フォーム テンプレートに条件付き書式を適用する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

条件付き書式とは

互換性に関する考慮事項

条件付き書式を追加します。

条件付き書式を変更します。

条件付き書式とは

Microsoft Office InfoPath 2007、条件付き書式、コントロールの書式設定オプションを指定することができます条件に基づいて、フォーム上で発生します。フォーム テンプレートに基づくフォームの入力時に、指定した条件が該当する場合、条件付き書式が表示されます。条件付き書式を適用、太字、下線、斜体、取り消し線、フォントの色、および背景色をコントロールを使用することができます。条件付き書式を使用して、ユーザーができ、コントロールが無効になっているかどうか、またはユーザーを追加または削除省略可能セクションなど、特定のコントロールを有効にするかどうかを入力するときにコントロールがフォームに表示されているかどうかを確認することができますもします。

次に、フォーム テンプレートに条件付き書式を使用する方法の例をいくつか含まれています。

  • 送付先のアドレスを指定する] チェック ボックスが選択されていない場合は、送付先のアドレス] のセクションを非表示にします。

  • フォントの色を青とを開封済みメッセージが必要なすべての費用の太字のフォント スタイルを変更します。

  • 変更する行の色の繰り返しテーブルの行のテキスト ボックスの値に基づきします。たとえば、赤、スケジュールの背後にあるアイテムの行と緑のスケジュールされているアイテムの行を確認します。

  • 緑色のテキストが ¥ 0 より小さい以上になる財務赤色のテキスト エントリを登録します。

  • 繰り返しテーブルの行をフィルター処理します。

注: メッセージを表示するには、ユーザーがフォームに不適切な値を入力するときに、 データの入力規則を使用することもできます。

ページの先頭へ

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする特定の互換モードを選択できます。InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーに発行し、[ブラウザー対応ブラウザー互換フォーム テンプレートがある場合は、フォーム テンプレートに基づくフォームを Web ブラウザーで表示できます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際にいくつかのコントロールは [コントロール] 作業ウィンドウで利用できることはできません。

条件付き書式をサポートするコントロールのリスト

次の表は、条件付き書式をサポートするOffice InfoPath 2007コントロールと、ブラウザー互換フォーム テンプレートで使用できるいるかどうか。

条件付き書式をサポートするコントロール

ブラウザー互換フォーム テンプレートで使用できるか。

ボタン

はい

チェック ボックス

はい

日付の選択コントロール

はい

ドロップダウン リスト ボックス

はい

式ボックス

はい

添付ファイル

はい

リスト ボックス

はい

オプション ボタン

はい

省略可能セクション

はい

繰り返しセクション

はい

繰り返しテーブル

はい

リッチ テキスト ボックス

はい

セクション

はい

テキスト ボックス

はい

箇条書き、段落番号、または標準リスト

いいえ

選択肢セクション

いいえ

コンボ ボックス

いいえ

横方向繰り返しテーブル

いいえ

インク描画

いいえ

マスター/詳細

いいえ

複数選択リスト ボックス

いいえ

いいえ

繰り返し再帰セクション

いいえ

縦方向のラベル

いいえ

ページの先頭へ

条件付き書式を追加します。

  1. フォーム テンプレートで、条件付き書式] を追加するコントロールを選択し、[書式] メニューの [条件付き書式] をクリックします。

  2. [条件付き書式] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

  3. この条件が満たされた場合のボックスに、条件を入力します。

    注: InfoPath では、 フィールドコントロールのバインド先コントロール自体の値を確認して、条件を確認します。

  4. その他の条件を追加するには、[とし、次の条件が true のかどうかは[右側] ボックスに、次のいずれかを行います。

    • 両方の条件が当てはまる場合のみ、書式を適用するには、をクリックします。

    • 一方または両方の条件が true のときに書式設定を適用するには] の横の矢印をクリックし、[または] をクリックします。

  5. この書式を設定するには、[条件の条件を適用する書式を選択し、[ OK] をクリックします。

    注: 指定された 1 つ以上の条件が true の場合、InfoPath は 2 番目の条件の書式のみを適用します。

  6. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

条件付き書式を変更します。

  1. フォーム テンプレートで、[条件付き書式を変更するコントロールを選択し、[書式] メニューの [条件付き書式] をクリックします。

  2. [条件付き書式] ダイアログ ボックスで、変更する条件を選択し、[変更] をクリックします。

  3. この条件が満たされた場合のボックスに条件を変更します。

    注: InfoPath では、コントロールそのものではなく、コントロールにバインドされているフィールドの値を確認して、条件を確認します。

  4. 条件の条件を適用する新しいの書式を選択し、[ OK] をクリックします。

  5. コントロールの複数の条件があるが評価される順序を変更する場合、[条件付き書式] ダイアログ ボックスで、条件を選択し、[上へ移動] または [下へ移動します。

    注: 指定された 1 つ以上の条件が true の場合、InfoPath は 2 番目の条件の書式のみを適用します。

  6. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×