フォーム テンプレートのレイアウトの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートをデザインする場合、フォーム テンプレート上に要素をレイアウト、つまり配置する方法を考慮する必要があります。

一般に、入力したユーザーがフォーム論理的に移動できるように、フォーム テンプレートの別の部分を整理する必要があります。またはテキスト ボックス、チェック ボックス、および虚数グリッドの水平方向および垂直方向の行には、その他の要素を整列することをお勧めします。レイアウト テーブルを使用して、グリッドの境界を定義し、フォーム テンプレート上の要素を整列するようにできます。

この記事の内容

レイアウト用の表と [レイアウト] 作業ウィンドウ

[<ui>レイアウト</ui>] 作業ウィンドウを使用すると、<token>TE000128540</token>と横方向領域 (詳細については、次のセクションを参照) をフォーム テンプレートにすばやく挿入することもできます。

レイアウトに関するヒント

レイアウト用の表と [レイアウト] 作業ウィンドウ

レイアウト用の表と [レイアウト] 作業ウィンドウ

フォーム テンプレートは、視覚効果が高く、他のユーザーにも使いやすいようにデザインするのが理想です。レイアウト用の表を使用すると、この 2 つの目標を達成するのに役立ちます。

[レイアウト] 作業ウィンドウ

レイアウト用の表は他の表に似ていますが、レイアウトのみに使用され、データの表示には使用されません。また、他の表と異なり、既定ではレイアウト用の表には罫線がありません。フォーム テンプレートをデザイン モードでデザインするときに、表内で作業していることがわかるように、レイアウト用の表の罫線が破線で表示されます。ただし、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときには、その罫線は表示されません。

レイアウト用の表は他の表に似ていますが、レイアウトのみに使用され、データの表示には使用されません。また、他の表と異なり、既定ではレイアウト用の表には罫線がありません。フォーム テンプレートをデザイン モードでデザインするときに、表内で作業していることがわかるように、レイアウト用の表の罫線が破線で表示されます。ただし、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときには、その罫線は表示されません。

レイアウト用の表を使用すると、特にコントロールの整理、セクションの分離、ヘッダー セクションおよびフッター セクションの作成、ロゴやその他のグラフィックスの保持が可能です。

フォーム テンプレートのセクション内のレイアウト テーブル

1. このレイアウト テーブルには 2 つの行があります。

1. このレイアウト用の表には 2 つの行があります。

2. 2 行目には 3 つの列があります。中央の列は、間隔の調整にのみ使用されます。

[レイアウト] 作業ウィンドウを使用すると、スクロール領域と横方向領域 (詳細については、次のセクションを参照) をフォーム テンプレートにすばやく挿入することもできます。

ページの先頭へ

[レイアウト] 作業ウィンドウを使用すると、スクロール領域と横方向領域 (詳細については、次のセクションを参照) をフォーム テンプレートにすばやく挿入することもできます。

レイアウト用の表以外に、セクションや繰り返しセクションなどのレイアウト関連のコントロールを使用すると、フォーム テンプレートのデザインに役立ちます。レイアウト関連のコントロールをフォーム テンプレートに挿入すると、実質的には他のコントロールを格納するための空のコンテナを挿入していることになります。

レイアウト用の表以外に、セクションや繰り返しセクションなどのレイアウト関連のコントロールを使用すると、フォーム テンプレートのデザインに役立ちます。レイアウト関連のコントロールをフォーム テンプレートに挿入すると、実質的には他のコントロールを格納するための空のコンテナを挿入していることになります。

次の表に、レイアウトの目的に最もよく使用されるコントロールの簡単な説明を示します。

コントロール

説明

セクション

他のコントロールを格納するコントロールです。たとえば、保険金請求書フォーム テンプレートでは、セクションを使用して、保険契約者から連絡先情報を収集するために使用される一連のテキスト ボックスをグループ化できます。

省略可能セクション

他のコントロールを格納するコントロールで、ユーザーが追加するまではフォームに表示されません。たとえば勤務評価のフォームで、目標設定に関するセクションは社内の全従業員が使用できるが、指導目標に関する省略可能セクションは管理者のみが追加を選択するなどの場合に使用します。

繰り返しコントロール

ユーザーが入力時にフォームのコンテンツを拡大でき、一連の項目から必要な数だけを表示できる、繰り返しセクションまたは繰り返しテーブルなどのコントロールです。たとえば、繰り返しテーブルを使用すると、経費報告書フォーム テンプレートの項目ごとの費用を収集できます。

他のコントロールを格納し、スクロール バーを使って表示領域の外にある情報をスクロールして見ることができる、サイズ固定のコントロールです。スクロール領域は、フォーム テンプレートのセクションに多くのデータが含まれ、ユーザーがそのすべてを同時に見る必要がない場合に便利です。たとえば、繰り返しテーブルを使用してデータベースの多くのレコードを表示する場合、繰り返しテーブルをスクロール領域内に挿入すると、ある時点では数レコードのみを表示するようにできます。スクロール領域はレイアウトの目的のみで使用されるため、データ ソースのフィールドまたはグループにはバインドされません。ブラウザ互換フォーム テンプレートでは、スクロール領域はサポートされていません。

他のコントロールを格納し、スクロール バーを使って表示領域の外にある情報をスクロールして見ることができる、サイズ固定のコントロールです。スクロール領域は、フォーム テンプレートのセクションに多くのデータが含まれ、ユーザーがそのすべてを同時に見る必要がない場合に便利です。たとえば、繰り返しテーブルを使用してデータベースの多くのレコードを表示する場合、繰り返しテーブルをスクロール領域内に挿入すると、ある時点では数レコードのみを表示するようにできます。スクロール領域はレイアウトの目的のみで使用されるため、データ ソースのフィールドまたはグループにはバインドされません。ブラウザー互換フォーム テンプレートでは、スクロール領域はサポートされていません。

横方向領域

他のコントロールを格納し、フォーム テンプレートに横方向に並べて配置できるコントロールです。たとえば、複数の横方向領域を隣り合わせで配置する場合、画面のサイズを変更すると、領域は次の行に折り返されます。横方向領域はレイアウトの目的のみで使用されるため、データ ソースのフィールドまたはグループにはバインドされません。ブラウザ互換フォーム テンプレートでは、横方向領域はサポートされていません。

相互に排他的な選択肢の集まりをユーザーに提示するコントロール。選択肢グループには、フォームの既定値として表示の 1 つの選択肢セクションが含まれています。これらの選択肢セクションには、他のコントロールが含まれます。たとえば、従業員情報フォーム テンプレートの住所情報は、選択肢セクションを含む選択肢グループとして書式設定することができます。各選択肢セクションには、特定の国または地域のアドレスが正しい構文を使用してコントロールが含まれています。従業員は、フォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときに、置き換えることが既定のアドレス] セクションの国または地域に適用されます。

ページの先頭へ

レイアウトに関するヒント

次のヒントを使用すると、レイアウト用の表とレイアウト関連のコントロールの外観、サイズ、およびその他の側面を微調整するのに役立ちます。

  • 新しい空のフォーム テンプレートをデザインする場合、フォーム テンプレートのレイアウトを決定してから、フォームのデザインを開始することをお勧めします。レイアウトを予想するのが難しい場合は、まずデザインのアイデアを紙にスケッチしてみます。Microsoft Office Visio などのプログラムを使用して、アイデアを洗練し、フォーム テンプレートのユーザー インターフェイスの模擬表示を作成することもできます。アイデアを念頭に置いて、[レイアウト] 作業ウィンドウからあらかじめデザインされたテーブルを挿入し、必要に応じてカスタマイズできます。

  • デザイン モードでは、レイアウト用の表の罫線は、個別の行と列が表示されるように破線で表されます。ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときには、これらのグリッド線は非表示です。これにより、デザインがより見やすく、整理された状態になります。デザイン モードでグリッド線を非表示にするには、[] メニューの [グリッド線の非表示] をクリックして、グリッド線をオフにできます。

  • 既定では、InfoPath はレイアウト用の表とレイアウト関連のコントロール (セクション、スクロール領域など) を、印刷ページの幅に合わせて挿入します。この既定の設定を変更するには、[表示] メニューの [ビューのプロパティ] をクリックします。[全般] タブの [レイアウトの設定] で、[このフォーム テンプレートでユーザー設定レイアウトを使用する] チェック ボックスをオンにし、[ユーザー設定レイアウトの幅] ボックスに別の数値を入力します。

  • レイアウト用の表とレイアウト コントロールにユーザー設定レイアウトの幅を指定する場合、フォーム テンプレートの印刷可能領域の幅よりも広くならないようにしてください。印刷ページの幅がどの程度になるか、つまりフォーム テンプレート上のコンテンツがページ内に収まるかどうかをすばやく確認するには、[表示] メニューの [ページの幅ガイド] をクリックします。このコマンドをクリックすると、画面の右側に縦の破線でガイドが表示されます。このガイドは、コンピュータで通常使うプリンタに基づいて、印刷ページの右余白を示します。

  • レイアウト コントロールまたはレイアウト用の表の罫線または色を変更するには、変更するコントロールまたは表をクリックします。[表示形式] メニューの [罫線と網かけの設定] をクリックし、必要な調整を行います。

  • 既定では、レイアウト用の表はフォーム テンプレートに左揃えで配置されます。表全体を中央揃えまたは右揃えにするには、表を選択します。[] メニューの [表のプロパティ] をクリックし、[] タブの [中央揃え] または [右揃え] をクリックします。

  • セル内のスペースとは、セルの周囲にある余白のサイズです。セルとセル内のテキストの間のバッファ領域と考えることができます。通常は、スペースを調整すると、Enter キーを押して余白を広げる場合よりも細かく間隔調整ができます。セル内のスペースを調整するには、[表のプロパティ] ダイアログ ボックスの [セル] タブでオプションを選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×