フォーム テンプレートとフォームの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレート (.xsn) ファイルをデザインする際に、複数のサポート ファイルが格納されている 1 つのファイルを作成します。逆に、ユーザーがフォームに記入と実際に記入フォーム テンプレートに基づくフォーム (.xml) ファイルします。

この記事の内容

デザインした: フォーム テンプレート

ユーザーが入力する: フォーム

フォーム テンプレートの構成要素

デザインした: フォーム テンプレート

InfoPath のデザイン環境がデザイン モードでは、フォーム テンプレートを作成します。フォーム テンプレートは、ファイル名拡張子 .xsn ファイルです。.Xsn ファイルは、データ構造、外観、および完成したフォーム (.xml ファイル) の動作を定義します。

フォーム テンプレートとそれに基づくフォーム

フォーム テンプレートには、多くのなどの項目が定義されています。

  • フォームに表示されるコントロール、ラベル、および操作方法のテキスト。

  • ユーザーの対話機能を使用したときにコントロールが動作するようにします。たとえば、特定のセクションを使用しているユーザー] チェック ボックスを選択するときに表示され、チェック ボックスをオフにすると表示されなくなるを行うことがあります。

  • かどうか、フォームには、その他のビューがあります。たとえば、許可申請書フォームをデザインする場合は、電気請負業者、受信エージェントは、別のビューを表示している承認または拒否アプリケーションの調査の 3 つのビューがあります。

  • ここで、どのようにフォームのデータが格納されます。たとえば、フォーム テンプレートには、ユーザーが直接、または Web サービスを使用して、データベースにデータを送信できるように設計する可能性があります。または、ユーザーが共有フォルダーにフォームを保存する必要があります。

  • フォント、色、およびその他のデザイン要素フォームで使用されています。

  • かどうかユーザーは、フォームをカスタマイズすることができます。たとえば、ユーザーが繰り返しテーブル、繰り返しセクション、または省略可能セクションに余分な行を追加することができます。

  • かどうか、フォーム内の誤りまたは必須フィールドに入力することを忘れないで、ユーザーは通知されます。

フォーム テンプレートのデザインが完了したら、利用できるようにするユーザーに .xsn ファイルとして発行します。

ヒント: に加えて、フォーム テンプレートをデザインするには、テンプレート パーツは、その他のフォーム テンプレートまたは Microsoft Office ドキュメントで使用できるカスタム コントロールをデザインすることもできます。たとえば、連絡先情報を収集するためのフィールドを含むテンプレート パーツを作成します。複数の別のフォーム テンプレートで、そのテンプレート パーツを使用できます。「参照」セクションのテンプレート パーツに関する詳細情報へリンクを検索します。

ページの先頭へ

ユーザーが入力する: フォーム

InfoPath フォームには、XML データを含む .xml ファイルです。すべての InfoPath フォームは、フォーム テンプレートに基づいています。

フォーム テンプレートとフォームの関係を示すためを使用する申請の許可申請フォーム テンプレートをデザインするとします。電気設備用の請負業者が入力する各許可申請フォームにはフォームにデータ (とデータのみ) を含む .xml ファイルがあるフォームに入力されました。すべてのフォームを構成するその他の機能のほかには、フォーム テンプレートで提供されます。つまり、ユーザーは、フォームを開くたびにそのフォームする必要があります検索が適切に動作するために、関連するフォーム テンプレートを使用します。それ以外の場合、ユーザーがフォームを開いたときに XML マークアップのタグとデータのみが表示はされます。

フォーム テンプレートとそれに基づくフォームをリンクするには、InfoPath には、 処理命令、各フォーム ファイルの上部にあると呼ばれる複数の行が含まれています。次のコードに関連付けられているフォーム テンプレートをフォーム ファイルにリンクします。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートの構成要素

フォーム テンプレートは、複数のフォーム テンプレート上のコントロールの表示方法、グラフィック、フォーム テンプレートに表示されるファイルの定義ファイルなどのファイルのサポートとプログラミング フォームで、ユーザー設定の動作を有効にするファイルを含む 1 つのファイルテンプレートです。これらのサポート ファイル全体をフォーム構成ファイルと呼びます。フォーム テンプレートをデザインする際に、表示および抽出して、それらのフォームのファイルをフォルダーに保存して、フォーム テンプレートを構成するフォームのファイルを操作できます。

フォームのテンプレート ファイル (.xsn) を構成するサポート ファイル

フォーム テンプレートを構成するサポート ファイルでも、1 つまたは複数のXML スキーマファイルをユーザーが最初にそのフォーム temp に基づくフォームを開いたときに、既定で表示されるデータの XML ファイルをフォーム テンプレート内の各ビューの XSL 変換 (XSLT) ファイルを含めることができます。遅れている]、スクリプト ファイルまたはマネージ コード アセンブリ、およびフォーム定義ファイルでは、[Manifest.xsf と呼ばれます。

フォーム テンプレートを構成するファイルの使い方、フォーム テンプレートのソース ファイルを表示するのに、次の手順を使用することができます。

フォーム テンプレートの形式のファイルを表示します。

  1. 新しい、空白のフォーム テンプレートを作成します。

  2. [ファイル] メニューで、ソース ファイルとして保存] をクリックします。

  3. フォルダーの参照] ダイアログ ボックスで、フォーム構成ファイルを保存するか、新しいフォルダーを作成するための既存のフォルダーを選択し、[ OK] をクリックします。

    InfoPath では、フォルダー内のファイルの名前を付けて、フォーム テンプレートのコピーを保存します。

  4. Windows エクスプ ローラーで、ファイルが格納されているフォルダーを参照します。

次の表では、フォーム テンプレートのサポート ファイルについて説明します。これらのファイルはフォーム テンプレートを常に表示されます。

ファイルの種類

ファイル名拡張子

説明

フォーム定義ファイル

.xsf

フォーム テンプレートの組み立て方法] を使用している XML スキーマとそれに含まれるリソース ファイルを含む情報が含まれるファイル。新しいフォーム テンプレートをデザインする際に、InfoPath はこのファイルを自動的に生成します。デザイン フォーム テンプレートを変更すると、ファイルが、変更を反映するように自動的に更新されます。

XML スキーマ

.xsd

ファイルまたはファイルを制限して、フォーム テンプレートにデータを検証します。XML スキーマ ファイルの内容-要素、属性、およびなど、データ ソース] 作業ウィンドウでグループとフィールドで表されます。メインのデータ ソースを含め、フォーム テンプレートに関連付けられている各データ ソースには、対応する .xsd ファイルがあります。

表示

.xsl

XSL 変換 (XSLT) ファイルがあることを示すために使用は、表示、およびフォームで、ユーザーが記入されている表示されているデータを html 形式に変換します。フォーム テンプレートの異なるビューで作業する場合は、フォームに表示されるデータの異なる HTML 表現 (または変換) が表示されている実際にします。

XML テンプレート

.xml

特定のコントロールに既定で表示するデータが含まれるファイル。コントロールのさまざまな値を選択するまで、フォームを最初に開く際に、ユーザーはこのデータを参照してください。

前のテーブル内のファイル、に加えてフォーム テンプレートは、ファイルのいずれかを追加、フォーム テンプレートのデザインに応じて、次の表にします。

ファイルの種類

ファイル名拡張子

説明

プレゼンテーション

.htm、.gif、.bmp、およびその他のユーザー

このファイルは、カスタム作業ウィンドウまたはフォーム テンプレート内の画像を表示するために使用されます。

ビジネス ロジック

.js、.vbs

特定のフォームの動作を実装するためのスクリプトを含むファイル。これらのスクリプト ファイルは、Microsoft JScriptまたは Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) ファイルです。

バイナリ

.dll、.exe、.cab、およびその他のユーザー

プログラミング コードとその他のビジネス ロジックを提供する外部ファイル。たとえば、フォーム テンプレート用のカスタム コントロールを作成する場合は、自動的にインストールして、ユーザーのコンピューターにコントロールを登録するために、インストール プログラムを必要があります。InfoPath では、Microsoft Visual Studio .NET などのプログラムでのバイナリ ファイルは作成されません。

InfoPath では、フォーム テンプレートを変更するときに、フォームのファイルが自動的に更新します。XML に精通している場合、または、高度なフォーム デザイナーしている場合は、個々 のフォームのファイルを抽出し、手動でカスタマイズできます。、たとえば、一連の次のような状況の種類のフォームのファイルを手動で変更します。

  • 別の Microsoft Office プログラムで、フォーム テンプレートの XML スキーマ (.xsd ファイル) を再利用します。たとえば、 Microsoft Office Word 2007でスキーマ ライブラリに InfoPath .xsd ファイルを追加できます。InfoPath .xsd ファイルから文書の内容に要素を割り当てることができます。

  • InfoPath に付属する組み込みのコマンドのほかのユーザー設定のコマンドを含むフォーム テンプレートで、ツールバーを作成するにはします。これを行うには、フォーム テンプレートのフォームのソース ファイルを編集する必要があります。

  • ボタンに背景の画像 (.gif ファイル) を追加するなど、infopath ではない、フォーム テンプレートに書式設定に関連する強化にします。これを行うには、フォームの (.gif) ファイルを編集する必要があります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×