フォームまたはレポートのグラフを作成する

グラフとは、数値データをコンパクトに視覚的な配置で表示し、重要なデータのリレーションシップを明らかにするグラフィックのことです。フォームまたはレポートにグラフを追加することにより、データを視覚化し、情報に基づいた決定を下すことができます。テーブルまたはクエリにグラフをバインドしたり、さまざまなプロパティを使用してグラフをカスタマイズしたりできます。グラフを対話的にすることもできます。たとえば、フォームまたはレポートのフィルターで別のカテゴリ フィールドを選択すると、別のグラフ値が表示されます。Access では、縦棒グラフ、折れ線グラフ、横棒グラフ、円グラフ、および複合グラフを作成することができます。

複合グラフ: 年別の住宅販売の集合縦棒グラフと月別の平均価格の折れ線グラフ

シンプルな複合グラフ

目的に合ったトピックをクリックしてください。

グラフを作成する
開始手順
データの設定
書式設定
重要な考慮事項
フォームまたはレポート上のデータにグラフをリンクする



ニーズに最適なグラフの種類を選択する
縦棒 (ステップ バイ ステップのビデオ)
折れ線 (ステップ バイ ステップのビデオ)
横棒 (ステップ バイ ステップのビデオ)
(ステップ バイ ステップのビデオ)
複合 (ステップ バイ ステップのビデオ)
Access グラフ作成のベスト プラクティス

グラフを作成する

Access でグラフを作成するための基本的な手順は次のとおりです。

  • グラフをデータ ソース (テーブルやクエリなど) にバインドします。

  • フィールドを、グラフの主要な要素である表示にマップします。[軸 (カテゴリ)]、[凡例 (系列)]、および [値 (Y 軸)] のディメンションは、グラフの種類に応じて異なる方法で配置されます。

  • 他のグラフ要素 (データ ラベルや近似曲線など) を追加し、グラフを補正してわかりやすくします。

  • グラフとそのさまざまな要素の書式を設定します。個々のデータ系列 (グラフの凡例に対応する、縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、または円グラフのスライス内にある一連の値) の書式を設定することもできます。

ページの先頭へ

開始手順

  1. デザイン ビューで、フォームまたはレポートを作成または開きます。作成するには、[作成]、[フォーム デザイン] または [レポート デザイン] の順に選択します。開くには、ナビゲーション バーでフォーム名またはレポート名を右クリックし、[フォーム デザイン] または [レポート デザイン] を選択します。

  2. [デザイン]、[グラフの挿入] モダンなグラフのアイコン の順に選択し、グラフの種類を選択してから、それをフォームまたはレポート上にドロップします。詳細については、「ニーズに最適なグラフの種類を選択する」を参照してください。

    [グラフの設定] ウィンドウが開き、フォーム デザイン グリッドにサンプル図が表示されます。

    サンプルのグラフ

    コントロール ハンドル 垂直の両方向矢印カーソルの画像 水平の両方向矢印カーソルの画像 を使用してグラフのサイズを変更したり、ドラッグして位置を変更したりします [コンパス] アイコン

    [グラフの設定] ウィンドウを使用して、グラフのデータ ソースを構成し、[軸 (カテゴリ)]、[凡例 (系列)]、[値 (Y 軸)] フィールドを選択して、グラフの書式を設定します。

ページの先頭へ

データの設定

  1. [グラフの設定] ウィンドウの [データ] タブを選択します。

  2. [テーブル]、[クエリ]、または [両方] を選択し、ドロップダウン リストからデータ ソースを選択します。パススルー クエリがサポートされています。

    既定では、サンプル図は、データ ソース内の最初の 2 つのフィールドを [軸 (カテゴリ)] と [値 (Y 軸)] のディメンションとして使用したライブ グラフと置き換えられます。テーブル内の最初の列は主キーであることが多いため、グラフ内のディメンションとして使用したくない場合があります。グラフのプロパティ [ライブ データのプレビュー] を使用すると、ライブ データを表示するかどうかを制御できます。

    ヒント:    データ ソースに多数のフィールドがある場合は、必要なフィールドだけに制限するクエリを作成すると、フィールドの選択を簡略化することができます。

  3. [軸 (カテゴリ)]、[凡例 (系列)]、[値 (Y 軸)] の各セクションで、グラフを作成する 2 つ以上のフィールドを選択します。次の操作を行います。

    • [軸 (カテゴリ)]   このセクションで、1 つ以上のフィールドを選択します。

      この表示は、集合縦棒グラフと折れ線グラフでは xy グラフの横軸の値を示し、集合横棒グラフでは縦軸の値を示します。

      集合縦棒グラフの軸のアイコン

      集合縦棒グラフの軸

      折れ線グラフの軸アイコン

      折れ線グラフの軸

      集合横棒グラフの軸のアイコン

      集合横棒グラフの軸

      日付フィールドの既定の集計は [] です。変更するには、下向き矢印をクリックして一覧から選択します。この一覧には、集計を削除する [なし] が含まれます。

      複数の [軸 (カテゴリ)] フィールドを選択すると、寸法線に沿って目盛りの付いた階層構造 (1 つの地区内の州など) が作成されます。

      データの階層と目盛
    • [凡例 (系列)]   このセクションで、フィールドを選択します。

      この表示では、フィールドの値を列見出しにピボットします。たとえば、[州] フィールドの値が列見出しとして置き換えられ、それぞれ別のデータ系列になります。

      ピボットが状態の値を列見出しに転送する
    • [値 (Y 軸)]   このセクションで、1 つ以上のフィールドを選択します。

      この表示は、集合縦棒グラフと折れ線グラフでは xy グラフの縦軸の値を示し、集合横棒グラフでは横軸の値を示します。

      集合縦棒グラフの値のアイコン

      集合縦棒グラフの値

      折れ線グラフの値のアイコン

      折れ線グラフの値

      集合横棒グラフの値のアイコン

      集合横棒グラフの値

      選択するフィールドは、それぞれが 1 つのデータ系列に対応します。2 つ以上の [値 (Y 軸)] フィールドを選択すると、[凡例 (系列)] フィールドは選択できません。[値 (Y 軸)] フィールドは既定で凡例になります。

      既定では、選択した各フィールドが集計されます。数値フィールドと通貨フィールドの既定の集計は [合計] です。その他のフィールドの既定の集計はすべて、[カウント] です。集計を変更するには、下向き矢印をクリックして一覧から選択します。これには集計を削除する [なし] が含まれます。

          テキスト フィールドには [カウント] 集計を使用する必要があります。選択した [値 (Y 軸)] フィールドはすべて、集計または非集計のいずれかにする必要があります。

    異なるフィールドの組み合わせが可能ですが、以下を検討してください。

  • [軸 (カテゴリ)] フィールドと [値 (Y 軸)] フィールドを少なくとも 1 つずつ選択します。

  • [凡例 (系列)] フィールドは 1 つしか選択できませんが、[値 (Y 軸)] セクションまたは [軸 (カテゴリ)] セクションからは複数のフィールドを選択できます。

  • [軸 (カテゴリ)] フィールドと [凡例 (系列)] フィールドを 1 つずつ選択する場合、[値 (Y 軸)] フィールドは 1 つしか選択できません。別の [値 (Y 軸)] フィールドを追加するには、[軸 (カテゴリ)] または [凡例 (系列)] のいずれかのフィールドをクリアします。

  • [凡例 (系列)] フィールドを選択する場合、[値 (Y 軸)] フィールドを 1 つだけ選択し、それを集計する必要があります。

ページの先頭へ

書式設定

  1. [グラフの設定] ウィンドウの [形式] タブを選択します。

  2. ドロップダウン リストから [データ系列] を選択します。

    [形式] タブでのさまざまなデータ系列の書式設定

    データ系列ごとに固有のプロパティのセットがあります

  3. 各データ系列に対し、次のプロパティを 1 つ以上設定します。

    • [表示名]   グラフの凡例のデータ系列の名前。

    • [グラフの種類]   このプロパティは、複合グラフにのみ表示されます。複合グラフに異なるグラフの種類を追加するには、このプロパティを使用しします (データ系列ごとに 1 つ)。既定の複合グラフの組み合わせは、1 番目のデータ系列の集合縦棒グラフと、2 番目のデータ系列の折れ線グラフです。データ系列ごとに異なるグラフの種類を設定することができます。グラフに 1 つのデータ系列しかない場合は、集合縦棒グラフになります。

         このプロパティとグラフのプロパティ シートの [グラフの種類] プロパティを混同しないようにしてください。

    • [線の太さ]    .25 ポイント単位で線の太さを選択します。このプロパティは、折れ線グラフにのみ表示されます。

    • [実線/点線]   [実線]、[破線]、[点線]、[一点鎖線]、または [二点鎖線] の線種を選択します。このプロパティは、折れ線グラフにのみ表示されます。

    • [使用する軸]   データ系列をプロットする第 1 軸または第 2 軸を選択します。グラフのデータ系列が大幅に変化する場合や、データ系列の基準が異なる (価格と数量など) 場合に、このオプションを使用します。集合縦棒グラフと軸ラベルもある折れ線グラフの複合グラフは、多くの場合、最適に機能します。

    • [データ ポリシーが見つからない]   次のいずれかを選択します。見つからないデータを 0 として表すには [ゼロとしてプロット]、見つからないデータを無視するには [プロットしない]、見つからないデータを埋める新しいデータを計算するには [補間としてプロット] を選択します。このプロパティは、折れ線グラフにのみ表示されます。

    • [系列の塗りつぶしの色]   縦棒や横棒などのデータ系列の塗りつぶしの色を選択します。

    • [系列の罫線の色]   縦棒や横棒などのデータ系列の外側に追加する色を選択します。

    • [データ ラベルの表示]   データ系列をわかりやすくするデータ ラベルを表示するには、このオプションを選択します。

    • [近似曲線の表示]   データの傾向を示す方法である近似曲線を表示するには、このオプションを選択します。

    • [近似曲線のオプション]   次の近似曲線のいずれかを選択します。

      • [線形近似]   これは、一定の割合で増加または減少するデータ セットに最適な直線です。

      • [指数近似]   これは、一定の増加率で増加または減少する正の数の曲線です。

      • [対数近似]   これは、急速に増加または減少した後で横ばい状態になる変化率データに最適な曲線です。

      • [多項式近似]   これは、大きなデータ セットの損益など、データが変動する場合に最適です。

      • [累乗近似]   これは、1 秒間隔での加速など、特定の比率で増加する正の数の曲線です。

      • [移動平均]    これは、データの変動を一定にして、パターンや傾向をより明確に示す方法です。

    • [近似曲線名]   グラフの凡例に表示するわかりやすい名前を入力します。

    • [マーカーの図形]   図形をライン マーカーとして選択します。このプロパティは、折れ線グラフにのみ表示されます。

ページの先頭へ

重要な考慮事項

集計    データ ソースは多くの場合、最初は集計されていないデータのセットですが、グラフを作成するときに、データ系列の数を簡素化するため、Access により既定でフィールドに集計 (合計カウント平均) が作成されます。ただし、ドロップダウン リストで [なし] を選択し、既定の集計を削除することができます。フィールドの選択と集計の選択のこのプロセスにより、[変換後の行のソース] プロパティに格納される SELECT、SQL GROUP BY、または TRANSFORM ステートメントが作成されます。ステートメントを表示するには、プロパティを右クリックし、[ズーム] を選択します。3 つの主な可能性の概要を次に示します。

  • [軸 (カテゴリ)] フィールドと [値 (Y 軸)] フィールドを選択して集計を削除すると、Access により行ソースがより簡素化された SELECT ステートメントに変換されます。次に例を示します。

    SELECT [Segment], [Sales] FROM [Orders]
  • [軸 (カテゴリ)] フィールドと [値 (Y 軸)] フィールドを選択すると、Access により行ソースが GROUP BY ステートメントに変換されます。次に例を示します。

    SELECT [Segment], Sum([Sales]) AS [SumOfSales FROM [Orders] GROUP BY [Segment] ORDER BY [Segment]
  • [凡例 (系列)] フィールドを選択すると、Access により (TRANSFORM SQL クエリ ステートメントを使用して) 行ソースがクロス集計クエリに変換されます。TRANSFORM SQL クエリ ステートメントの PIVOT 句によって返されるフィールドの値は、列見出し ([州] フィールドなど) として使用され、それぞれ異なるデータ系列として多くの見出しを作成できます。次に例を示します。

    TRANSFORM Sum([Sales]) AS [SumOfSales] SELECT [Segment] FROM [Orders] GROUP BY [Segment] ORDER BY [Segment] PIVOT [State]

データの集計の詳細については、「クロス集計クエリを使用して集計データを読みやすくする」を参照してください。

プロパティ    グラフをさらにカスタマイズするには、[デザイン]、[プロパティ シート]、[<グラフ名>] の順に選択すると、そのグラフに関連するすべてのプロパティが表示されます。各プロパティで F1 キーを押すと、そのプロパティのヘルプを表示できます。プロパティ シートでプロパティを変更すると、[グラフの設定] ウィンドウの対応する値が変更されます。その逆も同じです。

グラフに固有の多くの [形式] プロパティがあり、これらを使用して軸の値、タイトル、グラフを書式設定できます。グラフに固有の [データ] プロパティもいくつかあります。[ライブ データのプレビュー]、[変換後の行のソース]、[グラフの軸]、[グラフの凡例]、[グラフの値] などです。

第 2 縦軸を追加する    グラフを作成すると、通常は第 1 縦軸はありますが、データが大幅に変化したり、異なるメジャー (価格と数量など) をプロットする場合には、第 2 縦軸を追加することができます。第 2 縦軸のスケールは、関連付けられたデータ系列の値を示します。第 2 縦軸を追加するには、[グラフの設定] ウィンドウの [形式] タブの [使用する軸] プロパティを使用します。

傾向線を追加する    数値データの場合、データの傾向を示すために傾向線を追加することができます。[グラフの設定] ウィンドウの [形式] タブで、[傾向線] と [傾向線名] のオプションを使用できます。

グラフを変更する     グラフを変更するには、デザイン ビューまたはレイアウト ビューでフォームまたはレポートを開いてから、[グラフの設定] ウィンドウを開くグラフを選択します。別のグラフの種類に切り替えるには、[グラフの種類] プロパティのドロップダウン リストから別のグラフを選択します。プロパティ シートの [グラフの種類] プロパティ ([グラフの設定] ウィンドウの [形式] タブからではありません) を変更することで、任意の 1 つのグラフを複合グラフに変更することもできます。

ソース データを更新する     グラフのデータを更新するには、フォーム ビューまたはレポート ビューに切り替え、グラフを選択してから、[すべて更新] を選択します (または F5 キーを押します)。

グラフの設定    [グラフの設定] ウィンドウが閉じている場合は、グラフが選択されていることを確認してから、[デザイン]、[グラフの設定] の順に選択します。

従来のグラフ    最新の技術に基づいている新しいグラフ モダンなグラフのアイコン と、ActiveX コントロールの従来のグラフ 従来のグラフのアイコン を混同しないようにしてください。ただし、従来のグラフは引き続き使用することができ、新しいグラフがあるフォームやレポートに追加することもできます。

ページの先頭へ

フォームまたはレポート上のデータにグラフをリンクする

グラフでフォームまたはレポート上のデータを操作するようにするには、グラフをフォームまたはレポートと同じデータ ソースにバインドします。次に、グラフの [リンク子フィールド] と [リンク親フィールド] のデータ プロパティの一致するフィールドを設定します。

  1. データ ソースにバインドされるフォームまたはレポートを作成します。詳細については、「Access でフォームを作成する」または「単純なレポートを作成する」を参照してください。

  2. 同じフォームまたはレポートにグラフを追加します。詳細については、「グラフを作成する」を参照してください。

  3. グラフの [レコード ソース] プロパティをフォームまたはレポートの [レコード ソース] プロパティと同じにします。

  4. グラフをクリックして、F4 キーを押してグラフのプロパティ シートを開き、[データ] タブをクリックします。

  5. [リンク子フィールド] または [リンク親フィールド] のいずれかのプロパティ ボックスで [ビルド] ボタン [ビルダー] ボタン をクリックします。

    [サブフォーム フィールド リンク ビルダー] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. [リンク親フィールド] と [リンク子フィールド] で、リンクするフィールドを選択してから、[OK] をクリックします。多くの場合、カテゴリ フィールド ([州]、[セグメント]、[地域] など) を使用することをお勧めします。

    使用するフィールドがわからない場合は、[推奨] をクリックして推奨フィールドを確認します。

  7. フォームまたはレポートを保存し、フォーム ビューまたはレポート ビューに切り替えてから、フォームが期待どおりに動作することを確認します。たとえば、カテゴリ フィールド ([州]、[セグメント]、[地域] など) でフォームまたはレポートをフィルター処理して、グラフで異なる結果を表示します。詳細については、「デスクトップ データベース内のデータをフィルター処理する」を参照してください。

ページの先頭へ

ニーズに最適なグラフの種類を選択する

以降のセクションでは、グラフに関する背景情報を提供し、使用するグラフの決定を支援します。

グラフとは

グラフとは、数値データをコンパクトに視覚的な配置で表示し、重要なデータのリレーションシップを明らかにするグラフィックのことです。グラフには、多くの要素があります。これらの要素の中には既定で表示されるものもあれば、必要に応じて追加できるものもあります。グラフ要素の表示は、サイズ変更するか、形式を変更することで変更できます。表示しない要素を削除することもできます。次の図は、基本的なグラフの要素を示しています。

グラフの概要

ページの先頭へ

作成できるグラフの種類

Access では、縦棒グラフ、折れ線グラフ、横棒グラフ、円グラフ、および複合グラフを作成することができます。このセクションでは、各グラフとその最適な使用シナリオについて説明します。

縦棒

縦棒グラフでは、横軸に沿ってカテゴリ ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) が表示され、縦軸に沿って値 ([値 (Y 軸)] プロパティ) が表示されます。通常、[軸 (カテゴリ)] ディメンションに対して 1 つのフィールドを選択し、[値 (Y 軸)] ディメンションに対して、それぞれがデータ系列となる 1 つ以上のフィールドを選択します。[値 (Y 軸)] ディメンションに複数のフィールドを選択する場合は、別の軸に沿ってプロットすることを検討してください。

Access では、3 種類の縦棒グラフがサポートされています。

グラフ

説明

シンプルな集合縦棒グラフ

集合縦棒

縦棒を使用して、水平方向のカテゴリの値を比較します。値 (項目数)、スケール (アンケート評価)、および名前 (場所や人) の範囲によく使用されます。

シンプルな積み上げ縦棒グラフ

積み上げ縦棒

集合縦棒グラフに似ていますが、各縦棒で 2 つ以上のデータ系列を示します。全体に対するデータ系列の関係を示すためによく使用されます。

シンプルな 100% 積み上げ縦棒グラフ

100% 積み上げ縦棒

積み上げ縦棒グラフに似ていますが、縦棒の値が合計で 100% になります。全体に対する各データ系列の割合を比較するためによく使用されます。

ページの先頭へ

折れ線​​

折れ線​​グラフでは、カテゴリが横軸 ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) に沿って均等に分散され、値が縦軸 ([値 (Y 軸)] プロパティ) に沿って均等に分散されます。通常、[軸 (カテゴリ)] ディメンションに対して 1 つのフィールドを選択し、[値 (Y 軸)] ディメンションに対して、それぞれがデータ系列となる 1 つ以上のフィールドを選択します。[値 (Y 軸)] ディメンションに複数のフィールドを選択する場合は、別の軸に沿ってプロットすることを検討してください。

Access では、3 種類の折れ線グラフがサポートされています。

グラフ

説明

シンプルな折れ線グラフ

折れ線

時間の経過と共に値を比較するため、両方の軸に継続的かつ均等に分散したデータが表示されます。一定の間隔 (月、四半期、会計年度など) の傾向を表示したり、2 つ以上のデータ系列を比較したりするためによく使用されます。

シンプルな積み上げ折れ線グラフ

積み上げ折れ線

折れ線グラフに似ていますが、各線で 2 つ以上のデータ系列を示します。関連する傾向の比較によく使用されます。

シンプルな 100% 積み上げ折れ線棒グラフ

100% 積み上げ折れ線

積み上げ折れ線グラフに似ていますが、時間の経過と共に傾向を割合として示します。全体 (100%) に対する関連する傾向を比較するのによく使用されます。

   [グラフの設定] ウィンドウの [形式] タブの次のプロパティは、折れ線グラフに固有のものです。[線の太さ]、[実線/点線]、[データ ポリシーが見つからない]、および [マーカーの図形]。

ヒント   多くのカテゴリがある場合や、値が近似値の場合は、マーカーなしの折れ線グラフを使用します。

ページの先頭へ

横棒

横棒グラフでは、カテゴリが縦軸 ([値 (Y 軸)] プロパティ) に沿って整理され、値が横軸 ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) に沿って整理されます。横棒グラフでは、軸と値のディメンションの通常の配置が反転されます。通常、[軸 (カテゴリ)] ディメンションに対して 1 つのフィールドを選択し、[値 (Y 軸)] ディメンションに対して、それぞれがデータ系列となる 1 つ以上のフィールドを選択します。[値 (Y 軸)] ディメンションに複数のフィールドを選択する場合は、別の軸に沿ってプロットすることを検討してください。

Access では、3 種類の横棒グラフがサポートされています。

グラフ

説明

シンプルな集合横棒グラフ

集合横棒

横棒を使用して、垂直方向のカテゴリの値を比較します。軸ラベルが長い場合や、値が期間の場合によく使用されます。

シンプルな積み上げ横棒グラフ

積み上げ横棒

集合横棒グラフに似ていますが、各横棒で 2 つ以上のデータ系列を示します。全体に対するデータ系列の関係を示すためによく使用されます。

シンプルな 100% 積み上げ横棒グラフ

100% 積み上げ横棒

積み上げ横棒グラフに似ていますが、横棒の値が合計で 100% になります。全体に対する各データ系列の割合を比較するためによく使用されます。

ページの先頭へ

円グラフでは、カテゴリは円のスライス ([軸 (カテゴリ)] プロパティ) として示されます。データ値 ([値 (Y 軸)] プロパティ) は、円として示される全体に対する割合として加算されます。[軸 (カテゴリ)] ディメンションのフィールドを 1 つだけ選択し、[値 (Y 軸)] ディメンションのフィールドを 1 つだけ選択します。[軸 (カテゴリ)] フィールドが既定で凡例となるため、[凡例 (系列)] フィールドは使用しないでください。[グラフの設定] ウィンドウの [形式] タブには、1 つの [データ系列] と 1 つのプロパティ、[データ ラベルの表示] しかありません。グラフの凡例で使用される色は、既定で設定されており、変更することはできません。

Access では、1 種類の円グラフがサポートされています。

グラフ

説明

簡単な円グラフ

カテゴリの比率を全体に対する割合として示します。すべて正の値の 1 つのデータ系列と 10 個未満のカテゴリに適しています。

ページの先頭へ

複合

複合グラフは、2 つ以上のグラフの種類 (集合縦棒グラフと折れ線グラフなど) を結合して、異なるが関連性のあるデータを説明します。

Access では、任意の異なる種類のグラフを結合し、各グラフを異なるデータ系列にマップすることができる複合グラフがサポートされています。たとえば、[グラフの設定] ウィンドウの [形式] タブの [データ系列] と [グラフの種類] のプロパティを使用して、集合縦棒グラフを年間の住宅販売のデータ系列にマップし、折れ線グラフを月単位の平均価格のデータ系列にマップします。プロパティ シートの [データ] タブの [グラフの種類] プロパティを変更することで、任意の 1 つのグラフを複合グラフに変更することもできます。

グラフ

説明

任意の組み合わせのシンプルな複合グラフ

独自の組み合わせ

独自に選択した 2 つの異なるグラフを組み合わせます。

ページの先頭へ

Access グラフ作成のベスト プラクティス

次のガイドラインを使用して、目的のわかりやすいグラフを作成します。

  • 開始時に計画を立てます。書籍、レポート、および World Wide Web にあるさまざまなグラフを見てみます。事前に、自分のケースに最も適した、目的を実現する外観のグラフを決定します。

  • グラフ内でリレーションシップを示すフィールドを決定します。グラフに必要なフィールドだけに結果を制限するクエリを作成することを検討してください。

  • グラフを作成するときに、ディメンションは一度に 1 つずつ選択します。変更をすぐに確認できるため、各フィールド、ディメンション、および集計がグラフにどのような影響を与えるかをより深く理解できます。

  • グラフを作成する場合は、シンプルを目指します。縦棒、横棒、またはスライスの数が多すぎて読みにくくなることでユーザーが困惑しないように、データ系列の数を少なくします。

  • まず、データ リレーションシップと目的の基本的なグラフの外観を取得します。次に、グラフと各データ系列の書式を設定します。色の選択、テキストの編集、および他のグラフ要素の追加は、慎重に行ってください。余白と意味のバランスを目指します。

  • 枠線、色、特殊効果、ラベル、パディング、およびその他の書式設定のプロパティを試してもかまいませんが、使用は最小限に抑えてください。太字のテキスト、濃い色、および過剰な線は避けてください。

  • 完了したら、可能な限りシンプルですっきりとしたグラフが作成されているかどうか、もう一度確認します。"過ぎたるは及ばざるがごとし" であることを覚えておいてください。

ページの先頭へ

関連項目

コントロールの概要

フォームの概要

Access におけるレポートの概要

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×