フォーム テンプレートで必要なセキュリティ レベルを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath では、フォーム テンプレートをデザインするときに、ユーザーがフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときに必要な機能に対して適切なセキュリティ レベルが自動的に選択されます。この設定により、フォームに必要な最小レベルの信頼が有効になります。たとえば、[制限あり] のセキュリティ レベルでは、フォームに対して、他のドメイン上のデータや、ユーザーのコンピュータ上のファイルおよび設定へのアクセスが制限されます。フォーム テンプレートをデザインするときに、既定の設定を上書きして、別のセキュリティ レベルを手動で選択することができます。InfoPath フォーム テンプレートのセキュリティ レベルの詳細については、[参照] セクションを参照してください。

すべての空白の新規フォーム テンプレート (マネージ コードが含まれているものを除く) では、既定で [制限あり] のセキュリティ レベルが使用されます。フォーム テンプレートに特定の機能を追加すると、セキュリティ レベルは自動的に [ドメイン] レベルに上がります。

注: 追加または編集するマネージ コード、お使いのコンピューターにインストールされているMicrosoft Visual Studio Tools for Applications (VSTA)が必要です。VSTA をインストールする前に、Microsoft .NET Framework 2.0 および Microsoft Core XML Services 6.0 をインストールする必要があります。VSTA を [コントロール パネル] をインストールするのに追加または削除するプログラムを開く、 2007 Microsoft Office systemを見つけて、[変更] をクリックします。

ユーザーが不要なセキュリティ リスクにさらされるのを防ぐために、フォーム テンプレートで適切なセキュリティ レベルを使用することをお勧めします。

フォーム テンプレートのセキュリティ レベルを設定するには、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [フォームのオプション] をクリックします。

  2. [カテゴリ] で [セキュリティと信頼] をクリックします。

  3. [セキュリティ レベル] で [自動的にセキュリティ レベルを設定する (推奨)] チェック ボックスをオフにします。

  4. 必要なセキュリティ レベルをクリックします。

注: フォーム テンプレートで [完全信頼] のセキュリティ レベルが必要な場合は、フォーム テンプレートをユーザーのコンピュータにインストールするか、信頼されているルート証明書でフォーム テンプレートにデジタル署名する必要があります。そうしなければ、そのフォーム テンプレートに基づくフォームへの完全信頼がユーザーに付与されず、ユーザーが入力するフォーム内の一部の機能が動作しない場合があります。フォーム テンプレートのインストール ファイルは、 InfoPath の発行ウィザードを使用して作成できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×