フォーム テンプレートのテストの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム テンプレートに基づくフォームが使いやすく、適切な種類のデータを収集できるものであることを確認するには、フォームを発行してユーザーに入力させる前にフォーム テンプレートをテストする必要があります。

このトピックの内容

概要

データ収集機能をテストする

操作性をテストする

概要

フォーム テンプレートに基づくフォームに入力するユーザーの数によって、また収集するデータの種類によって、フォーム テンプレートのテストは、小規模なチーム向けのフォーム テンプレートをプレビューするなどの簡単なものにすることも、会社全体のフォーム テンプレートの機能をテストするテスト環境を含むフォーマルなプロセスを計画するなどの大規模なものにすることもできます。フォーム テンプレートの対象ユーザーが 10 名であっても、10,000 名であっても、フォーム テンプレートのテストがデザイン プロセスの重要な一部であることに変わりはありません。

発行する前にフォーム テンプレートをテストすると、次のことができるようになります。

  • フォーム テンプレート内のコントロールが適切に設定されているかどうかを調べて、フォーム テンプレートに基づくフォームが適切な種類のデータを収集するものであることを確認します。

  • フォーム テンプレートに実装したすべての機能が適切に動作することを確認します。

  • ユーザーが、新しいフォームを作成および送信したり、フォーム テンプレートに基づく既存のフォームを変更することができることを確認します。

  • フォーム テンプレート内の管理コードが意図したとおりに機能することを確認します。

  • 異なるセキュリティ設定を設定したフォームが意図したとおりに機能することを確認します。

フォーム テンプレートのテストは通常、テスト計画の定義から開始します。少数のユーザーを対象としたフォーム テンプレートの場合は、自分用にメモをとる程度の簡単なテスト計画でかまいません。大勢のユーザーを対象としたフォーム テンプレートの場合は、実行予定のテスト、予期される結果、フォーム テンプレートの発行準備が整ったことを判断するのに使用する条件などを記述した、フォーマルなテスト計画を作成します。

フォーム テンプレートのデザインを開始する前に、計画段階でテスト計画を作成することをお勧めします。デザイン段階でフォーム テンプレートの計画済みのデザインに変更が生じた場合は、それに従ってテスト計画を変更する必要があります。テスト計画を作成する場合は、正しい値が入力された箇所のテストおよび間違った値が入力された箇所のテストを含めて、正しい値のみが保存または送信されるようにします。計画段階で、フォーム テンプレートにフィールド、コントロール、または機能を含めることを決定した場合は、そのフィールド、コントロール、または機能のテストの計画方法について検討し、メモをとる必要があります。たとえば、1 ~ 31 の正の数のみを入力できるコントロールをフォーム テンプレートに追加することを計画する場合、テスト計画には、正しい値を入力するテスト、許可されている値より大きいまたは小さい値を入力するテスト、および数値の変わりに文字を入力するテストを含めます。

場合によっては、フォーム テンプレートのデザイン中に、機能および動作をテストすることを選択できます。たとえば、コントロールを実装した直後に、[プレビュー] ウィンドウを使用してデータの入力規則をテストすることを選択できます。こうすると、フォーム テンプレートのデザイン後に必要となる実際のテスト時間を短縮できます。

フォーム テンプレートのデザインが完了したら、テスト計画に従ってテストを開始することができます。フォーム テンプレートのテスト中に問題が見つかった場合は、それをメモしておきます。ただし、問題を修正する前に、まずこの時点で修正するべき問題かどうかを判断します。フォーム テンプレートの展開スケジュールに応じて、視覚的な問題 (フォーム テンプレートの色、コントロールの位置など) を修正する前に、データに関連した問題 (間違った結果が返される数式など) を修正する必要がある場合があります。問題を修正した後で同じテストを再実行して、問題が本当に修正され、新しいエラーが発生しないことを確認する必要があります。

このテスト プロセス中に、フォーム テンプレートの元のデザインに対して新しい機能や変更が必要かどうかを決定することができます。これらの変更を実装する前に、これらの新しい機能の実装およびテストに要する費用を検討します。また、新しい機能が既存の機能の安定性に与える可能性のある影響を検討します。フォーム テンプレートに新しい機能を追加する場合は、必ずテスト計画を更新してこれらの新しい機能のテストを含めます。実装に要する費用により、フォーム テンプレートのスケジュールされている展開に遅れが生じる場合は、これらの新しい機能を後で実装することを検討します。

テスト プロセスでは、フォームの機能および外観のテストと、新規フォームの作成と送信およびフォーム テンプレートに基づく既存のフォームの変更などのプロセスのテストを組み合わせることができます。フォームの機能のテストには、フォームで収集されたデータが正しいかどうかの確認が含まれます。データのテストには、フォーム テンプレートに実装された Microsoft Office InfoPath 機能 (条件付き書式、データの入力規則、コードなど) のテストのほか、フォーム テンプレートによって正しいデータが収集されるかどうかの確認が含まれます。フォームの新規作成、新規フォームの送信、既存のフォームの変更などのプロセスもテストする必要があります。データとプロセスの両方をテストすることにより、フォーム テンプレートに基づくフォームが、適切なデータを収集および保存できるものであることを確認できます。

ページの先頭へ

データ収集機能をテストする

InfoPath には、ユーザーによってフォームに適切なデータが入力されるように、条件付き書式、データの入力規則、数式、動作規則、コードなどのさまざまな機能が用意されています。これらの機能をテストして、それらが適切に設定されていることを確認するには、フォーム テンプレートをプレビューします。フォーム テンプレートをプレビューすると、新しい [プレビュー] ウィンドウが開いてフォーム テンプレートに基づくフォームが表示され、これらの機能をテストするのに使用できます。

フォーム テンプレートをテストする際に何度も同じデータ セットを使用する場合は、サンプル データを含むフォームを保存して、フォーム テンプレートをプレビューするときにサンプル データを含むこのフォームを使用するようにフォーム テンプレートを設定します。こうすると、フォーム テンプレートをプレビューするたびに同じデータ セットを入力する手間が省けます。サンプル データを使用して、フォーム テンプレート上のコントロールおよびフィールドが正しいデータを入力できるように設定されているかどうかをテストすることができます。また、間違ったサンプル データを含むフォームを保存して、間違ったデータが入力されたときにフォーム テンプレートが適切に応答するかどうかをテストすることができます。

ページの先頭へ

操作性をテストする

フォーム テンプレートに基づくフォームでユーザーが入力および送信を行うプロセスをテストするには、フォーム テンプレートをテスト環境に発行する必要があります。テスト環境は、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに対してアクセスおよび入力を行う実稼働環境と類似しているのが理想的です。たとえば、実稼働環境が Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft SQL Server データベースを実行している複数のサーバーによって管理されている Microsoft Windows ネットワークである場合、テスト環境は別のサーバーによって管理されている別の Windows ネットワークである必要があります。実稼働環境でテストを行うと、実稼働環境内のユーザーやそれらのサーバーに保存されているデータに影響を与えるので、実稼働環境ではテストを行わないでください。

テスト環境では、新規フォームの作成および送信、データを含む既存のフォームの変更、データが適切な外部データ ソースに送信されるかどうかのテストなどのプロセスをテストできます。テスト環境を使用すると、ユーザーがフォームを作成してまだ送信していないときにサーバーがオフラインになった場合の対応など、不測事態計画もテストできます。

ヒント: フォームに対するアクセス、入力、および送信のプロセスをテストするもう 1 つの方法として、代表的な一部のユーザーにフォーム テンプレートを使用してもらってから、すべてのユーザーが使用できるようにします。こうすると、フォーム テンプレートに基づくフォームが入力しやすいものであることを実際のユーザーが確認し、ユーザーが新規フォームの作成と送信または既存のフォームの変更を行えることを確認できます。この期間中は、ユーザーによるフォーム テンプレートの実際の使用方法に関する貴重なフィードバックを収集し、そのフィードバックに基づいてフォーム テンプレートを変更することができます。たとえば、特定のコントロールの使用について一部のユーザーが問題を感じたが、この動作をフォーム テンプレートのデザイン中には予測できなかったとします。見込みユーザーでテストを実行しなくても、フォーム テンプレートを展開した直後にこの動作を検出することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×