フォームを結合できるようにデザインする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォームの結合] でユーザーは、1 つのフォームにさまざまな形式のデータを結合できます。これは、機能は、ユーザーが比較したり、関連する複数のフォームのデータを集計するときに便利です。たとえば、director 自分用に 1 つのサマリー レポートにそれらのフォームからデータを結合する毎週の業務報告書フォームをチームが設定されますマネージャーの便利なできます。

この記事の内容

ユーザーがフォームを結合する方法

デザインの考慮事項

フィールドおよびグループの結合処理

コントロールのカスタムの差し込みの設定を定義します。

ユーザーがフォームを結合する方法

フォームの場所では、どのユーザーできますに結合の他のフォームを決定します。次の一覧では、Microsoft Office InfoPath フォームの保存場所、別の場所とユーザーがその場所に保存されているフォームを結合する方法について説明します。

  • ローカルのハード ディスク ドライブまたはネットワーク上の場所   ユーザーは、InfoPath でフォームを開きます最初にする必要があります。他のフォームを結合するフォームがあるために、このフォームは、対象のフォームと呼ばれます。ユーザーが、[ファイル] メニューの [フォームの結合をクリックし、その他のフォームを選択: ソース フォームと呼ばれる-ターゲット フォームを結合します。

    注: 新しい空白のフォームを開くこともでき、同じフォーム テンプレートに基づくフォームを追加で空白のフォームを結合するのと同じ手順を使用することができます。

  • SharePoint サイト上のドキュメント ライブラリ   フォームは、 Windows SharePoint Services 3.0、 Microsoft Office SharePoint Server 2007、またはMicrosoft Office Forms Server 2007サイト上のドキュメント ライブラリに保存することができます。[ドキュメント ライブラリのフォームが保存されている場所で [表示] メニューで、ユーザーは、差し込み印刷ドキュメントビューを選択および結合するフォームを選択し、します。ときに、この方法でフォームを結合するには、ユーザーが前の例で説明するように、ターゲット フォームを初めて開く必要はありません。

    注: のブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際に、ユーザーが Web ブラウザーを使ってそのフォーム テンプレートに基づくフォームに入力できます。ブラウザー互換フォーム テンプレートに基づく SharePoint ライブラリにフォームの結合の手順は、ユーザーが開くし、InfoPath で入力するフォームの結合と同じです。

  • Microsoft Office Outlook 2007で InfoPath 電子メール フォーム   ユーザーは、フォームが格納されているフォルダーのビューで選択し、[アクション] メニューの [フォームの結合] をクリックして、 Office Outlook 2007内から複数のフォームを結合できます。

注: フォームを結合するユーザーに、元のフォームは削除されません。差し込み印刷のフォームのデータは、ターゲット フォームに追加されます。ユーザーが、元の形式でデータを上書きすると、新しいフォーム形式で、結合されたデータをターゲット フォームを保存することをお勧めします。

ページの先頭へ

デザインの検討事項

これで、ユーザーがフォームの位置に基づくフォームを結合する方法に精通している] には、結合するをサポートする特定のコントロールを有効にする方法と、フォームの結合時に個々 のフィールドからデータを結合する方法を理解する必要があります。この情報: データの差し込み印刷を使用するユーザーを計画する方法を理解すると共に-が重要な部分にユーザーを有効にするフォーム テンプレートを作成するが簡単にフォームを結合することができます。

フォーム テンプレートにコントロールを追加する場合は、フィールドまたはグループで、フォーム テンプレートのデータ ソースにバインドされています。新しいをデザインする場合、空白のフォーム テンプレートのデータ ソースの作成がコントロールを追加するときにします。XML スキーマまたは Web サービスなどの外部データ ソースを基にしたフォーム テンプレートをデザインする場合、コントロールをフォーム テンプレートに追加するそのデータ ソースのフィールドまたはグループにバインドする必要があります。

コントロールの結合の設定を有効にした場合は、フィールドまたはコントロールにグループの結合の設定は有効に実際にします。結合の設定は、フィールドまたはグループと、そのデータの種類によって異なります。特定の種類のフィールドまたはグループは、結合をサポートしていません。

フォームの結合の動作方法を理解、テキスト データ型を使用するデータ ソース内の非繰り返しフィールドにバインドされているテキスト ボックス コントロールを含む経費報告書フォーム テンプレートをデザインするとします。このフィールドを使用して、記録された経費の各ユーザーのビジネスの配置を格納します。この例では、おが目的のフィールドをビジネスの目的のラベルを持つテキスト ボックス コントロールを連結してクリックします。

その 3 を想像ユーザー: ボブ友野、河本なみ、早川諭、-、フォーム テンプレートに基づくフォームに記入します。ビジネスの目的] フィールドでボブ会議の種類を選択し、哲型の顧客にアクセスして、河本出張の種類します。テキスト データ型を使用するテキスト ボックス コントロールに既定では、データの結合をサポートしていない、ためこれら経費レポート フォームを結合管理者のみが表示されますビジネスの目的に関するフィールド内の 1 つの値などの値をターゲット フォームに既に含まれています。そのため、たとえば場合ターゲット河本のフォームには、河本が入力した値のみに表示されますこのフィールドのフォームを結合します。

フィールドまたはコントロールにバインドされるグループの結合の設定をカスタマイズするには、ユーザーはそのフィールドまたはグループの複数のフォーム データを結合できます。この例では、ユーザーは、そのフィールドを含むフォームのデータを結合できるようにビジネス Purposeのテキスト ボックス コントロールの結合の設定をカスタマイズできます。各結合された値の間に表示する区切り文字を有効にするとさらに結合の設定をカスタマイズできます。区切り記号には、スペース、カンマ、セミコロンの垂直線を改行、段落区切り、または下線ができます。たとえば、ボブは、ビジネスの目的] フィールドに会議を入力、哲型の顧客にアクセスして、河本出張の種類と、コンマ区切り記号を指定して、そのフィールドの結合を有効にする結果の結合されたデータは(河本のフォームが対象) 場合は、出張、顧客にアクセスして、会議として表示されます。

注: スペース、カンマ、セミコロンの区切り記号の後に自動的に追加します。

区切り記号が特定の値を区別できますを追加するには、[フィールドまたはグループに含まれる各値に一意のプレフィックスを追加してデータを結合する方法をさらにカスタマイズできます。プレフィックスを追加するときに、別のフィールドから値を選択またはプレフィックスとして使用する関数を入力できます。プレフィックスを追加するには、ユーザーが元のデータのソースを識別できます。たとえば、フォームに入力したユーザーの名前を有効にすることができます: 別のフィールドに入力された値などを別のフィールドに含まれる値のプレフィックスを付けて表示します。ときに、いくつかのフォームを結合、元のフォームの値は、差し込み印刷の値を表示し、これらの値の識別子が表示されます。

たとえば、プレフィックスとしてユーザーの名前を格納するフィールドを特定する、その値の各インスタンスの後にコロンを追加するconcat関数を作成する場合は、ユーザー簡単に表示できます、いくつかのフォームを結合した後でも、値を入力します。この例では、河本なみのターゲット フォームが、結果のプレフィックス付きデータとして表示されます、出張 鈴藤哲也: 顧客にアクセスして、 ボブ友野: 会議します。

注: 

  • プレフィックスがターゲット フォームに追加されません: 河本なみのフォームでは、ここでは、フォームで、結合されたデータが保存されているし、[フォームの結合し、もう一度場合は、冗長なプレフィックスの追加を避けるためにします。

  • ユーザーがハード ディスク ドライブまたはネットワーク上の場所、SharePoint サイト、またはOffice Outlook 2007、結果の結合されたデータで InfoPath 電子メール フォーム上にある InfoPath フォームを結合するときにからが表示される逆の順序で注文フォームが選択されています。たとえば、ユーザーは、次の 3 つのフォームを選択する場合は、河本のし、[哲の選択からボブの結合されたデータを含む最終的なフォームで、哲のデータが河本のデータ、および [ボブの後に最初に表示されます。

  • に加えて、個々 のコントロールの差し込み印刷の設定をカスタマイズするには、ユーザーがそれに基づくフォームを結合することを防止する全体のフォーム テンプレートのフォームの結合をも無効にすることができます。フォームの結合を無効にしたときにフォームに入力したユーザーでは、[ファイル] メニューは、[フォームの結合] コマンドへのアクセスはありません。

  • フォームを確実にテンプレートが正しく構成されて、フォーム テンプレートの発行を作成し、サンプル データをフォーム テンプレートに基づく少なくとも 5 つのフォームを保存してテストを他のフォームを結合します。フォームを保存するには、デザイン モード] で、フォーム テンプレートを開くし、[標準] ツールバーの [プレビュー ] をクリックして.プレビュー モードでは、サンプル フォームを結合します。フォームが正しくに結合する場合は、フォーム テンプレートを発行し、フォーム テンプレートに基づくフォームを作成するユーザーを許可できます。

  • フォームを結合する方法の手順をユーザーに提供します。フォーム テンプレートに結合をテストするときは、この手順を作成できます。

ページの先頭へ

フィールドとグループの結合処理

差し込み印刷の次の操作は、[フィールドまたはグループのデータの種類によって異なります。

あらゆる種類のフィールドまたはグループの結合の設定を構成するときにソース フォーム内の値を無視して、フォームで、対象の値を保持するか、カスタムの差し込みの設定を選択します。次の表では、[フィールドまたはグループの種類ごとにユーザー設定の結合の設定について説明します。

フィールドまたはグループの種類

利用可能な結合の設定

この種類のフィールドにバインドできるコントロールの例

非繰り返しフィールド

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

    • 空白のフィールドを無視します。

    • アイテムの間の区切りを追加します。

    • 各アイテムに接頭辞を追加します。

  • テキスト ボックス

  • ドロップダウン リスト ボックス

  • コンボ ボックス

繰り返しフィールド

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームから値を挿入します。

    • 空白のフィールドを削除します。

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 単純なリスト

  • 複数選択リスト ボックス

繰り返さない XHTML フィールド

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

    • 空白のフィールドを無視します。

    • アイテムの間の区切りを追加します。

    • 各アイテムに接頭辞を追加して、プレフィックス テキストの書式設定

リッチ テキスト ボックス

繰り返しの XHTML フィールド

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームから値を挿入します。

    • 空白のフィールドを削除します。

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 単純なリスト

  • 繰り返しテーブル

[属性] フィールド

  • 元のフォームの値を持つターゲット フォームの値を置換します。

    ユーザーは、複数のフォームを選択するユーザーを選択する最後のフォームの値がターゲット フォームに保存されている値になります。たとえば、ユーザーは、次の 3 つのフォームを選択する場合は、河本のし、[哲の選択をボブの開始、哲のフォームにある [属性] フィールドのデータがターゲット フォームの元の値に置き換えられます。

    注: フォームを結合したユーザーのオペレーティング システムに応じて、[保存] の値が異なる場合があります。

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

    • 空白のフィールドを無視します。

    • アイテムの間の区切りを追加します。

    • 各アイテムに接頭辞を追加します。

いずれのコントロールには、属性のフィールドの種類を持つことができます。

非繰り返しグループ

  • ターゲット フォームの値がソース フォームの値を結合します。

  • セクション

  • 省略可能セクション

繰り返しグループ

  • ターゲット フォームの値の前後にソース フォームから値を挿入します。

    • 空白のフィールドを削除します。

  • 箇条書き

  • 段落番号

  • 単純なリスト

  • 複数選択リスト ボックス

  • 繰り返しテーブル

ページの先頭へ

コントロールのカスタムの差し込みの設定を定義します。

このセクションの手順を使用すると、標準的な繰り返しのコントロールのカスタムの差し込みの設定を定義します。

注: コントロールの結合の設定を有効にした場合は、フィールドまたはコントロールにグループの結合の設定は有効に実際にします。結合の設定は、フィールドまたはグループと、そのデータの種類によって異なります。特定の種類のフィールドまたはグループは、結合をサポートしていません。フィールドやデータ ソース内のグループのプロパティを編集して、差し込み印刷の設定を変更することもできます。これを行うには、フィールドまたはグループで、[データ ソース] 作業ウィンドウを右クリックし、[、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックし、タブの[仕分けルールとマージ結合の設定] をクリックします。

標準的なコントロールには、通常の収集と情報を表示すると関連付けるコントロールが含まれます。これらのコントロールには、テキスト ボックス、リスト ボックス、チェック ボックス、およびボタンが含まれます。繰り返しとオプションのコントロールには、繰り返しテーブル、セクション、および省略可能セクションを繰り返し、リスト コントロールが含まれます。これらのコントロールでは、フォームに入力するときに、リスト アイテム、行、レコード セット、および必要に応じて情報を挿入するようにします。たとえば、経費報告書フォーム テンプレートで、特定のユーザーに、特定の経費項目数を入力する必要がある行を追加できるように繰り返しテーブルを使ってできます。

注: 

  • 一部のコントロールは、結合できないフィールドにバインドします。たとえば、含まれているデータの種類を結合することができないため日付選択コントロールまたはチェック ボックス コントロールの値をマージすることはできません。デジタル署名が無効するようため、デジタル署名が含まれるコントロールをマージことがないことができます。

  • 一部のコントロールには、その他のオプションが含まれています。たとえば、リッチ テキスト ボックス コントロールの結合の設定をカスタマイズするときは、フォントの書式設定オプションもを選択できます。

標準のコントロールのユーザー設定の結合の設定を定義します。

標準的なコントロールには、テキスト ボックス、リッチ テキスト ボックス、およびコンボ ボックスが含まれます。詳細については、この記事でのフィールドおよびグループの結合処理を参照してください。

注: コントロール内のセクションが追加される親コントロールの子コントロールつまり、: 結合親コントロールになっている場合のみをサポートします。

  1. 変更するコントロールをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。

  3. [結合するフォーム結合の設定] をクリックします。

  4. [このフィールドの動作] の [ソース フォームの値を使用してターゲット フォームの値を結合] をクリックします。

  5. オプションを結合するには、で、データが含まれていないフィールドを除外するには、無視空白のフィールド (推奨) ] チェック ボックスを選択します。

  6. 各項目を区切る一覧で、ターゲット フォームに表示されるコントロールの値の間に表示する区切り文字を選択します。

    技術的な詳細情報

    区切りを追加するには、ユーザーが複数のフォームのデータを結合する場合は、データを入力するユーザーを決定できます。たとえば、選択コンマ (「,」)のフォーム テンプレートに基づく複数のフォームの結合時に、カンマで区切ってされているコントロールからのデータの特定のコントロールが発生します。

  7. ユーザーがこのフォーム テンプレートに基づくフォームを結合する場合は、コントロールに表示される各値の前に接頭辞を追加するに、各項目のプレフィックス] チェック ボックスを選択し、[プレフィックスを基にするアイテムを選択します。

    方法

    1. 数式を挿入する 数式ボタン をクリックします。

    2. [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

      • 数式内のフィールドを使用するには、フィールドの挿入またはグループをクリックし、[フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスで、使用するフィールドをクリックし、[ OK] をクリックします。

      • 数式で関数を使用するには、関数の挿入] をクリックし、[関数の挿入] ダイアログ ボックスで、使用する関数を選択し、[ OK] をクリックします。

        ヒント: 関数にパラメーターが必要な場合は、関数の挿入] ダイアログ ボックスでは、関数を選択、 [OK] をクリックして数式の挿入] ダイアログ ボックスの [数式] ボックスで、追加した関数をダブルクリックしてフィールドをクリックして、またはグループです。「参照」セクションで、関数に関する詳細情報へリンクを検索します。

      • 値または算術演算子を数式に挿入するには、[] ボックスで算術演算の記号または値を入力します。

    演算

    記号

    追加

    +

    減算します。

    -

    積を求める

    *

    除算します。

    /

    • 注: 数式では、除算 (/) 演算子を使用する場合は、除算演算子の前後にスペースが認識があることを確認します。除算演算子には前に、のスペースがないし、後 InfoPath が内容を理解する場合は、「/」XPath 場所手順の区切り記号としてではなく除算演算子。

    • [数式の挿入] ダイアログ ボックスで、正しい構文の数式を確認するには、数式の確認をクリックします。

標準のセクションのユーザー設定の結合の設定を定義します。

標準のセクションでは、その他のコントロールのコンテナーです。セクションには、その他のセクションを含む [コントロール] 作業ウィンドウに表示されるコントロールのいずれかを含めることができます。詳細については、この記事でのフィールドおよびグループの結合処理を参照してください。

注: コントロール内のセクションが追加される親コントロールの子コントロールつまり、: 結合親コントロールになっている場合のみをサポートします。

  1. 変更するセクションをダブルクリックします。

  2. セクションのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。

  3. [結合するフォーム結合の設定] をクリックします。

  4. [このグループのアクション] の [ソースとターゲット フォーム (既定) でのグループの内容を結合] をクリックします。

    注: 各フィールドおよびグループをこのグループ内の結合の設定は、データを結合する方法が決定されます。

繰り返しセクション コントロールのユーザー設定の結合の設定を定義します。

繰り返しセクションの繰り返しテーブル、箇条書き、繰り返しコントロールが含まれます。詳細については、この記事でのフィールドおよびグループの結合処理を参照してください。

注: コントロール内のセクションが追加される親コントロールの子コントロールつまり、: 結合親コントロールになっている場合のみをサポートします。

  1. 変更するコントロールをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。

  3. [結合するフォーム結合の設定] をクリックします。

  4. [この繰り返しグループの動作] の [ターゲット フォーム (既定) にソース フォームのグループの挿入] をクリックします。

  5. フォームで、対象のオプションを挿入するには、[ソース フォームのグループが表示される場所を決定するには、ターゲット フォームのグループの後またはターゲット フォームのグループの前に、をクリックします。

  6. 差し込み印刷のフォームの空白の値を消すために、 (推奨) 空白のグループを削除する] チェック ボックスを選択します。

  7. コントロールには、同じ値が含まれるグループを結合するには、冗長を減らすは、同じフィールドの値を使用してグループを結合する] チェック ボックスを選択しを結合するフィールドを選択すると比較するフィールドの横にあるボタンをクリックします。

省略可能セクションのユーザー設定の結合の設定を定義します。

オプションのセクションには、他のコントロールが含まれます。ユーザーでは、挿入したり、フォームに入力するときは、省略可能セクションを削除することができます。詳細については、この記事でのフィールドおよびグループの結合処理を参照してください。

注: コントロール内のセクションが追加される親コントロールの子コントロールつまり、: 結合親コントロールになっている場合のみをサポートします。

  1. 変更するコントロールをダブルクリックします。

  2. コントロールのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。

  3. [結合するフォーム結合の設定] をクリックします。

  4. [このグループのアクション] の [ソースとターゲット フォーム (既定) でのグループの内容を結合] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×