フォーム テンプレートの発行について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム テンプレートのデザインが終了したら、そのフォーム テンプレートを保存し発行して、そのフォーム テンプレートに基づいたフォームにユーザーが入力できるようにします。

この記事の内容

発行機能の動作方法

ブラウザー互換フォーム テンプレートを発行します。

完全に信頼されたフォーム テンプレートを発行します。

電子メール メッセージ内のフォーム テンプレートの送信

変更するか、発行されたフォーム テンプレートの移動

発行方法

フォーム テンプレートを発行するとき、まず、フォーム テンプレートを保存してから発行ウィザードを使用してフォーム テンプレートをユーザーに配布します。発行ウィザードでは、発行場所と処理命令を追加して配布用のフォーム テンプレートを変更し、このフォーム テンプレートに基づいたフォームをユーザーが開けるようにします。処理命令により、フォーム テンプレートを発行した後に変更を加えた場合でも、フォーム テンプレートに基づいたフォームを自動的に更新できます。ユーザーが最初にフォームを開いたとき、Microsoft Office InfoPath により、処理命令で指定されている場所からユーザーのコンピュータにフォーム テンプレートがダウンロードされ、このフォーム テンプレートに基づいたフォームが InfoPath で作成されます。ユーザーがフォームをいったん保存した後、そのフォームを開くと、InfoPath でユーザーのコンピュータにあるフォーム テンプレートのバージョンと処理命令で指定されているフォーム テンプレートのバージョンが比較されます。処理命令で指定されているフォーム テンプレートのバージョンがユーザーのコンピュータにあるフォーム テンプレートのバージョンよりも新しい場合は、InfoPath で新しいバージョンのフォーム テンプレートがダウンロードされ、フォームが新しいバージョンのフォーム テンプレートで更新されます。

発行場所と処理命令を使用してフォーム テンプレートを変更すると、ウィザードにより、変更したフォーム テンプレートが、指定した発行場所に保存されます。フォーム テンプレートは次の場所に発行できます。

  • Microsoft Windows SharePoint Services を実行するサーバー    Microsoft Windows SharePoint Services を実行するサーバーにフォーム テンプレートを発行すると、フォーム テンプレートをドキュメント ライブラリに発行できます。そのドキュメント ライブラリにあるすべてのドキュメントで、ユーザーが入力するときに、そのフォーム テンプレートをテンプレートとして使用できます。また、フォーム テンプレートをサイト コンテンツ タイプとして発行することもできます。つまり、複数のサイト接続でフォーム テンプレートをテンプレートとして使用できます。

  • InfoPath Forms Services を実行するサーバー    ブラウザー互換フォーム テンプレートを InfoPath Forms Services を実行するサーバーに発行できます。ブラウザ互換フォーム テンプレートを使用すると、ユーザーは、InfoPath を使用せずに Web ブラウザを使用して、フォーム テンプレートに基づいたフォームに入力できます。

  • 電子メール メッセージの一部    フォーム テンプレートを電子メール メッセージで送信してユーザーに発行することができます。ユーザーは電子メール メッセージを開いて、フォームに入力します。

  • 共有ネットワーク フォルダ    ユーザーがアクセスできる共有ネットワーク フォルダにフォーム テンプレートを発行できます。ユーザーは共有フォルダにアクセスして、フォーム テンプレートに基づいたフォームを作成します。

    注: この機能は、Web サーバーにフォーム テンプレートを発行できる Microsoft Office InfoPath 2003 SP1 の機能に代わるものです。

  • インストール可能なファイル    Microsoft Visual Studio .NET 2003 または Microsoft Visual Studio 2005 をインストールしている場合は、共有ネットワーク フォルダに保存されるインストール可能なファイルとしてフォーム テンプレートを発行できます。ユーザーは、インストール可能なファイルをダウンロードして実行し、フォーム テンプレートを自分のコンピュータにインストールおよび登録できます。Visual Studio を使用していない場合は、ネットワーク上の共有された場所にフォーム テンプレートを発行し、フォーム テンプレートを登録するスクリプト ファイルを InfoPath で作成できます。ユーザーは、フォーム テンプレートとスクリプトの両方をダウンロードし、スクリプトを実行してフォーム テンプレートを登録できます。

ユーザーが初めてフォームに入力するときは、フォーム テンプレートが発行されている場所に移動し、そのフォーム テンプレートに基づいたフォームを開きます。したがって、フォーム テンプレートを発行した場所へのアクセス権をユーザーが持っている必要があります。ユーザーがフォームを新規作成すると、InfoPath でフォーム テンプレートがユーザーのコンピュータに保存またはキャッシュされます。これにより、ユーザーは、オフラインで作業している場合でもフォームに入力することができます。ユーザーがフォームをいったん保存した後に再度開いて入力を終了した場合、または同じフォーム テンプレートに基づいた別の空白のフォームを開いた場合、InfoPath では、ユーザーのコンピュータがフォーム テンプレートの発行場所に接続されているかどうかを確認します。接続されている場合は、フォーム テンプレートに更新がないかどうかを確認し、更新を適用してから、フォームを開きます。接続されていない場合は、ユーザーのコンピュータに保存されているフォーム テンプレートに基づいたフォームを開きます。

フォーム テンプレートの発行とフォーム テンプレートの保存とは異なります。フォーム テンプレートを保存すると、ファイルをコンピュータに保存するときと同様に、作業内容が保存されます。フォーム テンプレートの保存方法の種類について、概要を次の表に示します。

コマンド

説明

使用が適している場合

[保存]

フォーム テンプレートを同じ名前で現在の場所に保存します。Microsoft Windows SharePoint Services を実行するサーバーのドキュメント ライブラリに対して既に発行済みのフォーム テンプレートを変更している場合は、発行場所以外の場所に保存します。

フォーム テンプレートをデザインしているときに、変更内容を保存するのに使用します。発行済みのフォーム テンプレートを変更している場合は、[名前を付けて保存] を使用して、フォーム テンプレートを別の場所に保存します。

[名前を付けて保存]

フォーム テンプレートを別の場所に保存するか、または同じ場所に別の名前で保存します。発行済みのフォーム テンプレートを変更している場合、[名前を付けて保存] をクリックしても、発行済みのフォーム テンプレートは更新されません。

フォーム テンプレートのコピーを変更する必要がある場合に使用します。

[ソース ファイルとして保存]

フォーム テンプレートを、1 つの .xsn ファイルではなくフォーム構成ファイルのセットとして、別の場所に保存します。

フォーム テンプレートの個々のフォーム構成ファイルを変更する必要がある場合に使用します。たとえば、フォーム テンプレートに含まれるリソース ファイルの 1 つを更新する場合などです。ほとんどの場合、フォーム テンプレートの個々のフォーム構成ファイルを変更する必要はありません。

注: フォーム テンプレートをユーザーに配布する際は、必ず発行ウィザードを使用します。

ページの先頭へ

ブラウザ互換フォーム テンプレートの発行

以前のバージョンの Microsoft Office InfoPath では、フォーム テンプレートに基づいたフォームに入力するために、InfoPath をインストールしておく必要がありました。Office InfoPath 2007 では、Web ブラウザまたは InfoPath でフォームに入力できるブラウザ互換フォーム テンプレートをデザインできます。ユーザーが Web ブラウザでフォームに入力できるようにするには、フォーム テンプレートを InfoPath Forms Services を実行するサーバーに発行します。

注: コードを含むフォーム テンプレートは、InfoPath Forms Services を実行するサーバーに直接発行することはできません。ユーザー設定コードを含むフォーム テンプレートをドキュメント ライブラリに関連付けたり、Web アプリケーションとして一般に使用するには、サーバーの管理性、セキュリティ、パフォーマンスなど多くの理由により、管理者の承認が必要になります。コードを含むフォーム テンプレートは共有ネットワーク フォルダに発行し、そのフォーム テンプレートを管理者がサーバーにアップロードします。

ページの先頭へ

完全に信頼されたフォーム テンプレートの発行

コンピュータ上のファイルやその他の設定など、システム リソースに対する完全なアクセスが許可されているフォームを、完全に信頼されたフォームと言います。完全に信頼されたフォームは、信頼できる証明書によってデジタル署名されているフォーム テンプレートか、ユーザーのコンピュータにインストールされているフォーム テンプレートから作成されます。信頼できる証明書によってデジタル署名されているフォーム テンプレートは、ユーザーのコンピュータにインストールまたは登録する必要はありません。この種類のフォーム テンプレートは、電子メール メッセージの添付ファイルとして配布するか、ユーザーがフォーム テンプレートをドキュメント ライブラリまたは共有ネットワーク フォルダからダウンロードすることができます。

完全に信頼されたフォームでは、フォーム自体に保存されている情報と、次の場所に保存されている情報にアクセスできます。

  • フォームと同じドメイン

  • フォームでアクセス可能なその他すべてのドメイン

  • フォームに入力するユーザーがアクセスできるすべてのファイルと設定

完全に信頼されるフォーム テンプレートを発行するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 信頼できる証明機関から発行された証明書でフォーム テンプレートにデジタル署名し、フォーム テンプレートを共有ネットワーク フォルダに発行します。ユーザーは、その共有ネットワーク フォルダからフォーム テンプレートを開くことができます。

  • Visual Studio .NET 2003 または Visual Studio 2005 がある場合は、発行ウィザードを使用して、フォーム テンプレートをユーザーのコンピュータにインストールまたは登録するためのインストール パッケージを作成します。コンピュータの管理者権限を持つユーザーは、インストール パッケージを実行して、フォーム テンプレートをインストールし登録できます。

  • Visual Studio .NET 2003 または Visual Studio 2005 がない場合は、発行ウィザードを使用して、フォーム テンプレートを共有ネットワーク フォルダに発行し、スクリプトを作成してフォーム テンプレートをユーザーのコンピュータに登録します。コンピュータの適切なユーザー権限を持つユーザーは、両方のファイルをコンピュータにコピーし、スクリプトを実行してフォーム テンプレートを登録できます。

ページの先頭へ

電子メール メッセージによるフォーム テンプレートの送信

発行ウィザードを使用して、フォーム テンプレートを電子メール メッセージでユーザーに配布できます。Microsoft Office Outlook 2007 と InfoPath をインストールしているユーザーは、電子メール メッセージを初めて開いたときに、その電子メール メッセージでフォームに直接入力できます。以前のバージョンの Outlook や他の電子メール アプリケーションを使用している場合は、フォーム テンプレートとフォームを添付ファイルとして受信します。この場合は、まず、フォーム テンプレートの添付ファイルをクリックして、フォーム テンプレートをコンピュータにインストールします。フォーム テンプレートをインストールした後に、電子メール メッセージのフォームの添付ファイルをクリックして、InfoPath でフォームに入力します。

フォーム テンプレートで、ユーザーのコンピュータにあるシステム リソースにアクセスする必要がある場合や、フォーム テンプレートを別のドメインのユーザーに送信する場合は、信頼できる証明機関から発行された証明書でフォーム テンプレートにデジタル署名してから発行する必要があります。別のドメインのユーザーが証明書なしにフォーム テンプレートを開くと、エラーになる場合があります。

ページの先頭へ

発行済みのフォーム テンプレートの変更または移動

フォーム テンプレートを発行後に変更する場合に、そのフォーム テンプレートに基づいたフォームが既に存在する場合は、フォーム テンプレートに加えた変更は、これらの既存のフォームにも反映されます。たとえば、テーブルを含むフォーム テンプレートのセクションを削除すると、そのフォーム テンプレートに基づいたすべての既存のフォームから、そのテーブルと、テーブル内のすべてのデータが削除されます。この場合、必要なデータが失われてしまう可能性があるので、フォーム テンプレートへの変更をテストし、既存のフォームにどのような影響があるかを確認しておく必要があります。

発行済みのフォーム テンプレートを変更するには、フォーム テンプレートの作業用コピーを変更します。作業用コピーは作業中のコンピュータまたは Microsoft Visual SourceSafe のようなバージョン コントロール プログラムに保存されています。作業用コピーを変更した後、発行場所に発行します。フォーム テンプレートの作業用コピーがない場合は、発行場所からコピーを取得し、そのコピーを発行場所以外の場所に保存して、作業用コピーとして使用することができます。フォーム テンプレートの作業用コピーを変更した後、発行ウィザードを使用して、フォーム テンプレートを元の発行場所に再発行します。発行ウィザードでは、発行場所にある既存のフォーム テンプレートが、変更したフォーム テンプレートで上書きされます。InfoPath では、フォーム テンプレートを名前と場所で区別しているので、フォーム テンプレートを再発行する際には、名前と場所を変更しないようにします。

発行済みフォーム テンプレートを別の場所に移動する場合は、フォーム テンプレートの作業用コピーを別の場所に発行します。フォーム テンプレートを新しい場所に発行する前に、新しい場所を反映するための変更が必要になることがあります。たとえば、フォーム テンプレートで使用している外部データ ソースの場所が変更されている場合があります。データ接続を、外部データ ソースの新しい場所に更新してから、フォーム テンプレートを新しい場所に発行します。

発行済みフォーム テンプレートに基づいたフォームが既に存在する場合は、その既存のフォームを、新しい場所に発行するフォーム テンプレートにリンクする必要があります。リンクしない場合、ユーザーが既存のフォームを開けなくなる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×