フォーム内でスペル チェックを実行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath でフォームに入力するときは、他の Microsoft Office ドキュメントと同様に、入力するテキストのスペルをチェックできます。

注: 入力するフォーム内でスペル チェックを実行できる場所は、基本的にそのフォームを作成した人によって決定されます。たとえば、テキスト ボックスではスペル チェックが有効になっているが、箇条書きでは無効になっていることがあります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

自動スペル チェックを有効にします。

入力時に自動的にスペルをチェックします。

一度にすべてのスペルをチェックします。

波線を非表示にします。

自動スペル チェックをオンにする

入力中に自動的にスペル チェックを実行するには、自動スペル チェックをオンにする必要があります (有効になっていない場合)。

  1. [ツール] メニューの [スペル チェック] をポイントし、[スペル チェック オプション] をクリックします。

  2. [InfoPath でスペルを修正するとき] の [入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

入力時に自動スペル チェックを行う

  1. フォームの入力を行います。

  2. 赤い波線が表示された各単語を右クリックし、ショートカット メニューの必要なコマンドまたは使用するスペルの修正候補を選択します。

ページの先頭へ

スペル チェックをまとめて行う

  1. [標準] ツールバーの [スペル チェック Button image ] をクリックします。

  2. [スペル チェック] 作業ウィンドウの [次を検索] をクリックします。

  3. スペルミスの可能性がある単語が見つかったら、必要なコマンドまたはスペルの修正候補を選択します。

  4. フォームのスペル チェックを継続するには、[次を検索] をクリックします。

ページの先頭へ

波線を非表示にする

  1. [ツール] メニューの [スペル チェック] をポイントし、[スペル チェック オプション] をクリックします。

  2. [InfoPath でスペルを修正するとき] の [スペル チェックの結果を表示しない] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×