フォーム テンプレートとフォームの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム テンプレート (.xsn) ファイルをデザインするときは、複数のサポート ファイルを格納した単一のファイルが作成されます。これに対し、ユーザーがフォームに入力するときは、フォーム テンプレートに基づくフォーム (.xml) ファイルに対して実際に入力が行われます。

この記事の内容

デザインした: フォーム テンプレート

ユーザーが入力する: フォーム

フォーム テンプレートの構成要素

フォームのデザインに使用するフォーム テンプレート

InfoPath のデザイン環境であるデザイン モードで、フォーム テンプレートを作成します。フォーム テンプレートは、.xsn ファイル名拡張子の付いたファイルであり、完成したフォーム (.xml ファイル) のデータ構造、外観、および動作方法を定義します。

フォーム テンプレートとそれに基づくフォーム

フォーム テンプレートは多くのものを定義しますが、たとえば次のものを定義します。

  • フォーム上に表示されるコントロール、ラベル、および操作説明の文字列。

  • ユーザーがコントロールを操作するときのコントロールの動作方法。たとえば、ユーザーがチェック ボックスをオンにすると、特定のセクションが表示され、チェック ボックスをオフにすると、特定のセクションが表示されないようにできます。

  • フォームに追加のビューがあるかどうか。たとえば、許可申請書フォームをデザインしている場合は、電気配線業者用のビュー、申請書の受領者用のビュー、そして申請を承認または却下する調査官用のビューという、3 つのビューが考えられます。

  • フォーム内のデータを保存する方法と場所。たとえば、ユーザーがフォーム テンプレートから直接または Web サービスを通じてデータベースにデータを送信するようにデザインできます。また、共有フォルダにフォームを保存するようにすることもできます。

  • フォーム内に使用されるフォント、色、およびその他のデザイン要素。

  • ユーザーがフォームをカスタマイズできるかどうか。たとえば、ユーザーが繰り返しテーブル、繰り返しセクション、または省略可能セクションに行を追加するようにできます。

  • フォーム内の入力ミスや必須フィールドの入力し忘れをユーザーに通知するかどうか。

フォーム テンプレートのデザインが完了したら、それを .xsn ファイルとして発行することによって、フォーム テンプレートをユーザーと共有できます。

ヒント: フォーム テンプレートだけでなく、テンプレート パーツもデザインできます。テンプレート パーツとは、他のフォーム テンプレートや Microsoft Office ドキュメントで使用できるカスタム コントロールのことです。たとえば、連絡先情報を収集するためのフィールドが含まれたテンプレート パーツを作成して、そのテンプレート パーツを複数の異なるフォーム テンプレートで使用できます。テンプレート パーツの詳細については、[参照] のリンクを参照してください。

ページの先頭へ

データの入力に使用するフォーム

InfoPath のフォームは、XML データを格納する .xml ファイルです。InfoPath のすべてのフォームは、フォーム テンプレートに基づいています。

フォーム テンプレートとフォームの関係を示すために、電気配線業者が使用する許可申請書フォーム テンプレートをデザインしたとします。電気配線業者が入力する各許可申請書はそれぞれフォームです。そのフォームは、フォームに入力されたデータだけを格納する単なる .xml ファイルです。フォームを構成する他のものはすべてフォーム テンプレートによって提供されます。つまり、フォームが正しく動作するためには、ユーザーがフォームを開くたびに、フォームに関連付けられたフォーム テンプレートを見つけて使用することが必要です。ユーザーがフォームを開いたときにフォーム テンプレートが見つからない場合、XML マークアップ タグとデータだけが表示されます。

フォーム テンプレートとそれに基づくフォームとをリンクするために、InfoPath は、各フォーム ファイルの先頭に処理命令と呼ばれる命令行を数行追加します。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートのコンポーネント

フォーム テンプレートは、複数のフォーム テンプレート上のコントロールの表示方法、グラフィック、フォーム テンプレートに表示されるファイルの定義ファイルなどのファイルのサポートとプログラミングのフォーム テンプレートのユーザー設定の動作を有効にするファイルを含む 1 つのファイルです。これらのサポート ファイル全体をフォーム構成ファイルと呼びます。フォーム テンプレートをデザインする際に、表示および抽出して、それらのフォームのファイルをフォルダーに保存して、フォーム テンプレートを構成するフォームのファイルを操作できます。

フォームのテンプレート ファイル (.xsn) を構成するサポート ファイル

フォーム テンプレートを構成するサポート ファイルは、フォーム テンプレート内の各ビューの XSL 変換 (XSLT) ファイルを既定で表示されるユーザーが最初に基づくフォームを開いたときにフォーム テンプレート、スクリプト ファイルまたはマネージ コード アセンブリ、およびフォーム定義ファイルでは、という名前の Manifest.xsf データの XML ファイルを 1 つまたは複数のXML スキーマファイルを含めることができます。

フォーム テンプレートを構成するファイルについて理解を深めるには、次の手順に従って、フォーム テンプレートのソース ファイルを表示してください。

フォーム テンプレートのフォーム ファイルを表示する

  1. 新規の空のフォーム テンプレートを作成します。

  2. [ファイル] メニューの [ソース ファイルとして保存] をクリックします。

  3. [フォルダの参照] ダイアログ ボックスで、フォーム ファイルを保存するための既存のフォルダを選択するか、新しいフォルダを作成して、[OK] をクリックします。

    フォーム テンプレートのコピーがフォルダ内のファイルのセットとして保存されます。

  4. Windows エクスプローラで、ファイルが保存されているフォルダを参照します。

次の表で、サポート ファイルまたはフォーム テンプレートについて説明します。これらのファイルは、フォーム テンプレートに必ず含められます。

ファイルの種類

ファイル名拡張子

説明

フォーム定義ファイル

.xsf

使用される XML スキーマや含まれているリソース ファイルなど、フォーム テンプレートの組み立て方法に関する情報を格納しているファイル。新しいフォーム テンプレートをデザインすると、InfoPath はこのファイルを自動的に生成します。フォーム テンプレートをデザインおよび修正するたびに、このファイルはそれらの変更を反映するために自動的に更新されます。

XML スキーマ

.xsd

ファイルまたはファイルを制限して、フォーム テンプレートにデータを検証します。XML スキーマ ファイルの内容-要素、属性、およびなど、データ ソース] 作業ウィンドウでグループとフィールドで表されます。メインのデータ ソースを含め、フォーム テンプレートに関連付けられている各データ ソースには、対応する .xsd ファイルがあります。

ビュー

.xsl

ユーザーが入力するフォームに含まれている表示データを表示および HTML に変換するために使用される XSL Transformation (XSLT) ファイル。フォーム テンプレートの異なるビューで作業しているときは、実際にはフォームに表示されるデータの異なる HTML 表現 (変換結果) を見ていることになります。

XML テンプレート

.xml

特定のコントロールに既定で表示するデータを格納しているファイル。初めてフォームを開き、コントロールで異なる値を選択するまで、ユーザーはこのデータを見ることになります。

フォーム テンプレートには、前の表に示すファイルに加え、フォーム テンプレートのデザインに応じて次の表に示すファイルを含めることもできます。

ファイルの種類

ファイル名拡張子

説明

プレゼンテーション

.htm、.gif、.bmp、その他

このファイルは、カスタム作業ウィンドウまたはフォーム テンプレート内の画像を表示するために使用されます。

ビジネス ロジック

.js、.vbs

特定のフォームの動作を実装するためのスクリプトを含むファイル。これらのスクリプト ファイルは、Microsoft JScriptまたは Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) ファイルです。

バイナリ

.dll、.exe、.cab、その他

プログラミング コードおよび追加のビジネス ロジックを提供する外部ファイル。たとえば、フォーム テンプレート用のカスタム コントロールを作成する場合、ユーザーのコンピュータにそのコントロールを自動的にインストールおよび登録するには、インストール プログラムが必要になることがあります。バイナリ ファイルは InfoPath で作成されませんが、Microsoft Visual Studio .NET のようなプログラムで作成されます。

フォーム テンプレートを変更すると、フォーム ファイルは自動的に更新されます。ただし、XML に精通している場合や、高度なフォームをデザインできる場合は、個々のフォーム構成ファイルを抽出し、それらを手動でカスタマイズできます。たとえば次のような状況では、フォーム構成ファイルのセットを手動で修正することが必要な場合があります。

  • フォーム テンプレートの XML スキーマ (.xsd ファイル) を別の Microsoft Office プログラムで再利用する。たとえば、Microsoft Office Word 2007 のスキーマ ライブラリに InfoPath の .xsd ファイルを追加できます。その後、InfoPath の .xsd ファイルからドキュメントのコンテンツに要素をマップできます。

  • フォーム テンプレートに InfoPath の組み込みコマンドに加えてカスタム コマンドを含むツールバーを作成する。これを行うには、フォーム テンプレートのフォーム定義 (.xsf) ファイルを編集する必要があります。

  • フォーム テンプレートに対して InfoPath では不可能な書式関連の改良を行う。たとえば、ボタンに背景イメージ (.gif ファイル) を追加できます。これを行うには、フォームの XML Transformation (.xsl) ファイルを編集する必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×