フォーム テンプレートをデザインする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレートおよびテンプレート パーツの両方の最初の設計判断を行うことはこのダイアログ ボックスでオプションを使用できます。たとえば、開いたおよび Microsoft Office InfoPath または Web ブラウザーのいずれかで入力が可能なフォーム テンプレートをデザインする場合は、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを選択できます。

さらに、フォーム テンプレート (.xsn) ファイル、フォーム (.xml) ファイル、またはテンプレート パーツ (.xtp) ファイルをすばやく開く] ダイアログ ボックスの左側にあるリンクを使用することができます。.Xsn ファイルを開く場合は、デザイン モードでは、フォーム テンプレートをデザインするために使用する環境で、フォーム テンプレートが開きます。.Xml ファイルを開いた場合は、フォームの入力用の環境で、フォームが開きます。.Xtp ファイルを開くと、InfoPath テンプレート パーツを作成するための専用のデザイン環境が開きます。

フォーム テンプレートを開く

この見出しの下のオプションを使用して、フォーム テンプレート (.xsn) ファイル、テンプレート パーツ (.xtp) ファイル、およびフォーム (.xml) ファイルを開きます。

自分のコンピューター上    フォーム テンプレートまたはテンプレート パーツをデザイン モードで開くには、このリンクをクリックします。フォーム テンプレートまたはテンプレート パーツは、お使いのコンピューターまたはネットワーク上の共有などの共有の場所にあるできます。

SharePoint サイト    フォーム テンプレートまたはWindows SharePoint Services 3.0またはInfoPath Forms Servicesを実行するサーバーに公開されているテンプレート パーツを開くには、このリンクをクリックします。

サンプルのカスタマイズ    InfoPath に含まれている次の 5 つのサンプル フォーム テンプレートのいずれかを開くには、このリンクをクリックします。これらのサンプル フォーム テンプレートをカスタマイズしたり、単に独自のフォーム テンプレートの基になる設計を確認することができます。

Office Online のフォーム    Microsoft Office Online Web サイトを参照することができる無料のフォーム テンプレートおよびテンプレート パーツ上のテンプレートに移動するには、このリンクをクリックします。このサイトにアクセスするには、インターネットに接続する必要があります。

インポート    Microsoft Office Excel の 1 つまたは複数の Microsoft Office Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換するのに使用すると、インポート ウィザードを開くには、このリンクをクリックします。情報技術 (IT) 部門またはサードパーティ プロバイダーから購入した 1 つによって提供されたなど、ユーザー設定のフォーム テンプレートをインポートをインストールしている場合は、インポートをインポート] リンクをクリックしてアクセスできます。

最近使用したフォーム テンプレート

このをすばやく開くには、フォーム テンプレートで頻繁に使用するテンプレート パーツのいずれかの最近使用したフォーム テンプレートの一覧にあるリンクをクリックします。リンクを非表示にするまたはツール] メニューの [オプション] ダイアログ ボックスで現在のリンクの履歴をオフにすることができます。

フォームに入力します。

フォームに入力します。    [作業の開始] ダイアログ ボックスが開き、フォーム テンプレートに基づくフォームの入力のオプションを表示を開くには、このリンクをクリックします。

新しいデザインします。

フォーム テンプレート    新しいフォーム テンプレート (.xsn) ファイルをデザインするには、このオプションを選択します。

テンプレート パーツ    新しいテンプレート パーツ (.xtp) ファイルをデザインするには、このオプションを選択します。

空白     InfoPath のフォーム テンプレートのテンプレート パーツにコントロールを追加するときのデータ ソースを自動的に作成できるようにするには、このオプションを選択します。

Web サービス    Web サービスを基にフォーム テンプレートをデザインするには、このオプションを選択します。Web サービスに接続されている新しいフォーム テンプレートをデザインする際に、InfoPath は、その Web サービスを基にしたフォーム テンプレートのデータ構造を作成します。データを送信して、Web サービスをクエリに変換後のフォーム テンプレートを使用し、できます。多くの新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインするときと同じ方法でフォーム テンプレートを使用する: たとえば、コントロールを挿入、追加またはデータの入力規則、 条件付き書式、およびルールを削除するしてフォーム テンプレートを発行します。

データベース    Microsoft Access 2000 または 2002 で作成されたデータベース、Microsoft Office Access 2003、またはMicrosoft Office Access 2007、または Microsoft SQL Server 2005 経由の Microsoft SQL Server 2000 を基にフォーム テンプレートをデザインするには、このオプションを選択します。このオプションを選択するときにクエリを実行したり、Access または SQL データベースにデータを送信できます。

XML、またはスキーマ    既存の XML ドキュメントまたはXML スキーマを基にフォーム テンプレートまたはテンプレート パーツのデザインには、このオプションを選択します。

接続ライブラリ    フォーム テンプレートのデザインをデータ接続ライブラリでは、 データ接続ファイルに格納されている接続設定の基には、このオプションを選択します。この、できないまたは外部データ ソースに直接接続したくない場合に便利です。

ブラウザー互換機能のみを有効にします。    機能、コントロール、および InfoPath と Web ブラウザーの両方でサポートされているものだけにデザイン モードでの設定を制限するには、このチェック ボックスを選択します。InfoPath のコントロールやブラウザー互換フォーム テンプレートでサポートされていない機能は非表示にするか、デザイン プロセス中に使用したくないことを無効にします。テンプレート パーツをデザインする場合は、これらの機能、コントロール、および InfoPath と Web ブラウザーの両方でサポートされている設定のみを使用するテンプレート パーツ場合は、このチェック ボックスを選択できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×