フォーム ツールを使用してフォームを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム ツールを使用すると、1 項目フォームをすばやく作成できます。この種類のフォームは、次の図に示すように、一度に 1 つのレコードに関する情報のみが表示されます。

1 項目フォーム

1. フォームに 1 つのレコードの情報が表示されます。

2. [場合によっては、関連する情報を表示するサブデータ シートが追加されます。詳細については、「サブデータ シートの自動作成」を参照してください。

フォーム ツールを使用すると、基になるデータ ソースのすべてのフィールドがフォームに追加されます。新しいフォームをそのまますぐに使用したり、必要に応じてレイアウト ビューやデザイン ビューで変更することができます。

1 項目フォームを作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、フォーム上に表示するデータのあるテーブルまたはクエリをクリックします。

  2. [作成] タブの [フォーム] グループで [フォーム] をクリックします。 ボタン イメージ

    Access では、フォームを作成し、レイアウト ビューで表示します。レイアウト ビューでことができますデザインの変更をフォームにデータが表示されたときにします。たとえば、データに合わせてテキスト ボックスのサイズを調整することができます。フォーム ビューの詳細については、記事「ビューを使用する必要があります。 レイアウト ビューまたはデザイン ビュー?します。

  3. フォームの使用を開始するには、フォーム ビューに切り替えます。

    • [ホーム] タブの [表示] グループで、ビュー] をクリックし、[フォーム ビュー ボタン イメージ ] をクリックします。

サブデータシートの自動作成

フォームの作成に使用したテーブルまたはクエリとの間に一対多のリレーションシップを持つテーブルが検出された場合、関連するテーブルまたはクエリに基づくサブデータシートがフォームに追加されます。たとえば、"得意先" テーブルに基づく簡単なフォームを作成し、"得意先" テーブルと "受注" テーブルの間に一対多のリレーションシップが定義されている場合、現在の顧客レコードに関連する "受注" テーブルのすべてのレコードがサブデータシートに表示されます。フォーム上にサブデータシートを表示しない場合は、レイアウト ビューに切り替え、サブデータシートを選択して、Del キーを押すと、サブデータシートを削除できます。

フォームの作成に使用したテーブルとの間に一対多のリレーションシップを持つテーブルが複数存在する場合は、フォームにいずれのデータシートも追加されません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×