フォーム作成のロードマップ

フォームは、テーブルまたはクエリからデータを入力、編集、または表示するために使用するデータベース オブジェクトです。フォームを使用して、表示されるデータ フィールド、データ行などのデータに対するアクセスを制限することができます。効果的なフォームを作成すると、ユーザーは必要なデータを探す必要がなくなるので、データベースを操作する時間が短縮されます。魅力的な外観のフォームは、データベース作業の負担を和らげて効率を高めると共に、誤ったデータの入力を防ぐうえでも役立ちます。

フォームを作成する

フォームにフィールドなどの機能を追加する

フォームおよびそのコントロールの動作や外観を変更する

フォームを作成する

Access 2007 には、フォームを簡単に作成するために役立つツールが多数用意されています。それらのツールは、[作成] タブの [フォーム] グループにまとめられています。

Access のリボンの画像

さらに、Access にはデータベースの使いやすさを向上する新しい種類のフォームや機能が用意されています。自分の目的に合わせて、適切な記事またはデモをクリックしてください。

目標

記事またはデモ

1 つのレコードに関する詳細を一度に表示するフォームを作成する。

  • <link xlink:href="f30f9c46-ca7c-4020-aaa7-f64045fca0fd">フォーム ツールを使用してフォームを作成する</link>

行と列に複数のレコードが表示される、データシートのようなフォームを作成する。

ウィザードの質問に答えて、さまざまなフォームを作成する。

  • <link xlink:href="2786d31a-7241-4c11-9747-1ecf88b4d04b">フォーム ウィザードを使用してフォームを作成する</link>

空のフォームを作成した後、フィールドなどのコントロールを手動で追加する。

サブフォームまたはサブデータシートを使用して、関連するレコードを表示する。

  • <link xlink:href="ddf3822f-8aba-49cb-831a-1e74d6f5f06b">サブフォームを含むフォーム (一対多のフォーム) を作成する</link>

データシートと "レコードが 1 つの" フォームを組み合わせたフォームを作成する。

タブ上にコントロールを配置してフォームを整理する。

複数のテーブルのデータを表示するフォームを作成する。

Access のフォームとレポートを使用して、SharePoint に保存されているデータを操作する。

ページの先頭へ

フォームにフィールドなどの機能を追加する

空のフォームを基にしてフォームを作成する場合、または既存のフォームに機能を追加する場合は、以下の記事やデモを参考にして必要な機能を追加できます。

目標

記事またはデモ

テーブルまたはクエリのフォームを表示する連結テキスト ボックスを追加する。

連結テキスト ボックス、非連結テキスト ボックス、または演算テキスト ボックスを追加して、テキスト ボックスのプロパティについて学習する。

別のフォームに含まれているデータを参照する。

フォームにデータシートを追加して、複数の関連レコードを表示する。

タイトル、ロゴ、日時情報、ページ番号などをフォームに追加する。

ページの先頭へ

フォームおよびそのコントロールの動作や外観を変更する

ここで紹介する記事とデモを使用して、フォームとそのコントロールが目的に適した機能を果たすように構成することができます。

目標

記事またはデモ

データベースを開くたびに表示されるスタートアップ フォームを設定する。

フォーム上でオレンジ色のグリッドを使用してコントロールを配置する方法を学習する。

コントロールをレイアウトから削除し、意図した位置に正確に配置する。

オートフォーマット、1 行おきの影付き表示、条件付き書式、およびテーマを使用して、フォームの使いやすさを向上する。

コントロールのアンカー機能を使用して、フォームのサイズ変更に合わせてコントロールもサイズ変更されるようにする。

フォームを前回使用したときに適用されていた並べ替え順を維持する。

フォーム上でのデータの表示に関する問題のトラブルシューティングを行う。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×