フォーム テンプレートにカスタム ヘルプ テキストを追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォームの目的を理解してが正常に記入するための場合は、フォーム テンプレートに操作方法のヘルプ テキストを追加できます。

この記事での種類のフォーム テンプレートを作成すると、参加者には、フォーム テンプレートを展開するかなどの要素を考慮してフォーム テンプレートを基にユーザーがフォームに入力するかどうかに最適な種類のヘルプ テキストを確認する方法を説明します。Web ブラウザーを使用してフォーム テンプレートです。

この記事の内容

互換性に関する考慮事項

ヘルプの種類

ヘルプを表示するビューを作成します。

ヘルプを表示するカスタム作業ウィンドウを作成します。

条件付き書式を使用して、文脈に応じたヘルプを表示するには

外部のヘルプ ファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを作成します。

InfoPath のヘルプを表示するための手順を追加します。

互換性に関する考慮事項

Microsoft Office InfoPath 2007でフォーム テンプレートをデザインする際に、 ブラウザー互換フォーム テンプレートを設計することもできます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際に一部の機能は利用できません。たとえば、カスタム作業ウィンドウで、カスタム ヘルプ テキストを表示するよく使われるブラウザー互換フォーム テンプレートではサポートされていません。ブラウザー互換フォーム テンプレートにヘルプを追加するには、別の条件付き書式を使用して、文脈に応じたヘルプを表示するなど、ヘルプを追加する方法を検討してください。

ページの先頭へ

ヘルプの種類

フォーム テンプレートの複雑さをユーザーのニーズに応じてには別の手順を使用してさまざまな種類のヘルプ テキストを追加できます。によっては、フォーム テンプレートには、フォーム テンプレートの 1 つ以上の種類のヘルプ テキストを使用する可能性があります。フォーム テンプレートのヘルプ テキストを表示する最も一般的な方法の一覧を次に示します。

  • ビューのヘルプ   詳細な指示をユーザーに提供する場合は、ヘルプのテキストを表示するのには、独立した表示を作成します。フォーム テンプレートの既定のビューに追加したコントロールを複製して対応するヘルプ テキストを含めるまたはヘルプ テキストだけが含まれているヘルプを表示を作成できます。ヘルプのテキストを含んだコントロールを追加すると、フォームの入力を別のビューを提供する、文脈に応じたについてには、各セクションやコントロールが含まれています。これは、対象ユーザーには、経験豊富なユーザーは、既にフォームに入力する方法を理解していると、追加のサポートが必要な新しいユーザーの両方が含まれている場合に便利な方法です。

    ヒント: ブラウザー互換フォーム テンプレートには、カスタム作業ウィンドウをサポートしていない、ためには、カスタム作業ウィンドウの代わりにはヘルプ テキストを表示するには、ヘルプのビューを使用します。

  • ユーザー設定] 作業ウィンドウ   カスタム作業ウィンドウでは、ユーザーがフォームに入力するときに、InfoPath の作業ウィンドウで表示される内容を HTML ファイル。フォーム テンプレートの既定のカスタム作業ウィンドウで開くには、1 つだけの HTML ファイルを指定することができますが、フォーム テンプレートにリソース ファイルとして HTML ファイルを追加したり、それらの間にハイパーリンクを作成します。カスタム作業ウィンドウでは、HTML ファイルのみを表示できます。カスタム作業ウィンドウには、フォームに固有のコマンドやヘルプ コンテンツを提供できます。フォーム テンプレートに直接 HTML ファイルを追加するには、ユーザーは、オフラインでフォームに記入またはカスタム作業ウィンドウを別の場所に保存されている HTML ファイルにリンクする際にも、カスタム作業ウィンドウのヘルプが閲覧できるようにします。たとえば、多くの場合、ヘルプ コンテンツを更新する、フォーム テンプレートを発行するには、HTML ヘルプ ファイルへの更新が行われるたびにしたくない場合は、カスタム作業ウィンドウから別の場所、リンクに HTML ファイルを保存することをお勧めします。エントリの InfoPath でカスタム作業ウィンドウに記入するフォームを作成する必要がありますので、ブラウザー対応フォーム テンプレートはカスタム作業ウィンドウ] がサポートされていませんにご注意ください。

  • 条件付き書式設定    条件付き書式を使用すると、フォーム上で発生した条件に基づいたコントロール用の別の書式設定オプションを指定することができます。ユーザーがフォームに入力するときに、指定した条件が該当する場合、条件付き書式が適用されます。ヘルプ テキストをフォーム テンプレートのセクションを追加し、条件付きの追加] セクションを許可することをユーザーに表示または非表示にする文脈に応じたに書式をセクションのヘルプ テキストまたはビューを切り替えることがなく、必要に応じて制御します。インライン ヘルプを提供する特定のセクションまたはコントロールには、ヘルプを表示しているユーザーの場合に便利です。

  • 外部のヘルプ    Web サイトに HTML ファイルなど、外部ファイルにリンクを追加することができます。たとえば場合は、組織のテクニカル サポートの Web サイトでは、テクニカル サポート エンジニアにライブ チャット セッションを開始するための Web ページを含む、ページ、Web ブラウザーで開くできるフォーム テンプレートにハイパーリンクを追加できます。この方法は、組織内の別の部門のフォーム テンプレートをデザインして、その部門が最適なとして認定されているユーザー ヘルプまたはサポートを提供するときに便利です。

  • フォームに入力したユーザーのためには、[システムの [InfoPath ヘルプ    InfoPath には、専用のフォームに入力したユーザー向けヘルプ システムが含まれています。ユーザーがフォームの入力中に f1 キーを押してを指示するには、標準の InfoPath 機能に関するヘルプ トピックにアクセスしてそれらが有効にします。InfoPath をのみを使用して、ユーザーが入力するフォームには、この方法を使用します。

ページの先頭へ

ヘルプを表示するビューを作成します。

フォームの入力に関するヘルプを表示するユーザーのフォーム テンプレートの独立したビューを作成するためには、まず、フォーム テンプレートのヘルプ ビューを作成し、[ビューのヘルプにアクセスするためにユーザーがクリックして、既定のフォーム ビューにボタンを追加する必要があります。

ヘルプのビューを作成します。

  1. [表示] メニューで、ビューの管理] をクリックします。

  2. アクション表示] 作業ウィンドウで、[新しいビューの追加] をクリックします。

  3. 新しいビュー名] ボックスでは、ヘルプ ビューの名前を入力し、[ OK] をクリックします。

    たとえば、ヘルプを入力します。

  4. フォーム テンプレート上で追加したビューの種類] をクリックするかするヘルプ テキストを貼り付けます。

  5. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  6. [コントロール] 作業ウィンドウで、ボタンをクリックします。

  7. 追加すると、ボタンを右クリックし、ショートカット メニューの [ボタンのプロパティ] をクリックします。

  8. [全般] タブをクリックします。

  9. [ラベル] ボックスで、ボタンのラベルを入力します。たとえば、フォームに戻るに入力します。

  10. [ルール] をクリックします。

  11. [ルール] ダイアログ ボックスで [追加を] をクリックします。

  12. アクションの追加] をクリックします。

  13. [アクション] ボックスでビューを切り替える] をクリックします。

  14. ビュー ] ボックスに、既定のビューの名前をクリックします。

  15. フォーム テンプレートに戻るには 4 回[ok]をクリックします。

フォーム テンプレートのヘルプ ビューを作成したら、既定のビューにボタンを追加するフォームに入力するときに、ユーザーはヘルプ ビューをすぐに使えるようにします。

既定のビューにボタンを追加します。

  1. [表示] メニューで、ビューの管理] をクリックします。

  2. [ビュー ] 作業ウィンドウで、既定のビューの名前をクリックします。

  3. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  4. [コントロール] 作業ウィンドウで、ボタンをクリックします。

  5. 追加すると、ボタンを右クリックし、ショートカット メニューの [ボタンのプロパティ] をクリックします。

  6. [全般] タブをクリックします。

  7. [ラベル] ボックスで、ボタンのラベルを入力します。たとえば、ヘルプを入力します。

  8. [ルール] をクリックします。

  9. [ルール] ダイアログ ボックスで [追加を] をクリックします。

  10. アクションの追加] をクリックします。

  11. [アクション] ボックスでビューを切り替える] をクリックします。

  12. ビュー ] ボックスに、前の手順で追加したヘルプ ビューの名前をクリックします。

  13. フォーム テンプレートに戻るには 4 回[ok]をクリックします。

ヒント: 既定のビューに格納されているヘルプ ビューに、同じコントロールを追加することができます。これにより、ユーザーは、サポートが必要がない場合は、既定のビューでフォームを入力またはヘルプ ビューを使用してヘルプ テキストの説明を表示する必要がある場合は、フォームに入力するか。

ページの先頭へ

ヘルプを表示するカスタム作業ウィンドウを作成します。

注: フォーム テンプレートでヘルプを表示するカスタム作業ウィンドウを作成する前に、次の操作を検討してください。

  • ブラウザー互換フォーム テンプレートには、カスタム作業ウィンドウをサポートしていません。

  • カスタム作業ウィンドウを有効にする前にする必要があります初めて作成するカスタム作業ウィンドウの HTML ファイル、HTML を使用してMicrosoft Office SharePoint Designer 2007などのエディターです。

作成し、カスタム作業ウィンドウを有効にするには、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューで、 [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ]プログラミング] をクリックします。

  3. カスタム作業ウィンドウを有効にする] チェック ボックスを選択します。

  4. 作業ウィンドウの名前] ボックスで、カスタム作業ウィンドウの上部に表示する名前を入力します。たとえば、ヘルプを入力します。

  5. フォーム テンプレートには、ファイルを追加するには、リソース ファイルをクリックします。

    注: 作業ウィンドウの場所] ボックスで、フォーム テンプレートにファイルをリンクするのには、HTML ファイルの場所のパスを入力し、し、[ OK] をクリックします。

    セキュリティ メモ: フォーム テンプレートと同じドメインにある HTML ファイルにリンクすることをお勧めします。それ以外の場合、ユーザーは、フォーム テンプレートに基づくフォームを開くには、通知が表示されます。

  6. リソース ファイル] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  7. ファイルの追加] ダイアログ ボックスを参照して、必要な HTML ファイルを選択し、[ OK] をクリックします。

  8. カスケード スタイル シートなどの他のファイル、参照を追加した場合は、HTML ファイル、それらのファイルにも追加します。

    ヒント: フォーム テンプレートの既定のカスタム作業ウィンドウで開くには、1 つだけの HTML ファイルを指定することができますが、フォーム テンプレートにリソース ファイルとして HTML ファイルを追加したり、それらの間にハイパーリンクを作成します。

  9. フォームのオプション] ダイアログ ボックスでは、作業ウィンドウの場所] ボックスに追加した HTML ファイルの名前をクリックします。

  10. 変更内容をテストするには、[標準] ツールバーの [プレビュー ] をクリックするか、ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら B キーを押します。フォーム テンプレートをプレビューするときに、既定で作成したカスタム作業ウィンドウが表示されます。

ページの先頭へ

条件付き書式を使用して、文脈に応じたヘルプを表示するには

次の手順では、条件付き書式を使用して、文脈に応じたヘルプの表示と非表示する方法について説明します。

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウで、 ] チェック ボックスをクリックし、[セクション] をクリックします。

  3. フォーム テンプレートに追加したセクションをクリックし、ヘルプ テキストを入力します。

  4. ] チェック ボックスの既定のラベルのテキストを削除し、[入力ヘルプの表示と非表示] をクリックします。

  5. フォーム テンプレート上のセクションのタブをクリックし、[書式] メニューで [条件付き書式] をクリックします。

  6. [追加] をクリックします。

  7. この条件が満たされた場合、最初のボックスで [フィールドまたはグループの選択] をクリックします。

  8. [フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、手順 2 で追加する] チェック ボックス コントロールに対応するフィールドを選択し、し、[ OK] をクリックします。

  9. [条件付き書式設定] ダイアログ ボックスで、2 番目のボックスに等しい] をクリックします。

  10. 3 番目のボックスで、 FALSEの] をクリックします。

  11. この書式を設定するには、で、[このコントロールを非表示にする] チェック ボックスを選択します。

    注: 条件は、場合は、チェック ボックスをオンすると、セクションを表示するようにを反映するようになりました。

  12. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

外部のヘルプ ファイルまたは Web サイトへのハイパーリンクを作成します。

次の手順では、外部のヘルプ ファイル、HTML ファイルなどのコンパイル済みのヘルプ (.chm) ファイルまたはテクニカル サポート Web サイトなど、Web サイトには、フォーム テンプレートからハイパーリンクを追加する方法について説明します。

注: 

  • 外部ヘルプ ファイルまたは Web サイトへのリンクを作成するには、ユーザーがアクセスできることを確認します。フォーム テンプレートを InfoPath と互換性のあるだけで HTML ファイルにリンクを追加する場合 (つまり、ユーザーが InfoPath を使用フォーム テンプレートを基にフォームに入力する)] を開くためのリソース ファイルとして追加し、フォーム テンプレートに HTML ファイルを追加します。カスタム作業ウィンドウに表示します。ブラウザー互換フォーム テンプレートの HTML ファイルを可能であれば、同じ Web フォーム テンプレートがあるサイトで、ユーザーにアクセスできるサイトに発行および外部の HTML を示すフォーム テンプレートに静的なハイパーリンクを作成します。ファイル。

  • ヘルプ ファイル内の別の形式を使用する場合は、.chm ファイルなどのファイル形式を選択するが、ユーザーのコンピューターのオペレーティング システムでサポートされているかどうか確認してください。

外部ファイルへの静的なハイパーリンクを作成します。

  1. フォーム テンプレートで、ハイパーリンクを挿入する場所をクリックしてまたはテキストまたはハイパーリンクに変換する画像をクリックします。

  2. [標準] ツールバーで、 [ハイパーリンクの挿入  ボタンの画像 ] をクリックします。

  3. [全般] タブをクリックします。

  4. [住所] ボックスで、リンク先の URL を入力します。

  5. フォーム テンプレートに表示されているハイパーリンク テキストを変更するには、テキストボックスで必要なテキストを入力します。

    注: 手順 1 で図を選択する場合は、このオプションは使用できません。

  6. ユーザーがハイパーリンク上にポインターを移動するときに表示されるポップ ヒントを割り当てるには、[詳細設定] タブをクリックし、[ポップ ヒント] ボックスに、表示するテキストを入力します。

  7. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

InfoPath のヘルプを表示するための手順を追加します。

InfoPath には、ユーザーがフォームに入力するときに使用できる専用のヘルプ システムが含まれています。このヘルプ システムには、フォーム内のテキストのスペル チェックを有効または無効オートコンプリートなどの一般的なタスクに関する情報が含まれます。フォーム デザイナーでは、プレビュー ウィンドウでフォームをプレビューしているときに、f1 キーを押すフォームのユーザーの InfoPath のヘルプを開くことができます。

フォームのユーザーがデザインしたフォーム テンプレートのユーザー設定のヘルプを提供することをお勧めしているために、すべてのフォームに適用するタスクに制限されているを使用できます。フォームに入力するときに、InfoPath ヘルプ システムを表示するユーザーをサポートするには、InfoPath ヘルプ システムにアクセスする方法を説明するフォーム テンプレートに指示を追加することができます。たとえば、フォーム テンプレートの例を次のいずれかを追加することがあります。

  • InfoPath のヘルプを開くには、F1 キーを押します。

  • InfoPath のヘルプを開くには、[ヘルプ] メニュー Microsoft Office InfoPath ヘルプ] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×