フォーム データの送信の概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

概要

Access または SQL Server データベースにデータをフォームを送信します。

フォーム データを Web サービスに送信します。

Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバーへのフォーム データを送信します。

電子メール メッセージ内のフォーム データを送信します。

フォーム データを Web サーバー上のアプリケーションに送信します。

データ接続ファイルを使用してフォーム データを送信します。

コードを使用してフォーム データを送信します。

概要

Microsoft Office InfoPath フォームを使用して大規模なビジネス プロセスの一部としてデータを収集すると、そのデータ通常しない期間はユーザーが入力するフォームなります。代わりに、フォームのデータは、フォームから、データベース、Web サービス、Web サーバー上のアプリケーションなどの外部データ ソースには、通常、ビジネス プロセスでは、次のステージに移動します。たとえば、従業員が InfoPath を使用して経費報告書フォームに入力して、そのフォームを Web サービスに送信フォームを処理できます。

外部データ ソースに送信される InfoPath フォーム

ユーザーは、入力中にフォームを保存する場所を選択、フォームを保存する場合は、フォームを送信すると、フォームに関連付けられているフォーム テンプレートのデザイン時に定義された特定の位置にもフォームのデータを送信します。フォーム テンプレートをデザインし、フォームの送信を有効にすると、次の場所に、ユーザーがフォームに入力したデータを選択できます。

  • Microsoft Office Access、Microsoft SQL Server データベース

  • Web サービス

  • Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバー

  • メール メッセージ

  • Web サーバー上のアプリケーション

  • InfoPath をホストしているユーザー設定のアプリケーション

フォームを送信するのにデータを配置する場所を指定する、精度と効率が向上、ビジネス プロセスのより細かく制御それらのプロセスにできるためです。ユーザーがフォーム データを送信できる、前に InfoPath は、フォーム内のデータは有効であり、無効なデータを修正するのには、ユーザーは、ようにします。この機能が有効なデータのみが、外部データ ソースに送信されたことを確認できます。

ほかに、1 つの場所にデータを送信できるようにするフォーム テンプレートをデザインするには、ユーザーが同時に複数の場所にフォーム データを送信できるように、フォーム テンプレートをデザインできます。たとえば、完成したフォームを送信するユーザーに、フォームのデータは、データベースに送信され、各完成したフォームのコピーが電子メール メッセージで相手の上司にも送信されますように経費報告フォーム テンプレートをデザインできます。

外部データ ソースに送信できるフォーム テンプレートをデザインするときにいつでも InfoPath 既定で [ファイル] メニューで、[送信] コマンドと [標準] ツールバーの [送信] ボタンにします。必要に応じて、 [送信] コマンドの名前を変更するのにはできます。また、直接フォームの入力が完了したら、フォーム データを送信するユーザーがクリックして、フォーム テンプレート上のボタンを挿入することもできます。

フォームの送信後に、次のいずれかが発生することも、目的のフォーム テンプレートを設定できます。

  • 既存のフォームを閉じます。

  • 既存のフォームを閉じるし、新しい、空白のフォームが開きます。

  • 既存のフォームを開いたままです。

さらに、ユーザーがフォームが正常に送信されたかどうかを指定するフォームを送信した後に表示されるメッセージを作成することができます。

ページの先頭へ

Access または SQL Server データベースにデータをフォームを送信します。

InfoPath フォームは、または、経費報告書フォーム テンプレートにリンクされている複数のテーブルを変更するより複雑なシナリオの顧客のレコードで、1 つのテーブルを更新するかどうか、データベースに頻繁に送信します。InfoPath でフォーム テンプレートをデザインするには、スクリプトまたはカスタム コードを使用することがなく、Access または SQL Server データベースに直接送信できるようにします。カスタム コードを使用するか、そのデータベースに接続されている Web サービスにフォームを送信することで他の種類のデータベースにデータをフォームを送信することもできます。

Access または SQL Server データベースにフォームを送信するためには、そのデータベースを基にしたフォーム テンプレートをデザインする必要があります。これにより、フォーム テンプレートのデータ ソースがデータベースの構造と一致しています。データベースへの接続を既存のフォーム テンプレートに追加する場合は、フォームのデータ ソースがデータベースの構造と一致しないのでユーザーがデータベースに完成したフォームを送信することできません。フォーム テンプレートで、データベースの構造が一致しない場合、InfoPath はデータを送信するとき、データベース内の正しいフィールドを更新できません。

データベースを基にした InfoPath フォーム テンプレートをデザインする際に、次の点にご注意ください。

  • フォーム テンプレートをデータベース内の 1 つ以上のテーブルに接続するときは、キー フィールドで、テーブルを接続する必要があります。

  • 写真、画像、OLE オブジェクト、添付ファイル、およびメモ型の Access または SQL のデータ型などのデータ型期間は、データ接続から除外する必要があります。InfoPath では、次の種類の長い形式のデータへのデータ接続がサポートされていません。データベース内の特定のフィールドを除外するには、データ接続を設定するデータ接続ウィザードを使用します。

データ接続ウィザードの最後のページの概要] ボックスに情報を閲覧してこれらの問題のいずれかの適用されるかどうかを確認できます。概要状態は、フォームの送信を有効にすると、それを無効にした場合の概要が理由かどうか。

フォーム テンプレートと、データベースのデータ接続を設定した後、必要な他の送信オプションをカスタマイズできます。たとえば、[フォーム テンプレートの [送信] ボタンを表示するテキストを変更できます。ユーザーを示すフォームが正常に送信されたと送信後、フォームを開いたままにするかどうかを指定することができますが表示されるメッセージを変更することもできます。

ページの先頭へ

フォーム データを Web サービスに送信します。

Web サービスを使用して、データベースの一番上に中間層、ビジネス プロセスのワークフローを確立すると、InfoPath では、簡単に Web サービスと連携するフォーム テンプレートを作成します。InfoPath は、フォーム テンプレートを Web サービスに接続するための手順を案内するデータ接続ウィザードではします。

Web サービスにフォームを送信するフォーム テンプレートをデザインの 2 つの一般的な方法があります。

  • 既存のフォーム テンプレートを Web サービスに接続します。

  • Web サービスを基にしたフォーム テンプレートを新しいデザイン

これらのメソッドの両方で Web サービスのスキーマに基づくデータ ソースが作成されます。これにより、Web サービスにデータを送信するフォーム テンプレートに基づくフォームできます。

技術的な詳細情報

ユーザーは、Web サービスには、フォームを送信するときに、フォームは SOAP エンベロープでデータを拡張マークアップ言語 (XML) として送信されます。SOAP エンベロープでは、指定した Web サービス操作の入力パラメーターとして機能します。これを比較する HTTP POST 要求の XML ドキュメントでその結果 HTTP を使用してフォームを送信します。

InfoPath フォーム テンプレートを Web サービスに接続する前に、次の操作を検討してください。

  • リモート プロシージャ コール (RPC)形式でエンコード スタイルを使用している Web サービスに接続できません。ドキュメント リテラル エンコードだけがサポートされているとします。

  • フォームに Web サービスにデータを送信できるように、フォーム テンプレートを構成するときに特定のフィールドまたはグループ内のデータだけを送信するには、またはすべてのフォームのデータを送信することを指定できます。

Web サービス データ接続をセットアップした後、フォーム テンプレートに送信] ボタンを追加し、必要な他の送信オプションをカスタマイズできます。

ページの先頭へ

Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバーへのフォーム データを送信します。

Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバーへのデータを送信するフォーム テンプレートをデザインできます。これを行うには、保存し、すべてのドキュメント ライブラリ内のユーザーのフォームを整理できます。さらに、ユーザーがドキュメント ライブラリから直接フォーム テンプレートに基づくフォームに記入ことができます。フォーム データを Microsoft Office Excel にエクスポートするまたは複数のフォームのデータを 1 つのフォームに結合こともできます。また、ドキュメント ライブラリに直接フォームの送信を有効にしたときに、フォーム、フォーム、または、 数式を使用してデータに基づいた値を持つの静的な値を含むいずれかのファイル名があらかじめ定義できます。

SharePoint ドキュメント ライブラリにフォームの送信を許可するフォーム テンプレートを構成すると、フォームに送信] ボタンを追加および送信などのオプション]、[送信] ボタン上のテキストをユーザーに表示されるメッセージをカスタマイズします。かどうかは、フォームが正常に送信された、および送信後に開いたフォームを保持するかどうかを指定します。

ページの先頭へ

電子メール メッセージ内のフォーム データを送信します。

電子メール プログラムを使用すると、最も簡単なと最も一般的なビジネス プロセスのワークフローの設定方法のいずれかです。[標準] ツールバーまたは添付ファイルとして、または電子メール メッセージの本文が完成したフォームを送信するファイル] メニューで[送信] ボタンをクリックすることができる InfoPath フォーム テンプレートをデザインできます。電子メール アドレス、件名、および添付ファイルの名前がすべてあらかじめ定義フォーム テンプレートをデザインする際に、フォームで、または数式を使ってエントリに基づいて値を持つの静的な値のいずれかです。たとえば、完成したフォームはフォームの入力を基にした電子メール アドレスへの定義済みの件名行を含む電子メール メッセージに自動的に送信されるように、フォーム テンプレートをデザインできます。さらに、ユーザーがフォームに入力したデータに基づいて、名前を定義できますファイルの動的なフォームのします。

ユーザーがフォームを電子メール メッセージとして送信するために、Microsoft Office Outlook 2003、またはMicrosoft Office Outlook 2007が自分のコンピューターにインストールされているが必要です。ユーザーがフォームに Web ブラウザーで入力するには、フォームを電子メール メッセージとして送信するには、次のように Outlook を必要はありません。

電子メール メッセージで、フォームの送信を許可するフォーム テンプレートを構成すた後には、[標準] ツールバーとフォーム テンプレートに [ファイル] メニューの [送信] コマンドに送信] ボタンを追加して、その他の送信をカスタマイズします。送信した後に [送信] ボタン、[ユーザーに表示される場合は、フォームが正常に送信された、およびフォームのままにするかどうかを示すメッセージが表示されるテキストなどのオプション] を開きます。

ページの先頭へ

フォーム データを Web サーバー上のアプリケーションに送信します。

既存の Active Server ページ (ASP) ページまたはその他のコードの XML データを処理できる Web サーバー、ユーザーは、HTTP POST メソッドを使用して Web サーバーへの完成したフォームを送信できるように、フォーム テンプレートをデザインできます。この方法でフォームを送信できるようにするフォーム テンプレートを構成するときに、フォーム データを含む、Web サーバーにこのメッセージを送信するメッセージが作成されます。Web サーバーへのデータを送信するフォーム テンプレートを設計するときにできるフォーム テンプレートに送信] ボタンを追加、表示されるテキストを指定するのには、[送信] ボタン、フォームがあったかをユーザーに表示されるメッセージをカスタマイズします。正常に送信された、および送信後、フォームを開いたままにするかどうかを指定します。

ページの先頭へ

データ接続ファイルを使用してフォーム データを送信します。

Microsoft Office InfoPath 2007でもがあるすべてのデータ接続に必要な設定を含むデータ接続ファイルと呼ばれる XML ファイルを作成するのには機能します。Microsoft Office SharePoint Server 2007のサイトでのデータ接続ライブラリでそのファイルを保存し、[同じ XML ファイルを使用してデータ接続を構成するのには、いくつかのフォーム テンプレートをデザインできます。データ接続ファイルを使用するものすべてを意味して、データ接続の変更点: たとえば、ソース、外部データの場所が変更された場合、各個々 のフォームのデータ接続を更新するのではなく、データ接続ファイルを更新することができますテンプレートです。新しい設定を使用して、データ接続ファイルを使用するすべてのフォーム テンプレートを自動的に更新されます。

データ接続ファイルには、ユーザーがフォーム データを送信する方法を決定する設定を含めることができます。このデータ接続ファイルの設定を使用するフォーム テンプレートをデザインすることができます。フォームの送信を許可するフォーム テンプレートを構成すた後には、[送信] コマンドを追加するのには、 [ファイル] メニューと、フォーム テンプレートに基づくフォームの [標準] ツールバーに[送信] ボタンと、その他のカスタマイズユーザーに表示される場合は、フォームが正常に送信された、および送信後、フォームを開いたままにするかどうかを示すメッセージ送信] ボタンとコマンドを上に表示されるテキストなどのオプションを送信します。

ページの先頭へ

コードを使用してフォーム データを送信します。

フォーム データを送信するフォーム テンプレートでは、高度な機能を作成するには、Microsoft Visual Basic .NET、Microsoft Visual c# .NET、またはスクリプトを使用してマネージ コードを記述することができます。たとえば、または InfoPath の通常の方法でサポートされていない外部データ ソースを一度に 1 つ以上の場所にフォームを送信できるように、フォーム テンプレートに機能を追加することができます。

ヒント: InfoPath のデータ接続のオプションを使用して外部データ ソースにフォームを送信できるようにするフォーム テンプレートを構成することはできない場合は、独自のデータ接続を実装の外部データ ソースを作成この機能を使用することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×