フォーム テンプレートのメイン データ接続に使用する SQL Server データベースを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

概要

始める前に

メインのデータ接続を変更します。

概要

フォーム テンプレートで Microsoft SQL Server のデータベースへのメイン データ接続をデザインする場合は、メイン データ接続の接続先を別の SQL Server のデータベースに変更する必要がある場合があります。たとえば、フォーム テンプレートをデザインして、本稼働用のデータベースに似たテスト用データベースを使用する環境で、そのフォーム テンプレートをテストするとします。このテスト プロセス中は、会社がテスト用に使用する SQL Server データベースに基づいたフォーム テンプレートをデザインします。ただし、フォーム テンプレートを展開したときにユーザーが使用する本稼働用 SQL Server データベースは、別のサーバー上にあります。フォーム テンプレートを展開する前に、メイン データ接続をテスト用データベースから本稼働用データベースに変更しておく必要があります。

フォーム テンプレートのメイン データ接続でデータベースを変更すると Microsoft Office InfoPath には、新しいデータベースのデータが保存されていることに対応するフィールドとグループがメインのデータ ソースが作成されます。新しいデータベースでは、古いデータベースと同じ方法でデータを保存する場合は、InfoPath はフォーム テンプレート上の既存のコントロールを自動的に新しいデータ ソース内のフィールドにバインドします。新しいデータ ソース内のグループとフィールドが一致しないフィールドや古いデータ ソース内のグループ場合 InfoPath では、コントロールからのデータ ソースのバインドが削除されます。InfoPath では、コントロールからバインドを削除した場合は、フォーム テンプレートからコントロールを削除する、またはコントロールを新しいデータ ソース内の他のフィールドにバインドする必要があります。

メイン データ接続を変更した後は、フォーム テンプレートを発行およびテストして、フォーム テンプレートに基づくフォームにユーザーが入力したときに、データベースへのメイン データ接続が正しく動作することを確認してください。また、フォーム テンプレートに基づく既存のフォームも以前と同じように動作することもテストして確認してください。テストが完了したら、ユーザーに、このフォーム テンプレートに基づくフォームへの入力を開始させることができます。フォーム テンプレートを発行する方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

始める前に

メイン データ接続を変更するには、データベース管理者から次の情報を入手する必要があります。

  • 新しい SQL Server データベースがあるサーバー名。

  • 新しいデータベースに必要な認証。データベースでは、Microsoft Windows 認証または SQL Server 認証を使用して、ユーザーがデータベースにどのようにアクセスできるかを判断できます。

  • 新しいデータベースのテーブル名、フィールド名、およびリレーションシップが古いデータベースのものと同じかどうかの確認。最初にこのフォーム テンプレートをデザインしたときにテーブル リレーションシップを追加した場合は、メイン データ接続を変更するときに、それらと同じテーブル リレーションシップも追加する必要があります。

ページの先頭へ

メイン データ接続を変更する

  1. [ツール] メニューの [メイン データ ソースの変更] をクリックします。

  2. データ接続ウィザードで、選択したオプションがこのデータ接続に対して正しいかどうかを確認して、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの次のページで、[データベース (Microsoft SQL Server または Microsoft Office Access のみ)] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、[データベースの変更] をクリックします。

  5. [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで、[新しいソース] をクリックします。

  6. [接続するデータ ソースの種類を指定してください] ボックスの一覧で [Microsoft SQL Server] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  7. [サーバー名] ボックスに、SQL Server データベースを含むサーバーの名前を入力します。

  8. [ログイン時の証明] で、次のいずれかの操作を行います。

    • データベースで、Microsoft Windows ネットワークで使用される証明に基づいてアクセス権があるユーザーを確認する場合は、[Windows 認証を使用する] をクリックします。

    • データベースで、データベース管理者から入手する指定のユーザー名とパスワードに基づいてアクセス権があるユーザーを確認する場合は、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、[ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスにユーザー名とパスワードを入力します。

  9. [次へ] をクリックします。

  10. [使用するデータが含まれているデータベースを選択] ボックスの一覧で、使用する新しいデータベースの名前をクリックし、[指定したテーブルに接続] チェック ボックスをオンにし、主テーブルの名前をクリックして、[次へ] をクリックします。

  11. ウィザードの次のページで、[ファイル名] ボックスにデータ接続情報を保存するファイル名を入力して、[完了] をクリックしてこれらの設定を保存します。

    クエリ データ接続で他のテーブルを使用する予定がある場合は、ウィザードのこのページで他のテーブルを追加できます。

    他のテーブルを追加します。

    1. [追加] をクリックします。

    2. [追加する子テーブルを選択してください] ボックスの一覧から、子テーブルの名前をクリックして、[次へ] をクリックします。

    3. InfoPath は、両方のテーブルの各フィールド名を対応させて、リレーションシップを設定しようと試みます。推奨されたリレーションシップを使用しない場合は、リレーションシップを選択し、[リレーションシップの削除] をクリックします。

    4. リレーションシップを追加するには、[リレーションシップの追加] をクリックし、両列の関連するフィールドの名前をクリックして、[OK] をクリックします。

    5. [完了] をクリックします。

    6. 子テーブルを追加するには、これらの手順を繰り返してください。

  12. [次へ] をクリックします。

  13. ウィザードの最後のページで、メイン データ接続の名前を入力します。この名前は、[データ ソース] 作業ウィンドウの [データ ソース] ボックスの一覧に表示されます。

  14. ユーザーがフォーム データを、後で追加する別の送信データ接続を経由して送信できるようにするには、[この接続での送信を有効にする] チェック ボックスをオフにして、メイン データ接続の送信データ接続を無効にします。

  15. [完了] をクリックします。

    ヒント: フォーム テンプレートへのセカンダリ データ接続であるクエリ データ接続または送信データ接続を変更する必要がある場合は、次の手順に進む前にこれらの変更を行うことができます。ここでセカンダリ データ接続を変更することによって、新しいメイン データ接続と新しいセカンダリ データ接続の両接続を同時にテストすることができます。セカンダリ データ接続の変更の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  16. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

  17. フォーム テンプレートを発行するには、[ファイル] メニューの [発行] をクリックします。

  18. このフォーム テンプレートに基づくフォームを開いて入力し、フォームを十分にテストします。このフォーム テンプレートに基づくフォームが予想どおりに動作することを確認します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×