フォーム テンプレートのデータのインポートとエクスポートの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、フォーム デザインおよびフォーム データを他のプログラムから Microsoft Office InfoPath にインポートする際に利用できるオプションについて説明します。また、InfoPath のフォーム テンプレートとフォーム データを他の形式にエクスポートする際のオプションについても説明します。

この記事の内容

その他のプログラムからフォームのデザインをインポートするためのオプション

その他のプログラムからデータをインポートするためのオプション

その他のプログラムにフォーム テンプレートをエクスポートするためのオプション

その他のプログラムにデータをエクスポートするためのオプション

他のプログラムからフォーム デザインをインポートするためのオプション

InfoPath には、他のプログラムからフォーム デザインをデザイン モードでインポートできるように、次のようなオプションが用意されています。

Word 文書および Excel ブックをインポートする    Microsoft Office Word で作成したフォームなどの既存のフォームを使用するときは、InfoPath のインポート ウィザードを使うと、既存のフォームを InfoPath フォーム テンプレートに変換できます。InfoPath には 2 種類のフォーム テンプレート インポータがあり、これらを使って既存の Microsoft Office Excel ブックまたは Microsoft Office Word 文書を InfoPath フォーム テンプレートに変換できます。次の例では、デザイナによって Word 文書のインポート オプションがカスタマイズされています。

インポート ウィザードを背景で開いた [インポート オプション] ダイアログ ボックス

カスタムのフォーム テンプレート インポータを開発する    高度なフォーム テンプレートのデザイナや開発者の場合、他の形式の電子フォームまたはドキュメントからフォーム テンプレートをインポートするための独自のソリューションを開発できます。この作業は、InfoPath の外部で行います。

OCR ソフトウェアを使用して電子的にスキャンした紙のフォームまたはドキュメントをインポートするために、独自のソリューションを開発することもできます。既定では、InfoPath のインポート ウィザードは一度に 1 つずつフォームをインポートします。既存のフォームの大規模なライブラリを所有している組織の場合は、フォーム テンプレート インポータを自動化して複数のフォームを同時にインポートできるようにすると便利です。たとえば、既存の Word フォームが数百もある大規模な組織では、Word フォーム用の組み込みの InfoPath インポータを自動化するために時間とリソースを費やす価値はあります。

カスタムのフォーム テンプレート インポータを開発する方法の詳細については、[参照] セクションの「MSDN: What's new for InfoPath developers」のリンクをクリックしてください。

使用するサード パーティのフォーム テンプレートのインポート   Microsoft Office の Web サイトをサードパーティ プロバイダーによって作成されたフォーム テンプレートのインポート機能を見つけることができます。結果のフォーム テンプレートの機能は、特定のインポートによって異なります。場合によっては、フォーム テンプレートをインポートすると、いただきたいデータ ソース内での新しいフォーム テンプレート、および [ バインドデータ ソースフィールドまたはグループにフォーム テンプレート上のコントロールを手動で作成します。

ページの先頭へ

他のプログラムからデータをインポートするためのオプション

フォーム データ インポータを使用すると、ユーザーは他の形式のファイルのデータを使って InfoPath フォームに入力できます。InfoPath には、データ インポータは組み込まれていません。ただし、サード パーティのサービス プロバイダまたは組織内で作成したフォーム データ インポータがある場合、ユーザーはそれをインストールして使用できます。ユーザーのコンピュータにデータ インポータをインストールすると、ユーザーはフォームを開き、[ファイル] メニューの [フォーム データのインポート] を使用して他のソースのデータをフォームにインポートできるようにます。

InfoPath フォームにデータをインポートするときは、次のオプションを使用できます。

カスタム データ インポータを作成する    企業で高度なフォーム テンプレートを作成するデザイナまたは開発者は、組織のビジネス要件に応じて、既存のデータを他のプログラムから InfoPath フォームに転送するためのカスタム インポータを作成できます。この作業は、InfoPath の外部で行います。たとえば、組織では、既存のデータを紙の保険金請求フォームから InfoPath の保険金請求フォームにインポートすることを計画しているとします。このプロセスを自動化するために、IT 部門の開発者は、紙のフォームをスキャンし、OCR を使用して、スキャンしたデータを実際の文字列に変換するデータ インポータをデザインできます。このデータ インポータをインストールして使用することにより、既存の紙のフォームのデータを、InfoPath フォームの対応するフィールドに効率よく転送できます。

カスタム データ インポータを開発する方法の詳細については、[参照] セクションの「MSDN: What's new for InfoPath developers」のリンクをクリックしてください。

サード パーティのデータのインポートを使用します。   Office Web サイトをサードパーティ プロバイダーによって作成されたフォームのデータ インポート機能を見つけることができます。作成されたフォームの機能は、特定のインポートによって異なります。

ページの先頭へ

他のプログラムにフォーム テンプレートをエクスポートするためのオプション

フォーム テンプレート エクスポータを使用すると、InfoPath フォーム テンプレートのデザインを別の形式にエクスポートできます。カスタムのフォーム テンプレート エクスポータをインストールすると、フォーム テンプレートをデザイン モードで開き、[ファイル] メニューの [フォーム テンプレートのエクスポート] をクリックして、フォーム テンプレートのデザインを別の種類の電子フォームにエクスポートできるようになります。InfoPath には、組み込みのフォーム テンプレート エクスポータはありません。フォーム テンプレートのデザインをエクスポートするには、次のいずれかを行う必要があります。

カスタムのフォーム テンプレート エクスポータを開発する    企業で高度なフォーム テンプレートを作成するデザイナまたは開発者は、組織のビジネス要件に応じて、既存のフォーム テンプレートのデザインを InfoPath から他のプログラムにエクスポートするためのカスタム ソリューションを開発できます。この作業は、InfoPath の外部で行います。

カスタムのフォーム テンプレート エクスポータを開発する方法の詳細については、[参照] セクションの「MSDN: What's new for InfoPath developers」のリンクをクリックしてください。

サード パーティのフォームのテンプレート業者を使用します。   Office Web サイトをサードパーティ プロバイダーによって作成されたフォーム テンプレートのエクスポートを見つけることができます。

ページの先頭へ

他のプログラムにデータをエクスポートするためのオプション

InfoPath フォームのデータを他の形式にエクスポートする場合は、次のいずれかを行うことができます。

フォーム データを Excel にエクスポートする    InfoPath フォームのデータは、Microsoft Office Excel 2007 の新しいブックにエクスポートできます。これにより、フォーム データをすばやくフィルタ、並べ替え、分析できるほか、フォーム データからグラフを作成できます。一度に 1 つまたは複数のフォームのデータをエクスポートできます。1 つ以上のフォームからすべてのデータをエクスポートすることも、選択したデータをエクスポートすることもできます。また、Microsoft Office Outlook 2007 の InfoPath Forms のフォルダーに保存されている InfoPath 電子メール フォームのデータや、Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサイトのドキュメント ライブラリに保存されているデータをエクスポートすることもできます。

InfoPath 電子メール フォームを XML ファイルとしてエクスポートする    1 つ以上の InfoPath 電子メール フォームからフォーム データを Microsoft Office Excel 2007 ブックにエクスポートできるだけでなく、InfoPath 電子メール フォームを個別の XML ファイルとしてエクスポートし、後で InfoPath か、XML をサポートするデータ ストレージ ツール (たとえば、Microsoft Office Access) またはデータ分析ツール (たとえば、Excel) を使用して保存し、開くことができます。

Export データを固定レイアウト形式にエクスポートする    完成したフォームのスナップショットを固定レイアウト形式で保存するには、フォームを次の形式にエクスポートします。

  • PDF (Portable Document Format)    PDF は、ドキュメントの書式設定を保持できる固定レイアウトの電子ファイル形式であり、ファイルの共有を可能にします。PDF 形式を使用すると、ファイルがオンラインで表示または印刷されたときに、元の書式がそのまま維持され、ファイルのデータが容易に変更されることがなくなります。PDF 形式は、印刷業者に依頼してドキュメントを複製するときにも便利です。

  • XPS (XML Paper Specification)    XPS は、ドキュメントの書式設定を保持できる固定レイアウトの電子ファイル形式であり、ファイルの共有を可能にします。XPS 形式を使用すると、ファイルがオンラインで表示または印刷されたときに、元の書式がそのまま維持され、ファイルのデータが容易に変更されることがなくなります。

    注: アドインをインストールした場合にのみ、2007 Microsoft Office system プログラムから PDF または XPS ファイルとして保存できます。詳細については、「PDF や XPS など、その他のファイル形式のサポートを有効にする」を参照してください。

読み取り専用の Web ページとしてデータをエクスポートします。   InfoPath フォームのユーザーが入力するときに、単一ファイル Web ページ (MHTML) がフォームを保存するのにWeb にエクスポート機能を使用することができます。この形式は、完成したフォームを Web ブラウザーで表示するのには、自分のコンピューターにインストールされている InfoPath を持たないユーザーが入力するか、フォームを変更することはできません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×