フォーム テンプレートをデザインする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム テンプレートおよびテンプレート パーツの両方の最初の設計判断を行うことはこのダイアログ ボックスでオプションを使用できます。たとえば、開いたおよび Microsoft Office InfoPath または Web ブラウザーのいずれかで入力が可能なフォーム テンプレートをデザインする場合は、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを選択できます。

さらに、このダイアログ ボックスの左側にあるリンクを使用して、フォーム テンプレート (.xsn) ファイル、フォーム (.xml) ファイル、またはテンプレート パーツ (.xtp) ファイルをすばやく開くことができます。.xsn ファイルは、フォーム テンプレートのデザイン環境であるデザイン モードで開きます。.xml ファイルは、フォーム記入用の環境で開きます。.xtp ファイルは、テンプレート パーツ作成専用のデザイン環境で開きます。

フォーム テンプレートを開く

ここに表示されるオプションを使用して、フォーム テンプレート (.xsn) ファイル、テンプレート パーツ (.xtp) ファイル、およびフォーム (.xml) ファイルを開くことができます。

[自分のコンピュータ上]     フォーム テンプレートまたはテンプレート パーツをデザイン モードで開きます。使用しているコンピュータ上、またはネットワーク上の共有場所にあるフォーム テンプレートまたはテンプレート パーツを開くことができます。

[SharePoint サイト上]    Windows SharePoint Services 3.0 または InfoPath Forms Services を実行するサーバーに発行されたフォーム テンプレートまたはテンプレート パーツを開きます。

[サンプルのカスタマイズ]     InfoPath に含まれている 5 つのサンプル フォーム テンプレートのいずれかを開きます。各サンプル フォーム テンプレートはカスタマイズできます。または、そのデザインを参考にして独自のフォーム テンプレートを作成できます。

[Office Online のフォーム]     テンプレートまたは Microsoft Office Online Web サイトに移動し、無償のフォーム テンプレートとテンプレート パーツを参照できます。このサイトにアクセスするには、インターネットに接続する必要があります。

インポート    Microsoft Office Excel の 1 つまたは複数の Microsoft Office Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換するのに使用すると、インポート ウィザードを開くには、このリンクをクリックします。情報技術 (IT) 部門またはサードパーティ プロバイダーから購入した 1 つによって提供されたなど、ユーザー設定のフォーム テンプレートをインポートをインストールしている場合は、インポートをインポート] リンクをクリックしてアクセスできます。

最近使用したフォーム テンプレート

最近使用したフォーム テンプレートの一覧のリンクをクリックすると、使用頻度の高いフォーム テンプレートやテンプレート パーツをすばやく開くことができます。これらのリンクは、[ツール] メニューの [オプション] ダイアログ ボックスで非表示にしたり、現在の履歴をクリアすることができます。

フォームに記入する

[フォームの入力]     [作業の開始] ダイアログ ボックスを開いて、フォーム テンプレートに基づくフォームを開いて記入するためのオプションを使用できます。

新たにデザインする

[フォーム テンプレート]     新しいフォーム テンプレート (.xsn) ファイルをデザインします。

[テンプレート パーツ]     新しいテンプレート パーツ (.xtp) ファイルをデザインします。

[空白]     フォーム テンプレートまたはテンプレート パーツにコントロールを追加したときに、データ ソースが自動的に作成されます。

[Web サービス]     Web サービスに基づくフォーム テンプレートをデザインします。Web サービスに接続された新しいフォームをデザインすると、その Web サービスに基づくデータ構造がフォーム テンプレートに対して構築されます。このフォーム テンプレートを使用して Web サービスへのデータ送信やクエリを行うことができます。フォーム テンプレートでの作業は、コントロールの挿入、データの入力規則、条件付き書式、および規則の追加や削除、フォーム テンプレートの発行など、多くの点で新しい空白のフォーム テンプレートのデザイン作業と共通します。

[データベース]     Microsoft Access 2000 または 2002、Microsoft Office Access 2003、Microsoft Office Access 2007、Microsoft SQL Server 2000 から Microsoft SQL Server 2005 で作成されたデータベースに基づくフォーム テンプレートをデザインします。このオプションを選択すると、Access または SQL データベースへのクエリまたはデータ送信を行うことができます。

[XML/スキーマ]     既存の XML ドキュメントまたは XML スキーマに基づくフォーム テンプレートをデザインします。

[接続ライブラリ]    データ接続ライブラリのデータ接続ファイルに格納されている接続設定に基づくフォーム テンプレートをデザインします。外部データ ソースに直接接続できない場合や直接接続を避ける場合に、このオプションが役立ちます。

[ブラウザ互換の機能のみを有効にする]     InfoPath と Web ブラウザの両方でサポートされている機能、コントロール、および設定のみをデザイン モードで有効にします。ブラウザ互換フォーム テンプレートでサポートされていない InfoPath のコントロールや機能は、非表示または無効になってデザイン プロセスで使用できません。テンプレート パーツをデザインする場合、このチェック ボックスをオンにすると、InfoPath および Web ブラウザの両方でサポートされている機能、コントロール、および設定のみがテンプレート パーツで使用されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×