フォームまたはレポートにフィールドを追加する

[フィールド リスト] ウィンドウを使用することで、フォームやレポートにフィールドを簡単に追加できます。[フィールド リスト] ウィンドウでフィールドをダブルクリックするか、フィールドをリストからフォームまたはレポートにドラッグすると、Microsoft Office Access 2007 によって、そのフィールドを表示する適切なコントロール (テキスト ボックスやチェック ボックスなど) が自動作成され、コントロールがフィールドと連結されます。

既存のフォームまたはレポートにフィールドを追加する] があるない場合は、作業を開始するためのフォーム ツールを使用してフォームを作成するまたは単純なレポートを作成するを参照してください。

ヒント: Access 2010 でレポートにコントロール レイアウトでは、その点を考慮してうえ、お探しの場合があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

[フィールド リスト] ウィンドウを使用してフォームまたはレポートにフィールドを追加します。

フィールドをフォームまたはレポートのデザイン ビューに追加します。

[フィールド リスト] ウィンドウを詳細します。

[フィールド リスト] ウィンドウを使用してフォームまたはレポートにフィールドを追加する

  1. レイアウト ビューまたはデザイン ビューでレポートを開きます。

    [フィールド リスト] ウィンドウが表示されない場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • [形式] タブの [コントロール] グループで、[既存のフィールドの追加] ボタン イメージ をクリックします。 ボタン イメージ

    • Alt キーを押しながら F8 キーを押します。

  2. [フィールド リスト] ウィンドウで、追加するフィールドが含まれるテーブルを見つけます。各テーブルのフィールドの一覧を表示するにはテーブル名の横にあるプラス記号 (+) をクリックし、非表示するにはマイナス記号 (-) をクリックします。

    注: データベースにテーブルが含まれていない場合、[フィールド リスト] ウィンドウには何も表示されません。

  3. 追加するフィールドを見つけたら、次のいずれかの操作を行って、そのフィールドをフォームまたはレポートに追加します。

    • フィールドをダブルクリックします。

    • フィールドを [フィールド リスト] ウィンドウからフォームまたはレポートにドラッグします。

    • Ctrl キーを押しながら複数のフィールドをクリックし、そのフィールドをすべて一度にフォームまたはレポートにドラッグします。

      注: この方法は、[フィールド リスト] ウィンドウの [このビューで利用可能なフィールド] セクションにあるフィールドでのみ使用できます。

    • ある範囲内のフィールドを [フィールド リスト] ウィンドウからフォームまたはレポートに追加するには、次の操作を行います。

    • 範囲の最初のフィールドをクリックします。

    • Shift キーを押したまま、範囲の最後のフィールドをクリックします。

      クリックしたフィールドとその間にあるすべてのフィールドが選択されます。

    • 選択されたすべてのフィールドをフォームまたはレポートにドラッグします。

      注: この方法は、[フィールド リスト] ウィンドウの [このビューで利用可能なフィールド] セクションにあるフィールドでのみ使用できます。

  4. Office Access 2007 によって、各フィールドを表示する適切なコントロールが作成され、コントロールがフィールドと連結されます。また、コントロールに付けられるラベルが作成されます。ラベルを編集するには、そのラベルを 1 回クリックして選択し、再度クリックしてラベル内にカーソルを置きます。これにより、ドキュメントのテキストを編集する場合と同じ方法でラベルを編集できます。

  5. Access によって自動作成されるコントロールとは異なる種類のコントロールでフィールドを表示するには、コントロールを別の種類に変更します。ただし、変更できるコントロールの種類は、そのフィールドに適したものに限られます。たとえば、コンボ ボックスはテキスト ボックスまたはリスト ボックスに変更できますが、コマンド ボタンには変更できません。

    コントロールの種類を変更する

    1. ナビゲーション ウィンドウでフォームまたはレポートを右クリックし、 ボタンの画像 (デザイン ビュー) をクリックして、フォームまたはレポートをデザイン ビューで開きます。

    2. 変更するコントロールを右クリックし、[コントロールの種類の変更] をクリックします。

      [コントロールの種類の変更] メニュー項目を使用できない場合、このフィールドに適した他のコントロールの種類はありません。それ以外の場合は、コントロールの種類の一覧が表示されます。

    3. 使用可能なコントロールの種類のいずれかをクリックして、コントロールをその種類に変更します。

      コントロールはフィールドに連結されたままですが、場合によっては、いくつかのプロパティを設定し、新しい種類のコントロールを目的に合わせて構成する必要があります。コントロールのプロパティ シートを表示するには、コントロールを選択し、F4 キーを押します。

ページの先頭へ

デザイン ビューでフォームまたはレポートにフィールドを追加する

通常、フォームまたはレポートにフィールドを追加する最も簡単な方法は [フィールド リスト] ウィンドウを使用することです。ただし、コントロールを作成し、そのコントロールをフィールドに連結してフィールドを追加することもできます。次の手順はその方法を示しています。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームまたはレポートを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックして、フォームまたはレポートをデザイン ビューで開きます。

    コントロール ウィザード     コントロール ウィザードを使用すると、コマンド ボタン、リスト ボックス、サブフォーム、コンボ ボックス、およびオプション グループを作成できます。コントロール ウィザードでコントロールの外観や機能に関する質問に答えると、その答えに基づいてコントロールが作成され、コントロールのプロパティが設定されます。[デザイン] タブの [コントロール] で [コントロール ウィザードの使用] がオンになっていない場合は、クリックしてオンにします。

    ボタンの画像

    ウィザードを使用せずにコントロールを作成する場合は、[コントロール ウィザードの使用] をオフにします。

    ボタンの画像

  2. [デザイン] タブの [コントロール] で、追加するコントロールの種類に応じたツールをクリックします。

    Access リボンのイメージ

    ツールの名前を確認するには、ポインタをその上に置きます。Access によって、ツールの名前が表示されます。

  3. フォームまたはレポート デザイン グリッドで、コントロールの左上を配置する場所をクリックします。1 回のクリックで既定サイズのコントロールを作成するか、ツールをクリックしてからフォーム デザイン グリッドにドラッグして必要なサイズのコントロールを作成します。

  4. [コントロール ウィザードの使用] がオンで、配置するコントロールに関連付けられたウィザードがある場合は、ウィザードが開始され、指示に従ってコントロールを設定できます。

  5. コントロールを 1 回で適切な位置に配置できないときは、次の手順でコントロールを移動します。

    1. コントロールをクリックして選択します。

    2. ポインタをコントロール上に移動して、 移動ポインター (移動ポインタ) に変わるのを待ちます。

    3. コントロールをクリックし、適切な位置までドラッグします。

コントロール ウィザードを使用している場合は、コントロールをフィールドに連結するための手順が指示されることがあります。ウィザードがコントロールをフィールドに連結せず、コントロールがデータを表示できる種類 (テキスト ボックスやコンボ ボックスなど) である場合は、データを表示するために、コントロールの [コントロールソース] ボックスにフィールド名または式を入力する必要があります。

  1. コントロールをクリックし、F4 キーを押して、コントロールのプロパティ シートを表示します。

  2. プロパティ シートの [データ] タブで、[コントロールソース] ボックスの横のドロップダウン矢印をクリックし、コントロールに表示するフィールドを選択します。[コントロールソース] ボックスに式を入力することもできます。

    式の詳細については、「式を作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

[フィールド リスト] ウィンドウについて

次に、フォームまたはレポートにフィールドを追加するときに役立つ、[フィールド リスト] ウィンドウの処理に関するヒントについて説明します。[フィールド リスト] ウィンドウを表示するには、レイアウト ビューまたはデザイン ビューでフォームまたはレポートを開き、Alt キーを押しながら F8 キーを押します。

  • フォームまたはレポートの "RecordSource/レコードソース" プロパティが空の場合は、[フィールド リスト] ウィンドウからフォームまたはレポートにフィールドをドラッグすると、Access によって、フォームまたはレポートの "RecordSource/レコードソース" プロパティが自動的に入力されます。

  • フォームまたはレポートの "RecordSource/レコードソース" プロパティが SELECT ステートメントまたはテーブル名である場合は、[フィールド リスト] ウィンドウの表示を次の 2 つの状態に切り替えることができます。

    • すべてのデータベース フィールド    [このビューで利用可能なフィールド] セクション、[リレーション テーブルで利用可能なフィールド] セクション (そのようなテーブルが存在する場合)、および [他のテーブルで利用可能なフィールド] セクション (そのようなテーブルが存在する場合) を表示します。

    • レコード ソースのフィールドのみ    [このビューで利用可能なフィールド] セクションのみを表示します。

      2 つのモードを切り替えるには、[フィールド リスト] ウィンドウの下部の [現在のレコード ソースのフィールドのみを表示する] または [すべてのテーブルを表示する] をクリックします。

      注: フォームまたはレポートの "RecordSource/レコードソース" プロパティを保存されたクエリに設定している場合、[フィールド リスト] ウィンドウには [このビューで利用可能なフィールド] セクションのみが表示されます ([フィールド リスト] ウィンドウの下部に [すべてのテーブルを表示する] は表示されません)。レコード ソースを編集するには、いずれかのフィールドを右クリックし、[レコード ソースの編集] をクリックします。

  • フォームまたはレポートの "RecordSource/レコードソース" プロパティをテーブルに設定している場合、[フィールド リスト] ウィンドウの [リレーション テーブルで利用可能なフィールド] セクションからフォームまたはレポートにフィールドをドラッグすると、Access によって、フォームまたはレポートの "RecordSource/レコードソース" プロパティが、追加するフィールドを含む SELECT ステートメントに変更されます。Access がテーブルを関連付ける方法を決定できない場合は、[リレーションシップの選択] ダイアログ ボックスが表示されるので、適切なリレーションシップを選択できます。

  • [フィールド リスト] ウィンドウの [他のテーブルで利用可能なフィールド] セクションからフォームまたはレポートにフィールドをドラッグすると、Access によって [リレーションシップの指定] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスを使用して、他のテーブルとフォームまたはレポートのレコード ソースとのリレーションシップを指定する必要があります。このダイアログ ボックスで入力するフィールドが不明の場合は、[キャンセル] をクリックし、テーブルのリレーションシップを確認します。

    リレーションシップについての詳細については、テーブルのリレーションシップのガイドまたは作成、編集、またはリレーションシップを削除するを参照してください。

    [フィールド リスト] ウィンドウの [他のテーブルで利用可能なフィールド] セクションのフィールドは、[リレーション テーブルで利用可能なフィールド] セクションのテーブルのいずれかを介してフォームまたはレポートのレコード ソースと間接的に関連している可能性があります。この場合は、関連しているテーブルのいずれかからフォームまたはレポートにフィールドをドラッグすると、1 つ以上のテーブルが [他のテーブルで利用可能なフィールド] セクションから [リレーション テーブルで利用可能なフィールド] セクションに移動することがあります。

  • フォームまたはレポートのレコード ソースが SELECT ステートメントまたは保存されたクエリである場合は、[フィールド リスト] ウィンドウの任意のフィールドを右クリックして [レコード ソースの編集] をクリックすると、クエリ ビルダにレコード ソースを表示して編集できます。レコード ソースがテーブルの場合は、このコマンドによってテーブルのクエリ ビルダが呼び出されます。テーブルに基づくクエリを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されるので、[はい] をクリックしてレコード ソースをクエリに変更するか、[いいえ] をクリックしてレコード ソースをそのままにします。

  • データシート ビューでテーブルを開くには、テーブル名の横にある [テーブルの編集] をクリックするか、[フィールド リスト] ウィンドウのテーブル名を右クリックして [テーブルをデータシート ビューで開く] をクリックします。

  • [フィールド リスト] ウィンドウを使用してルックアップ フィールドをテーブルに追加するには、次の操作を行います。

    1. ルックアップ フィールドを追加するテーブルの横にある [テーブルの編集] をクリックします。

      テーブルがデータシート ビューで表示されます。

    2. [フィールド リスト] ウィンドウからデータシートにフィールドをドラッグします。

    3. ルックアップ ウィザードが起動します。ウィザードの指示に従ってください。最後のページで、[完了] をクリックします。

  • Access の作業領域の右側からフィールド リスト] ウィンドウをドッキング解除するには、移動ポインター 移動ポインター に変わるまで、[フィールド リスト] ウィンドウのタイトル バーにポインターを置くと、[フィールド リスト] ウィンドウを左にドラッグします。作業領域に任意の場所のリストを配置することができますか、左端にドラッグして、作業領域の左側に固定ことができます。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×