フォームを効率的に入力する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォームにデータを入力する実際の手順は簡単ですが、この作業を効率的に行うために使用できるいくつかの機能があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

オートコンプリートを使用してデータ入力を高速化

フィールド間をより迅速に移動します。

行または列をすばやく追加します。

高速エラーを確認します。

オートコンプリートを使用して手早くデータを入力する

Microsoft Office InfoPath のオートコンプリート機能を使用すると、フォームを入力する際に、各フィールドに以前に入力した内容を保存しておくことができます。フォーム上のフィールドに対してオートコンプリートを有効にすると、そのフィールドに最初の数文字を入力したときに、以前に入力した項目の中から一致する可能性のある項目が一覧表示されます。その一覧の項目を選択するか、入力しようとしている項目と一致しない場合は自分で入力を続けることができます。

次の図では、8 を入力したときに、以前に入力された 8:00 を入力候補として表示しています。

オートコンプリートの例

フォームのフィールドでオートコンプリートが機能しない場合は、フォーム作成者がオートコンプリートを無効にしたか、Internet Explorer でオートコンプリートの設定が無効になっている可能性があります。

オートコンプリートを有効にする

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [全般] タブをクリックします。

  3. [システム] で、[インターネット オプション] をクリックします。

  4. [コンテンツ] タブをクリックします。

  5. [個人情報] で、[オートコンプリート] をクリックします。

  6. [オートコンプリートの設定] ダイアログ ボックスの [オートコンプリートの使用目的] で、[フォーム] チェック ボックスをオンにします。

注: フォーム作成者は、フォームの一部のフィールドまたはすべてのフィールドでオートコンプリートをオフにすることができます。この状況では、入力者が Internet Explorer でオートコンプリートをオンにしても、フィールドへの入力時にオートコンプリートを使用できません。

オートコンプリートに保持されている、入力候補の一覧を消去することができます。この操作は、このコンピュータを他のユーザーが操作したときに、以前に入力した機密情報が表示されないようにする場合に役立ちます。

オートコンプリートの入力候補の一覧をクリアする

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [全般] タブをクリックします。

  3. [システム] で、[インターネット オプション] をクリックします。

  4. [コンテンツ] タブをクリックします。

  5. [個人情報] で、[オートコンプリート] をクリックします。

  6. フォームのフィールドに入力したエントリの一覧を削除するには、[オートコンプリート履歴のクリア] の [フォームのクリア] をクリックし、メッセージが表示されたら [OK] をクリックます。

    ヒント: フォームの入力時に、オートコンプリートの入力候補の一覧から 1 つのエントリを削除できます。一覧が表示されたら、削除するエントリをポイントし、Del キーを押します。

ページの先頭へ

フィールド間をさらに手早く移動する

通常は、マウス ポインタを動かせば、フォーム上のさまざまなフィールドに手早くアクセスできます。ただし、キーボードを使ってフィールド間を移動する方が速い場合もあります。フォームのタブ オーダーに基づいてフィールド間を移動するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 次のフィールドに進むには、Tab キーを押します。

  • 前のフィールドに戻るには、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  • カーソルを表の上下の行に移動するには、キーまたはキーを押します。

ページの先頭へ

行または列をさらに手早く追加する

フォームの入力時に、フォーム テンプレートの一部である表に行を追加できます。または、リッチ テキスト フィールドに挿入した表に行と列を追加できます。これらの作業を行う際に時間を節約するには、次のいずれかの操作を行います。

  • フォーム テンプレートの一部である表に行を追加するには、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。

  • リッチ テキスト フィールドに挿入した表に行または列を追加するには、表を右クリックし、ショートカット メニューの [挿入] をポイントします。次に、任意のオプションをクリックします。

    ヒント: リッチ テキスト フィールドの表に行を手早く追加するには、カーソルを表内の最後のセルに置き、Tab キーを押します。

ページの先頭へ

エラーを効率的に確認する

フォームの入力中、InfoPath では入力した情報のエラーを自動的に確認します。入力した情報にエラーが見つかった場合は、ダイアログ ボックスの警告またはインライン警告が表示されます。インライン警告では、フォームのフィールドが赤い破線で囲まれます。フィールドの入力が必須である場合は、コントロールの中に赤いアスタリスク記号が表示されます。特定のインライン警告の詳細を表示するには、フィールドの上でマウス ポインタを静止させるか、フィールドを右クリックします。フォーム作成者は、説明付きのダイアログ ボックスを表示するように指定することもできます。次の図は、インライン警告とダイアログ ボックス メッセージの両方を示しています。

ダイアログ ボックス警告とインライン警告の例

データのエラーとその説明を手早く確認するには、次のいずれかの操作を行います。

  • データのエラーを含むフィールドに移動するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら E キーを押します。

  • エラーの説明を表示するには、エラーを含むフィールドを選択し、Ctrl キーと Shift キーを押しながら S キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×