テンプレートとブラウザー互換フォーム テンプレートの両方で使用できます。 SharePoint データ接続ライブラリを使用すると、次のようなメリットがあります。

  • 複数のフォームで同じデータ接続ファイルを使用できるので、フォームごとに同じデータ接続を最初から作成する必要がありません。

  • 外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合、各フォームではなくデータ接続ファイルを更新するだけで済みます。

  • データ接続ファイルには、ユーザーがブラウザを使用してフォームに入力するときにサーバーで使用できる代替認証情報を設定できます。

  • 完全信頼セキュリティ レベルなしにブラウザで入力されたフォームは、フォームのすべてのデータ接続でデータ接続ファイルを使用している場合、別のドメインのコンピュータに接続できます。

    汎用データ接続の詳細については、「ユニバーサルデータ接続 v2.0 リファレンスとスキーマ」を参照してください。

データを作成し、SharePoint データ接続ライブラリに定義されている接続に送信する

サーバー上にデータ接続ファイルがまだ存在しない場合に、データ接続ファイルを作成するには、次の操作を行います。

注: InfoPath では、電子メール用またはホスティング環境接続用にデータ接続ファイルを作成することはできません。

  1. 外部データを受信するための接続を追加する」で説明した手順に従って、データ接続ファイルを作成するデータ接続の種類を追加します。

  2. [データ] タブの [外部データの取り込み] グループで [データ接続] をクリックします。

  3. 目的のデータ接続を選択し、[接続ファイルに変換] をクリックします。

  4. テキスト ボックスにデータ接続ライブラリの URL を入力し、その末尾にファイル名を追加するか、[参照] をクリックして目的の場所を参照し、ファイル名を入力して、[保存] をクリックします。

注: データ接続ライブラリへの完全な URL と、ファイルを入力する必要があります。たとえば、 http://department/site/dataconnectionlibrary/file.udcxは、 http://department/site/dataconnectionlibraryはデータ接続ライブラリの URL であり、.udcx は新しいデータ接続ファイルのファイル名です。作成することができます。このファイルが既にサーバーに存在している場合は、同じ名前で別のものを作成すると、サーバー上のコピーが上書きされます。

  1. [OK] をクリックします。

  2. [閉じる] をクリックします。

  3. SharePoint データ接続ライブラリを参照し、作成された UDC ファイルを必要に応じてチェックインおよび承認します。

SharePoint データ接続ファイルを使用してデータ接続を追加するには、次の操作を行います。

  1. [データ] タブの [フォームの送信] グループで [その他の場所] をクリックし、[SharePoint Server 接続] をクリックします。

  2. [サイト] ドロップダウンから目的のサーバーを選択します。

フォーム データを送信および保存する

  1. 目的のデータ接続ファイルを選択します。

  2. [次へ] をクリックします。

  3. 外部データを受信するための接続を追加する」に示すように、選択したオプションの手順に従います。

目的の SharePoint サイトが一覧にない場合に、一覧にサイトを追加するには、次の操作を行います。

  1. [サイトの管理] をクリックします。

  2. [追加] をクリックします。

フォーム データを送信および保存する

  1. SharePoint サイトの URL を [URL] ボックスに入力し、名前を [表示名] ボックスに入力します。

フォーム データを送信および保存する

ページの先頭へ

送信オプションを構成する

送信データ接続を追加すると、既定のデータ接続を使用してフォームを送信するように自動的に構成されます。 これらのオプションは、[送信オプション] ダイアログ ボックスで構成できます。 [送信オプション] ダイアログ ボックスを開くには、[データ] タブの [フォームの送信] グループで [送信オプション] をクリックします。

フォーム データを送信および保存する

[送信オプション] 画面では、次のようにフォームの送信オプションを構成できます。

  • ユーザーによるフォームの送信機能を有効または無効にします。

  • フォームの送信方法 (単一の宛先に送信するか、ルールに基づいて送信するか、またはカスタム コードを使用して送信するか) を選択します。

ルールまたはカスタムコードを使用して、ユーザーが [送信] をクリックしたときに複数のデータ接続を使ってデータを送信するようにフォームを構成できます。たとえば、経費明細書フォームを設計している場合は、金額が $1000 未満の場合は、フォームを1つの sharepoint ドキュメントライブラリに送信するか、または別の sharepoint ドキュメントライブラリに送信して、その金額をより精査する必要があるフォームを作成することができます。$1000 以上であり、ユーザーの上司に電子メールで送信することによってフラグを設定します。

  • InfoPath Filler のリボンと [情報] タブに対して [送信] ボタンを追加または削除します。

  • ユーザーがフォームを送信したときに表示される、ユーザー設定のメッセージを作成します。

  • フォームが送信された後、フォームを開いたままにしておくか、フォームを閉じるか、または新しい空のフォームを開くかを指定します。

必要に応じて、次の操作を行って送信オプションを構成できます。

  • ユーザーにフォームの送信を許可するには、[ユーザーによるこのフォームの送信を許可する] ボックスがオンになっていることを確認します。

  • フォームの送信方法を指定するには、次の操作を行います。

    • フォームのデータを送信するときに 1 つの送信データ接続しか使用せず、高度な機能は不要な場合は、[フォームのデータを単一の宛先に送信する] をクリックし、次のように構成します。

      1. 一番上のドロップダウン リストから、使用する接続の種類を選択します。

      2. [送信用のデータ接続を選択する] ボックスの一覧から、個々のデータ接続を選択します。

        データ接続が存在しない場合は、[追加] をクリックし、接続をセットアップする手順については、「外部データを受信するための接続を追加する」を参照してください。

    • 複数の送信データ接続がある場合、または送信アクションを制御するルールを追加する場合は、[ルールを使用してカスタムアクションを実行する] をクリックします。アクションルールのセットアップ方法の詳細については、「他のアクションを実行するためのルールを追加する」を参照してください。

    • 複雑なコード、複数のデータ接続、またはルールで実行できない部分的な送信が必要な場合は、[コードを使用してユーザー設定操作を実行する] をクリックします。

  • リボン上の [送信] ボタンに表示されるラベルを変更するには、[ラベル] ボックスに目的のテキストを入力します。 または、[送信] ボタンを完全に無効にするには、前にあるチェック ボックスをオフにします。

  • 送信失敗メッセージを設定するには、[詳細設定] をクリックし、[フォームの送信に失敗した場合にこのメッセージを表示する] ボックスをオンにし、その後のテキスト ボックスに目的のメッセージを入力します。

  • 送信成功メッセージを設定するには、[詳細設定] をクリックし、[フォームが正しく送信された場合にこのメッセージを表示する] ボックスをオンにし、その後のテキスト ボックスに目的のメッセージを入力します。

  • フォームの送信後に実行されるアクションを制御するには、[送信後] ボックスの一覧から目的のアクションを選択します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×