フォーム テンプレートの互換性設定を指定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレートをデザインする際に InfoPath または Web ブラウザーで開いたまたは入力が可能なフォーム テンプレートを作成することもできます。フォーム テンプレートを開き、ブラウザーを使用して入力できるのブラウザー互換フォーム テンプレートを呼び出されます。この種類のフォーム テンプレートできますしするブラウザー対応InfoPath Forms Servicesを実行するサーバーに発行することとします。

この記事では、互換性、フォーム テンプレートを初めて作成するとき、またはユーザーが、フォーム テンプレートを作成した後に、フォーム テンプレートの設定を選択する方法について説明します。わからない場合、現在の互換性設定のフォーム テンプレートの InfoPath ウィンドウの右下隅にある InfoPath のステータス バーの [互換性] 領域に参照できます。

この記事の内容

ブラウザーの互換性の概要

フォーム テンプレートを作成するときに互換性設定を指定します。

既存のフォーム テンプレートの互換性設定を変更します。

ブラウザーの互換性の概要

すべてのフォーム テンプレートに InfoPath と互換性が、ユーザーがつまり、開くし、ユーザーが自分のコンピューターにインストールされている InfoPath している、InfoPath でフォームを編集します。

InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーへのアクセスがあれば、次の 2 つの種類のユーザーに対応する 1 つのフォーム テンプレートをデザインできます: InfoPath いない人が自分のコンピューターにインストールされているユーザー。後者の場合は、ユーザーは、サポートされている Web ブラウザーで、InfoPath ではなくフォームに入力します。ユーザーがインストールされている InfoPath を使用している場合、InfoPath でフォームを開くことができ、フォームの機能のすべての範囲が発生したことができます。ブラウザーでフォームに入力するユーザーにアクセス、機能の利点より限定されたセットに InfoPath が自分のコンピューターにインストールされているがない場合でも、フォームを使用することができません。InfoPath Forms Servicesを実行するサーバーにフォーム テンプレートを発行する場合は、これらの制限を点に注意する必要があります。

ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインするためのプロセスには、設定すると、最初に、フォーム テンプレートを作成するときは、事前か、後で、フォーム テンプレートを設計するときに互換性を指定することが含まれます。ブラウザー互換フォーム テンプレートを設計すると、テスト、発行、してブラウザー対応化できるように、ユーザーが入力できるブラウザーでできます。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートを作成するときに互換性設定を指定します。

フォームのデザイン] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートで使用するためのブラウザーと互換性のある機能のみを有効にできます。これを行う場合は、InfoPath のコントロールまたはブラウザー互換フォーム テンプレートでサポートされていない機能は非表示またはフォーム テンプレートで使用したくないように、無効化します。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. 新しくデザインフォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレートをクリックします。

  3. に基づいてギャラリー] で、次のいずれかの操作を行います。

    • フォーム テンプレートをデザインするには、 データ ソースを定義するには、[空白] をクリックします。

    • フォーム テンプレートのデータ ソースとしてデータベース、Web サービスを使用するには、 Web サービスまたはデータベースをクリックします。このオプションを使用すると、クエリまたは外部データ ソースへのデータを送信できます。

    • データ ソースとして XML ドキュメント (.xml) ファイルまたはXML スキーマ (.xsd) ファイルを使用するには、 XML、またはスキーマをクリックします。

    • データ ソースのデータ接続情報をデータ接続ファイルの基礎として使用するには、接続ライブラリをクリックします。

  4. ] InfoPath Forms Servicesと互換性のあるフォーム テンプレートを大きくには、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを、[ OK] をクリックします。

    [フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスの互換性設定

    InfoPath で新しいフォーム テンプレートを開きます。右下隅で、InfoPath ウィンドウ、ステータス バーの単語の互換性: InfoPath および InfoPath Forms Servicesも InfoPath のように Web ブラウザーで、フォーム テンプレートが動作することがわかるようにが表示されます。

  5. 通常どおりには、フォーム テンプレートをデザインします。

    機能がInfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーでサポートされていない場合は、ユーザー インターフェイスで淡色表示されている機能が表示され、フォーム テンプレートに追加することはできません。同様に、特定のコントロールがサポートされていない場合に表示されませんで、[コントロール] 作業ウィンドウ。

ページの先頭へ

既存のフォーム テンプレートの互換性設定を変更します。

任意の時点での既存のフォーム テンプレートのデザイン プロセス中の現在の互換性設定を変更することができます。たとえば、同僚から通常、infopath フォーム テンプレートを継承する、今すぐ必要に応じてするブラウザーと互換性のある場合は、フォーム テンプレートの既存の互換性設定を変更できます。

Infopath フォーム テンプレートにはユーザー ロール、カスタム作業ウィンドウ、マスター/詳細コントロールなどのブラウザー互換フォーム テンプレートでサポートされていない機能が含まれています。新しい互換性設定を指定すると後から、[デザイン チェック] 作業ウィンドウで、設定の切り替えが発生したの互換性の問題の一覧を表示できます。

  1. フォーム テンプレートを開きます。

  2. [デザイン チェック] 作業ウィンドウを開くには、[ツール] メニューの [デザイン チェックをクリックします。

  3. ]、[デザイン チェック] 作業ウィンドウの最上部にある互換性設定の変更] をクリックします。

    [デザイン チェック] 作業ウィンドウで [互換性設定] リンクを変更する

  4. フォームのオプション] ダイアログ ボックスで、[ブラウザーの互換性ブラウザーまたは InfoPath で開くことができるフォーム テンプレートのデザイン] をクリックし、をクリックしてOK

    注: 場合によっては、互換性設定を変更しようとしたときにエラーが表示することがあります。たとえば、既存のフォーム テンプレートへのアクセス許可を制限 Information Rights Management (IRM) を使用した場合の互換性設定を変更する前に、設定を削除する必要があります。

    エラーとメッセージの互換性設定を変更する結果にこれで、 [デザイン チェック] 作業ウィンドウが表示されます。

    次の表では、 [デザイン チェック] 作業ウィンドウでエラーとメッセージの違いについて説明します。

    アイコン

    種類

    説明

    アイコンの画像

    エラー

    フォーム テンプレートが正しく機能しません。フォーム テンプレートを発行する前に、エラーを修正する必要があります。

    アイコンの画像

    メッセージ

    フォーム テンプレートは、正常に機能しない場合があります。メッセージは、エラーよりも重大でないです。フォーム テンプレートを発行する前に、メッセージに対処するかどうかを選択できます。

  5. [デザイン チェック] 作業ウィンドウでのブラウザー互換性エラーまたは確認するメッセージのテキストをクリックします。これを行うには、次の操作のいずれかの一般的にようになります。

    • 問題の結果がサポートされていないコントロールやフォーム テンプレート上の他のオブジェクトから、InfoPath が自動的に選択コントロールまたはオブジェクトがします。問題に関する詳細情報を移動するには、コントロールやフォーム テンプレート上のオブジェクトを右クリックし、ショートカット メニューの [詳細] をクリックします。

    • サポートされていない設定に問題が発生する場合: たとえば、フォーム テンプレートで指定ユーザーの役割は、ブラウザー対応フォーム テンプレートで機能しない場合: 問題を説明するわかりやすい警告が表示されます。

  6. ブラウザー互換のエラーを確認し、その修正します。

    注: エラーを修正しない場合でも、 InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーにブラウザー互換フォーム テンプレートを発行することができます。ただし、ユーザーが表示または Web ブラウザーでフォームに入力できないのは、サーバー上のフォーム テンプレートのブラウザーを有効にすることはできません。

  7. ブラウザーの互換性に関するメッセージを確認し、その修正に必要かどうかを決定します。

  8. エラーとメッセージの一覧を更新するには、それらを解決するように [更新] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×