フォームを発行する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレートのデザインが完了したら、ユーザー フォーム テンプレートに基づくフォームに入力できるように発行する必要があります。ユーザーは、フォームが発行されている場所にアクセスが必要です。このトピックでは、InfoPath 2010 フォームを発行するさまざまなオプションについて説明します。

この記事の内容

公開と保存

発行オプション

SharePoint ライブラリまたはリストですか。

SharePoint ライブラリに発行します。

電子メールに発行します。

ネットワーク上の場所に発行します。

高度な概念

サイト コンテンツ タイプ

InfoPath フォームのセキュリティで保護されたコード

管理者承認済みフォーム テンプレート (完全信頼フォーム)

公開と保存

フォーム テンプレートを発行は、フォーム テンプレートを保存すると同じではできません。フォーム テンプレートを保存すると、保存する作業内容を保持するようにお使いのコンピューター上のファイルを保存する場合と同様です。発行プロセスでは、発行場所を追加して、ユーザーは、このフォーム テンプレートに基づくフォームを開くことができるように、セクションの手順を処理して配信のためのフォーム テンプレートを変更します。処理命令を発行した後、フォーム テンプレートを変更した場合、自動的に更新するには、このフォーム テンプレートに基づくフォームを使用できます。

ページの先頭へ

発行オプション

数を InfoPath フォームを発行できるさまざまな方法があります。フォームを発行するには、ファイル] タブをクリックし、[発行次のオプションを表示する] をクリックします。

  • クイック発行   現在の場所にフォームを発行します。

既に発行されている、または最初に SharePoint リストまたはワークフローのフォームを発行するフォームを更新する場合に使えますクイックはせずに、発行する方法と場所を示すフォームを発行する発行します。クイック発行] をクリックするときに InfoPath 2010 を自動的に再発行するまたは、前または指定した場所にフォームを発行します。

注: 発行場所が指定されていない場合は、クイック発行が無効です。

  • SharePoint Server   SharePoint ライブラリにフォームを発行します。

InfoPath フォームを SharePoint に発行し、ユーザーが入力にするか、Web ブラウザーで InfoPath filler でできるようにする場合は、[できますに発行する SharePoint ライブラリします。ユーザーは、オンライン フォームにアクセスを行ったり、塗りつぶし、結果として、InfoPath のドキュメント ライブラリに保存し、なります。

  • 電子メール   メールの宛先のリストにフォームを発行します。

InfoPath フォームを含む新しい電子メール メッセージを作成することができます。このオプションは、受信者では、SharePoint サイトには、アクセス権はない場合に便利です。

注: InfoPath Filler では、電子メール メッセージで公開されているフォームの必要があります。

  • ネットワーク上の場所   ネットワークの場所またはファイルの共有にフォームを発行します。

ネットワークの場所またはファイル共有 ( //MyShare/Path/FormLocation) などの共有に移動し、InfoPath Filler でフォームに入力できるユーザーをフォームを発行します。

注: InfoPath Filler では、ネットワーク上の場所に公開されているフォームの必要があります。

SharePoint ライブラリまたはリストですか。

InfoPath の以前のバージョンでは、[SharePoint ライブラリにフォームを発行する可能性のあるし、そのライブラリ内のドキュメントと回答結果は保存するときに、ユーザーがフォームに入力をします。まだこれを行うときに、作成、読み取りおよび回答は、リスト内のアイテムとして保存するように、SharePoint リストのアイテムを編集するのにためのフォームをカスタマイズするのにはこれで InfoPath 2010 を使用できます。これを行うには、SharePoint で、 [フォームのカスタマイズ] をクリックしてまたは InfoPath 内から新しい SharePoint リストを作成します。

ドキュメント ライブラリではなく、SharePoint リストを使用すると、次のように多様な利点がありますがあります。

  • SharePoint リスト内の任意のアイテムの操作を行うことに同じように、回答を管理できます。

  • これは、自動ため、フォームを発行する場合、SharePoint サーバーに接続する方法を指定する必要はありません。

  • 確認が終わったら、リストをカスタマイズするフォームのクイック発行フォームの発行] をクリックするだけ必要です。

ページの先頭へ

SharePoint ライブラリに発行します。

InfoPath フォームを SharePoint ライブラリに発行するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] をクリックします。

  2. [発行] をクリックします。

  3. SharePoint Server] をクリックします。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. テキスト ボックスに、SharePoint サイトの Web アドレスを入力します。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. フォームを発行する方法を選択します。ほとんどの場合、フォーム ライブラリを選択します。サイト コンテンツ タイプ管理者承認済みフォーム テンプレートのオプションの詳細については、 [高度な概念」を参照してください。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. 既に作成されている場合は、InfoPath フォームの既存のフォーム ライブラリをクリックするか、新しいアカウントを作成する新しいフォーム ライブラリの作成] をクリックします。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. 新しい SharePoint ライブラリを作成するには場合、は、[名前] ボックスと[説明] ボックスにライブラリの説明でライブラリの名前を入力します。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. [次へ] をクリックします。

  2. フォーム ライブラリに列として、フォームのデータを表示するには、プロパティの共有を使用します。これを行うには、追加をクリックし、[目的のフィールドを選択して、[列名] ボックスで、[列の名前を入力します。

  3. 繰り返しフィールドを選択した場合は、フォーム ライブラリで、フィールドを表示する方法を定義する関数のリストで値をクリックし、[ OK] をクリックします。

注: すべての値を結合するかどうか、最後の値または、一致するすべてのフィールドの数の最初の値を表示するかどうかを選択できます。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. 12 と 13 フォームで、SharePoint 列として追加するには、各フィールドに必要な手順し、[次へ] をクリックします。

  2. [次へ] をクリックします。

  3. [発行] をクリックします。

ページの先頭へ

電子メールに発行します。

メールの宛先のリストに InfoPath フォームを発行するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] をクリックします。

  2. [発行] をクリックします。

  3. [電子メール] をクリックします。

  4. フォームを保存していない場合は、フォームを保存するのには、 [ok]をクリックします。

  5. フォーム テンプレートの名前のテキスト ボックスで、フォームの名前を入力し、[次へ] をクリックします。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. InfoPath フォームのアイテム フォルダー内の列として、フォームのデータを表示するには、プロパティの共有を使用します。これを行うの追加] をクリックし、目的のフィールドを選択し、[列名] ボックスに列の名前を入力します。

  2. 繰り返しフィールドを選択した場合は、フォーム ライブラリで、フィールドを表示する方法を定義する関数のリストで値をクリックし、[ OK] をクリックします。

注: すべての値を結合するかどうか、最後の値または、一致するすべてのフィールドの数の最初の値を表示するかどうかを選択できます。

  1. 手順 6 と 7 はフォームで、Outlook では、列として追加するには、各フィールドに必要なし、[次へ] をクリックします。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. 電子メール メッセージとしてフォームを開くが完了したら、[発行] をクリックします。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. [Cc]、[ bcc]ボックスに受信者を入力します。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. [件名] フィールドの内容をカスタマイズします。

  2. 概要のテキスト ボックスは、なぜ受け取ったフォーム上のユーザーに、フォームの説明の場所と説明を提供します。

  3. [送信] をクリックします。

ページの先頭へ

ネットワーク上の場所に発行します。

InfoPath フォームをネットワーク上の UNC または SharePoint 以外のサーバーに発行するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] をクリックします。

  2. [発行] をクリックします。

  3. ネットワーク上の場所をクリックします。

  4. 最初のテキスト ボックスで、目的のパスとフォームのファイル名を入力します。

    注: ハード_ディスク上、または\\private\example\exampleform.xsnなどのファイル共有では、上の場所があります。次のようになります。 お使いのコンピューター上の場所可能性もある: C:\examplefolder\exampleform.xsnします。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. フォーム テンプレートの名前テキスト内に、テンプレートの名前を入力し、[次へ] をクリックします。

注: 更新または再発行する場合は、フォームを識別するため、フォームの名前はフォームに入力するときにもユーザーに表示されます。

  1. テキスト ボックスに、ユーザーがアクセスできるパスとファイル名を入力します。

注: ほとんどの場合、発行場所と代替アクセス パスは同じにします。それ以外の場合は、if など、ファイルが保存されている C ドライブすることはできません。たとえば、 C:\examplefolder\exampleform.xsnにフォームを保存した場合、[ユーザー アクセスのパスような\\mycomputer\examplepath\exampleform.xsnします。以前のパスが\\private\example\form\exampleform.xsn] など、ユーザーのアクセシビリティを考慮したパスとユーザーの両方がアクセスできる場合は、[アクションは必要ありませんこの手順を実行します。

InfoPath 2010 - フォームを発行する

  1. をもう一度クリックします。

  2. [発行] をクリックします。

ページの先頭へ

高度な概念

サイト コンテンツ タイプ

コンテンツ タイプは、ワークフローまたはポリシーの設定など、サーバー上のフォーム テンプレートを列、およびドキュメント管理の設定のセットを定義します。

コンテンツ タイプを作成すると、再利用できますフォーム テンプレートおよび設定をサイト全体でサイト コンテンツ タイプとしてフォーム テンプレートを発行しています。コンテンツ タイプを更新すると、自分の変更は、そのコンテンツ タイプが使用されている場所に自動的に適用します。

複数のライブラリに、サイト全体で 1 つのコンテンツ タイプを割り当てるか、1 つのライブラリに複数のコンテンツ タイプを割り当てます。たとえば、すべての各営業チームが収集とレポート同じ種類の情報を管理できるように、社内の営業部で使用されるライブラリに業務報告書フォームのコンテンツ タイプを追加できます。または、出張申請書、出張レポート、および経費報告書フォームの別のフォーム テンプレートを使用するいると仮定します。サイト コンテンツ タイプとして次の 3 つのフォーム テンプレートを発行し、チームの旅行関連情報を格納するために 1 つのライブラリに追加できます。ユーザーは、ライブラリから新しいフォームを作成するときに使用すると、これらのフォーム テンプレートのうちのどれを [選択できます。

InfoPath フォームのセキュリティで保護されたコード

InfoPath 2010 と限り、完全に信頼されたフォームがないと、SharePoint のセキュリティで保護されたコード サービスを使用して、サイト コレクションの管理者が、コードでは、InfoPath デザイナーから直接、フォーム ライブラリのフォームを発行できます。フォーム ライブラリにフォームを発行、またはサイト コンテンツ タイプとしては、同じ手順を使用してセキュリティで保護されたコードを含むフォームを発行します。

管理者承認済みフォーム テンプレート (完全信頼フォーム)

管理者承認済みフォーム テンプレートでは、SharePoint サイト上のすべてのサイト コレクションに使用可能なし、完全信頼を必要とするコードを含めることができます。これらは個別にことを確認、アップロードされ、SharePoint サイトの管理者で有効になります。管理者承認済みフォーム テンプレートは、管理者のみがアクセスできる特殊なドキュメント ライブラリに保持されます。管理者承認済みフォーム テンプレートについては、次のリンクを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×