フォーム テンプレートを共有ネットワークの場所に発行する

フォーム テンプレートを簡単に配布するには、ユーザーがアクセスできる共有ネットワークの場所にフォーム テンプレートを発行します。ユーザーは、そのネットワークの場所からこのフォーム テンプレートに基づくフォームを作成できます。

共有ネットワークの場所にフォーム テンプレートを発行するために必要なものは、ユーザーがアクセスできるネットワーク上の場所だけです。発行ウィザードを完了し、フォーム テンプレートの場所をユーザーに通知するとすぐに、ユーザーはフォーム テンプレートに基づくフォームの作成を始めることができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

始める前に

フォーム テンプレートを共有ネットワークの場所に発行する

始める前に

フォーム テンプレートを発行する前に、次のことを行う必要があります。

  1. フォーム テンプレートを発行するネットワークの場所へのパスを用意します。

  2. ユーザーがこのネットワークの場所にアクセスできることを確認します。

  3. ドメイン セキュリティ レベルでフォーム テンプレートを発行する場合は、ネットワークの場所への代替アクセス パスを用意します。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートを共有ネットワークの場所に発行する

  1. [ファイル] メニューの [発行] をクリックします。

  2. 発行ウィザードの [ネットワークの場所へ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの次のページの [参照] をクリックします。

  4. [参照] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートの発行先とする共有ネットワーク フォルダを参照し、[OK] をクリックします。

  5. [フォーム テンプレートの名前] ボックスにフォーム テンプレートの名前を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. Web ページのリンクなど、ユーザーがファイルを入手できる代替パスがある場合は、ウィザードの次のページのボックスに、その代替パスを入力します。代替パスがない場合は、[次へ] をクリックします。ドメイン セキュリティ レベルのテンプレートの場合、この手順が必要です。

  7. ウィザードの次のページで、表示される情報が正しいことを確認して、[発行] をクリックします。

  8. フォームとフォーム テンプレートを含む電子メール メッセージをユーザーに送信するには、[電子メールの宛先にフォームを送信する] チェック ボックスをオンにして、[閉じる] をクリックします。

    メッセージの本文にフォームが含まれる電子メール メッセージが開くので、必要な情報を入力してユーザーに送信します。ユーザーが Microsoft Office Outlook 2007 を使っている場合は、電子メール メッセージを開いてフォームに入力できます。それより前のバージョンの Outlook または他の電子メール アプリケーションを使っているユーザーは、フォームとフォーム テンプレートが添付された電子メール メッセージを受け取ります。ユーザーは、添付されたフォーム テンプレートを開き、自分のコンピューターにフォーム テンプレートをインストールできます。その後、ユーザーは添付されたフォームを開いて、InfoPath でフォームに入力できます。

    ヒント: 電子メール メッセージの [序文] ボックスに、信頼できる送信者からの電子メール メッセージに添付されたファイルのみを開くよう注意するユーザーへの警告を入力します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×