フォームまたはレポートのレコードソースとしてクエリを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

クエリを使用して、フォームまたはレポートにデータを渡すことができます。フォームまたはレポートを作成するときにクエリを使用できます。または、[レコードソース] プロパティを設定して、既存のフォームまたはレポートを変更することができます。[レコードソース] プロパティを設定すると、既存のクエリを指定することも、新しいクエリを作成して使用することもできます。

クエリをレコードソースとして使用している場合、データを編集できないことがあります。クエリをレコードソースとして使用する前に、データを編集する必要があるかどうかを検討する必要があります。

この記事では、既存のフォームまたはレポートの [レコードソース] プロパティを設定する方法について説明し、クエリデータを編集できない場合についての情報を提供します。

この記事では、フォームまたはレポートを作成する方法については説明しません。フォームやレポートを作成する方法については、「フォームを作成するためのロードマップ」と「簡単なレポートを作成する」を参照してください。

この記事の内容

フォームまたはレポートのレコードソースとして既存のクエリを使用する

フォームまたはレポートのレコードソースとしてクエリを作成する

クエリからデータを編集する

フォームまたはレポートのレコードソースとして既存のクエリを使用する

[デザイン] ビューで、使用する既存のクエリに [レコードソース] プロパティを設定します。

  1. フォームまたはレポートをデザインビューで開きます。

    プロパティシートがまだ開いていない場合は、 F4キーを押して開きます。

  2. プロパティシートの [データ] タブで、[レコードソース] プロパティボックスをクリックします。

    [データ] タブの [レコード ソース] プロパティ。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 使用するクエリの名前の入力を開始します。

      入力時にオブジェクトの名前が自動的に設定されます。

      - または -

    • 矢印をクリックし、使用するクエリを選択します。

ページの先頭へ

フォームまたはレポートのレコードソースとしてクエリを作成する

デザインビューで、レコードソースとして使用する新しいクエリを作成するには、[レコードソース] プロパティボックスの [ビルド] ボタン ( [ビルダー] ボタン ) を使用します。

  1. フォームまたはレポートをデザインビューで開きます。

    プロパティシートがまだ開いていない場合は、 F4キーを押して開きます。

  2. プロパティシートの [データ] タブで、[レコードソース] プロパティボックスをクリックします。

  3. [ [ビルダー] ボタン ] をクリックします。

    プロパティ シートの [作成] ボタン。

    新しいクエリがデザインビューで開きます。

  4. クエリをデザインし、保存して閉じます。

    クエリの設計については、記事「簡単な選択クエリを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

クエリからデータを編集する

フォームを使用する主な理由の1つは、データを入力して編集することです。クエリによっては、データ編集をサポートしていないものがあります。フォームのレコードソースとしてクエリを使用する前に、クエリデータを編集できるかどうかを検討する必要があります。

クエリからデータを編集するには、どうすればよいですか?

クエリからデータを編集するには、次の操作を行います。

  • クエリは、1つのテーブルに基づいています。

  • クエリは、両者の間に一対一リレーションシップがある2つのテーブルに基づいています。

  • フォームのRecordsetTypeプロパティは、ダイナセット (一貫性のない更新)に設定されており、次のセクションのいずれの条件も該当しません。

注: クエリでデータを編集できる場合でも、そのフィールドの一部を編集できないことがあります。このようなケースについては、次のセクションに記載されています。

クエリからデータを編集できない場合

次の場合、クエリからデータを編集することはできません。

  • クエリはクロス集計クエリです。

  • クエリはSQL クエリです。

  • 編集しようとしているフィールドは、 集計フィールドです。この場合、クエリ内の他のフィールドからデータを編集できる場合があります。

  • クエリには group by 句が含まれています。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×