フォーム テンプレートにデジタル署名する

フォーム テンプレートにデジタル署名を追加すると、フォーム上のデジタル署名がそのフォームに入力したユーザーの本人性を証明するのと同様に、フォーム テンプレートの作成者の本人性が証明されます。また、デジタル署名が追加されたフォーム テンプレートは、完全信頼のレベルで動作できるようになります。たとえば、完全信頼のセキュリティ レベルを要求するマネージ コードがフォーム テンプレートに含まれている場合、そのフォーム テンプレートを使用するためには、テンプレートをユーザーのコンピューターにインストールするか、フォーム テンプレートの作成者がデジタル署名を追加する必要があります。

注: 完全信頼のセキュリティ レベルで動作するように設定された InfoPath フォームのコピーを、Microsoft Office Outlook 2007 ユーザーから他の Office Outlook 2007 ユーザーに電子メールで送信する場合、そのフォームを正しく動作させるためには、関連付けられたフォーム テンプレートがデジタル署名で署名されている必要があります。

フォームまたはフォーム テンプレートにデジタル署名を追加するには、デジタル証明書が必要です。デジタル証明書は、商用証明機関または社内のセキュリティ管理者から取得できます。デジタル証明書を購入する必要があるかどうかは、組織がどのくらい広範囲にフォーム テンプレートを展開しようと計画しているかによって決まります。

信頼されたルート証明書を使用し、デザインしているフォーム テンプレートにデジタル署名すると、フォーム テンプレートの整合性と信頼性を保証するのに役立ちます。また、フォーム テンプレートのセキュリティ レベルを [完全信頼] に設定できます。これは、フォーム テンプレートからユーザーのコンピュータまたは別のドメインのファイルおよび設定にアクセスすることができ、したがってフォーム テンプレートで幅広い機能を使用できることを意味します。さらに、フォーム テンプレートにデジタル署名すると、電子メール プログラムを使用してフォーム テンプレートおよびフォーム テンプレートのアップデート バージョンを他のユーザーに送信することにより、そのフォーム テンプレートを配布したり、更新したりすることができます。

  1. [ツール] メニューの [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティと信頼] をクリックし、[このフォーム テンプレートに署名する] チェック ボックスをオンにします。

  3. [証明書の選択] をクリックします。

  4. [証明書の選択] ダイアログ ボックスで、フォーム テンプレートへのデジタル署名で使用する証明書をクリックします。

    注: 証明書がユーザーのコンピュータで信頼されていない場合、InfoPath によってセキュリティ メッセージが表示され、フォーム テンプレートに基づくフォームを開く前に証明書の発行者に対する信頼を有効にするように要求されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×